2016年09月13日
トーノZEROアニメ感想宇宙戦艦ヤマト total 2136 count

【ヤマトよ永遠に】に今更発見が・【ヤマト飛翔】【未知なる空間を進むヤマト】【ヤマトの反撃】

Written By: トーノ・ゼロ連絡先

「実は、ヤマトよ永遠にのDVDを流していて引っかかった」

「どこで?」

「黒色艦隊に対してヤマトが主砲を発射する場面のBGMだ。聞き慣れないシンセサイザーらしい音が入っている」

「CD未収録音源?」

「いや。YAMATO SOUND ALMANAC 1980-IVに入っている【ヤマトの反撃】がそれ。実はこのCDだけハードディスクに入れ忘れたらしく、全く聞き込んでいなかったのだ」

「それが引っかかった理由?」

「そういうことになる」

「それで話はおしまい?」

「違う。実はETERNAL EDITIONに入っている【未知なる空間を進むヤマト】はシンセサイザーの入っていない別物。本編使用曲を集めたはずのETERNAL EDITIONがどういうことか。更に調べて愕然とした」

「まだ何かあるのかい?」

「実は、大中間補給基地戦の後半戦で掛かる曲が【未知なる空間を進むヤマト】で、黒色艦隊に主砲を発射するところで掛かる曲は【ヤマトの反撃】でよく似ているが別の曲」

「えー」

「しかし、ヤマト音楽集のサイトを調べると更なる驚きが待っていた」

「まさか」

「大中間補給基地戦、実はモノラル音声とステレオ音声でもまた良く似た別の曲。モノラル版は【ヤマト飛翔】でステレオ版が【未知なる空間を進むヤマト】」

「まさか」

「漫然と聞き流すとどれも同じに聞こえるかもしれないが、注意して聞き比べると別物だってことが分かる」

「で、結論は?」

「愛は宇宙を壊すのかも知れないが、その前に音楽的な常識を壊した」

「君の常識だろう」

オマケ §

「ところが、それで話は終わらない」

「まさか」

「【ヤマトの反撃】はCDとDVDのモノラル音声とステレオ音声で全て違って聞こえるのだ」

「なぜ違う」

「音声トラックを作成する際の調整の問題ではないか……と思う。音の加減が違うので、微妙に違って聞こえるのだ」

「それってスピーカーの違いじゃないの?」

「それはない。全部同じテレビのスピーカーで比較したから」

「ぎゃふん」

オマケ2 §

「ヤマトの反撃の初収録はオリジナルBGMコレクションらしいぞ」

「聞いてるはずじゃん」

「ところが、シンセサイザーの音が弱め。ダメスピーカーだと耳に残らない」

「奧が深い?」

宇宙戦艦ヤマト

同人小説(PDF形式、無料ダウンロード可能) §

小説推理サイボーグシリーズ (PDF形式、無料ダウンロード可能) §