2023年06月21日
川俣晶の縁側ソフトウェア技術雑記total 3684 count

WindowsでStable Diffusion+Chilled Remixを動作させる手順 (GPUのブランド不問)

Written By: 川俣 晶連絡先

前提 §

Windows 11でStable Diffusion+Chilled Remix動作させる手順を調べた。

その他の前提は以下の通り。

  • Windowsのバージョンは重要ではない。Windows 10でも同じと思われる。
  • nVidiaのGPUは搭載していないPCであったが動作した。(自動的にCPUで計算している。遅いがまあまあ待っている間には終わる。Intel Core i5-1135G7 @ 2.40GHz)

Stable Diffusionを入れる §

 まず以下のページを開く。

 このページからEasy-Diffusion-Windows.exeのリンクを探してクリックし、Easy-Diffusion-Windows.exeをダウンロードする。

 ダウンロードが終わったらこれを実行する。

 実行するとインストールが開始される。

 インストールが終わると自動的に起動する。

 Web-UIなので、Webブラウザのユーザーインターフェースが自動的に開くが、本体はローカルで動作している。(クラウドに接続しているわけではない)

 Enter Promptの箇所に何かプロンプトを入れる (馬に乗った宇宙飛行士のままで良ければそのままMake Imageを押す。

 待っていると画像が出てくる。

 終わる時はEasy Diffusionのウィンドウを閉じる。

 次回から起動したいときはWindowsのスタートメニューからEasy Diffusionを選ぶ。

Chilled Remixを入れる §

 まず以下のページを開く。

 ここから、chilled_remix_v2.safetensorsをダウンロードする。

 このファイルを、C:\EasyDiffusion\models\stable-diffusionにコピーする。(Stable Diffusionをインストールするフォルダを変更していない場合)

 ここでStable Diffusion(Easy Diffusion)を起動する。

 Stable Diffusion(Easy Diffusion)のWeb-UIから、Make Imageボタンの下に Image Settingを探す。

 Image Settingの左の+を押して設定を開く。

 modelというドロップダウンを開き、chilled_remix_v2を選ぶ。

選択

 以上で次回からMake ImageボタンでStable Diffusion+Chilled Remixの組み合わせで画像を生成する。

 以下はこの組み合わせで生成した例。

生成例

Facebook

キーワード【 川俣晶の縁側ソフトウェア技術雑記
【技術雑記】の次のコンテンツ
2023年
06月
24日
Blazorでselect要素の@onselectと@bindが併用できない
3days 71 count
total 3511 count
【技術雑記】の前のコンテンツ
2023年
06月
15日
Twitterのバックアップコードが使えない
3days 72 count
total 3617 count

このコンテンツを書いた川俣 晶へメッセージを送る

[メッセージ送信フォームを利用する]

メッセージ送信フォームを利用することで、川俣 晶に対してメッセージを送ることができます。

この機能は、100%確実に川俣 晶へメッセージを伝達するものではなく、また、確実に川俣 晶よりの返事を得られるものではないことにご注意ください。

このコンテンツへトラックバックするためのURL

https://mag.autumn.org/tb.aspx/20230621095953
サイトの表紙【技術雑記】の表紙【技術雑記】のコンテンツ全リスト 【技術雑記】の入手全リスト 【技術雑記】のRSS1.0形式の情報このサイトの全キーワードリスト 印刷用ページ

管理者: 川俣 晶連絡先

Powered by MagSite2 Version 0.36 (Alpha-Test) Copyright (c) 2004-2021 Pie Dey.Co.,Ltd.