2022年01月22日
川俣晶の縁側ソフトウェアnew_C#入門・全キーワード明快解説!total 549 count

eventキーワード: 事件発生! 起きた出来事を通知せよ!

Written By: 川俣 晶連絡先

この章のテーマ §

 eventキーワードとイベントについて学びます。イベントはオブジェクトの内部で起きたことを外部に通知するメカニズムです。

前提知識 §

Console.WriteLineメソッド, 文字列の基礎, 変数の基礎, クラスの基礎, 継承の基礎

解説 §

 クラス等のメンバーにはイベントを含めることができます。イベントはクラスの内部で起きた出来事を外部に通知するために使用されます。たとえば、【ボタンが押された】【リストの選択項目が変わった】【タイマーが指定時間になった】などの出来事が発生した時、それを通知する手段となります。

 イベントを使うのには、【イベントの作成】【イベントハンドラの追加】【イベントの発生】の3つの手順を踏まねばなりません。

 イベントの作成にはeventキーワードを使います。データ型には、EventHandlerを使います。これには型引数があるものとないものがあります。型引数は、独自のイベント引数クラスを使う場合に使います。このサンプルソースではMyEventArgsというクラスを作って使っています。EventArgsに追加するものが何もないときは用意しなくても構いません。

 イベントハンドラの追加には+=演算子を使います。これでイベントにイベント発生時に実行するコードを追加できます。また、イベントハンドラは複数追加することもできますので、既に追加済みかどうか意識せずに追加して構いません。追加されるメソッドは常に引数が2つです。一つ目はイベントを発生させたオブジェクト、2つめは指定したイベントの情報を持つオブジェクトです・

 イベントの発生は、単純にイベントをメソッドのように呼び出すだけです。難しいことはありません。ただし、クラスの外からはイベントを発生できません。

罠の数々 §

  • イベントはdelegateと紛らわしいが全く違う別個の機能なので勘違いしないようにしよう。イベントは出来事の通知を行うが、delegateは実行されるコードを保持する型を定義する
  • イベントはWinFormアプリなどを作る時には必ずお世話になる基本的な機能だ。意識しておくと良いだろう。ただし、単にシンプルなアプリを書くだけならイベントはVisual Studuioなどが自動生成してくれるコードだけで用が足りて、特に意識しないで済むかも知れない
  • イベントやイベントハンドラの指定方法は他にもあるが、EventHandlerを使う方法がガイドラインにも沿っていて望ましいだろう
  • 通知を受け取る方法には、他に継承して特定メソッドをオーバーライドする方法もある

参考リンク §

イベント (C# プログラミング ガイド)

サンプルソース: kw_event §

var a = new SampleClass();

// イベントの登録

a.OnNotify += (sender, e) =>

{

    Console.WriteLine($"オブジェクトaでイベント発生! 理由:{e.Message}");

};

a.SampleMethod();

// イベントの情報を持つクラス

public class MyEventArgs : EventArgs

{

    public string? Message { get; set; }

}

// イベントを持つクラス

public class SampleClass

{

    public event EventHandler<MyEventArgs>? OnNotify;

    public void SampleMethod()

    {

        // イベント発生

        if (OnNotify != null) OnNotify(this, new MyEventArgs() { Message = "SampleMethodが呼ばれました" }) ;

    }

}

実行結果 §

オブジェクトaでイベント発生! 理由:SampleMethodが呼ばれました

リポジトリ §

https://github.com/autumn009/CSharpPrimer2

練習問題 §

 イベントハンドラを追加するには+=演算子を使うが、削除するときはどうするのだろうか?

  1. イベントハンドラを取り除くことはできない
  2. イベントハンドラを取り除くときは-=演算子を使う
  3. イベントハンドラを取り除くときはRemoveメソッドを使う
  4. イベントハンドラを取り除くときはDeleteメソッドを使う
  5. イベントハンドラを取り除くときはClearメソッドを使う

[[解答]]

Facebook

キーワード【 川俣晶の縁側ソフトウェアnew_C#入門・全キーワード明快解説!
【new_C#入門・全キーワード明快解説!】の次のコンテンツ
2022年
01月
23日
staticキーワード: 静的なメンバーは作らなくても1つある。2つ以上は作れない
3days 3 count
total 490 count
【new_C#入門・全キーワード明快解説!】の前のコンテンツ
2022年
01月
20日
recordとwith: 読み出し専用オブジェクトを書き換えろ!
3days 1 count
total 522 count

このコンテンツを書いた川俣 晶へメッセージを送る

[メッセージ送信フォームを利用する]

メッセージ送信フォームを利用することで、川俣 晶に対してメッセージを送ることができます。

この機能は、100%確実に川俣 晶へメッセージを伝達するものではなく、また、確実に川俣 晶よりの返事を得られるものではないことにご注意ください。

このコンテンツへトラックバックするためのURL

https://mag.autumn.org/tb.aspx/20220122095433
サイトの表紙【new_C#入門・全キーワード明快解説!】の表紙【new_C#入門・全キーワード明快解説!】のコンテンツ全リスト 【new_C#入門・全キーワード明快解説!】の入手全リスト 【new_C#入門・全キーワード明快解説!】のRSS1.0形式の情報このサイトの全キーワードリスト 印刷用ページ

管理者: 川俣 晶連絡先

Powered by MagSite2 Version 0.36 (Alpha-Test) Copyright (c) 2004-2021 Pie Dey.Co.,Ltd.