2024年06月08日
川俣晶の縁側技術関連執筆情報total 325 count

MASMがMS-DOSに入っていた時代: アセンブラとの出会いと別れの回顧録

Written By: 川俣 晶連絡先

表紙 MASMがMS-DOSに入っていた時代: アセンブラとの出会いと別れの回顧録

「なぜこんな本を書いたんだ?」

「実は物置からMS-DOS 2.0付属のMASMのマニュアルが出てきてね。これでアセンブラを巡る体験談をいろいろ書けると思い付いたんだ。話題は多いからね」

「MASMってマクロアセンブラだろ? なんでそんなものがOSに付属しているの?」

「そもそも、CP/MにはASMというアセンブラが入っていたんだ。むしろ当時はそっちの方が普通だったんだよ」

「えー」

「他にもDOSのMASMで32bitレジスタを使った話とか、8bit時代にザイログニモニックのアセンブラを求めて苦闘した話とか最後はアセンブラを自作した話とか」

「なんだそれは」

「CのスタートアップコードをMASMで書いた話もあるし、NEC PI-ET1というZ80搭載でプログラミングが解放された電子手帳の話も書いた」

「盛り沢山だね」

「校正中にも一杯書き足したほどさ」

Facebook

キーワード【 川俣晶の縁側技術関連執筆情報
【技術関連執筆情報】の次のコンテンツ
(ありません)
【技術関連執筆情報】の前のコンテンツ
2024年
05月
19日
MS-DOSのmakeの個人史1986: 僕を作ったmakefile物語!
3days 5 count
total 931 count

このコンテンツを書いた川俣 晶へメッセージを送る

[メッセージ送信フォームを利用する]

メッセージ送信フォームを利用することで、川俣 晶に対してメッセージを送ることができます。

この機能は、100%確実に川俣 晶へメッセージを伝達するものではなく、また、確実に川俣 晶よりの返事を得られるものではないことにご注意ください。

このコンテンツへトラックバックするためのURL

https://mag.autumn.org/tb.aspx/20240608183650
サイトの表紙【技術関連執筆情報】の表紙【技術関連執筆情報】のコンテンツ全リスト 【技術関連執筆情報】の入手全リスト 【技術関連執筆情報】のRSS1.0形式の情報このサイトの全キーワードリスト 印刷用ページ

管理者: 川俣 晶連絡先

Powered by MagSite2 Version 0.36 (Alpha-Test) Copyright (c) 2004-2021 Pie Dey.Co.,Ltd.