2024年06月16日
川俣晶の縁側ヴィンテージ・パソコンtotal 743 count

PC-8001のフロッピーディスク接続ケーブルのまとめ

Written By: 川俣 晶連絡先

初代PC-8001をPC-80S31に接続するケーブルの作成も参照

用語 §

ここでは以下の用語定義を用いる

  • 第1世代 PC-8011,8012,8013,8033,8031,8031-1V, 8031-1W, 8031-2W
  • 第2世代 PC-8001mkIIおよびそれ以降, PC-8801およびそれ以降, PC-80S31

 互換ドライブはおおむねその製品が互換を持つ対象に準じる。

PC-8001のフロッピーディスク接続ケーブルの何が問題なのか §

 世代によってコネクタに互換性がない

  • 第1世代はカードエッジ34ピン
  • 第2世代はアンフェノール36ピン

 コネクタの種類が違うだけでなくピン数まで異なる。

 ピス数が違うので、単純な変換コネクタでは対処できない。

 ただし、第2世代で増えた2本は配線しなくても動作する。

ケーブルは何本いるのか §

 基本的に本体側もドライブ側も付いているコネクタは同じである。

 そのため、第1世代の製品と第2世代の製品を複数持っている場合任意の機器の組み合わせを実現するなら、単純に考えて以下の3本のケーブルを要する。

  • カードエッジ34ピン←→カードエッジ34ピン
  • カードエッジ34ピン←→アンフェノール36ピン
  • アンフェノール36ピン←→アンフェノール36ピン

 ただ、1本の34ピンフラットケーブルに複数のコネクタを付けてしまえば本数を減らせる可能性がある。

 筆者のところには、以下の構成のケーブルがあるが、特に問題なく使用できている。

  • カードエッジ34ピン←→アンフェノール36ピン←→カードエッジ34ピン

 おそらく1本の34ピンフラットケーブルにカードエッジ34ピン×2とアンフェノール36ピン×2が付いたケーブルがあれば全ての組み合わせで使用できる。

信頼性の問題 §

 N-BASICのみを使用する場合であっても、第1世代製品は信頼性に難があるので、第2世代製品を使用する方が良い。本体にはPC-8001mkIIや初代PC-8801など。ドライブはPC-80S31または相当品の利用を推奨する。

 ドライブが本体に内蔵されているタイプはモアベターである。配線が固定されていて、基本的に抜き差しがないからである。

ケーブル自作の難易度 §

 アンフェノール36ピンのコネクタあるいはケーブルはまだ容易に入手できるが、カードエッジ34ピンの入手難易度は高い。秋葉原を巡ってもまず買えない。なので、その意味でも第1世代の製品の利用はお勧めできない。

 もし、カードエッジ34ピンのコネクタ付きのケーブルを持っているから、それは大切に使うべきである。破損すると同等品を入手できない可能性が高い。

注意点 §

 第1世代の本体や第1世代のディスクドライブ製品を入手することは難しくないが、ケーブルが入手できないという理由で活用できない可能性がある。また信頼性に難があるので、ケーブルがあっても上手く動作しない可能性がある。

ノウハウ §

 第1世代のコネクタは、押し込むだけでなく少し引き気味にした方が接触が良くなる場合もある。適切な使い方を探るべき。

Facebook

キーワード【 川俣晶の縁側ヴィンテージ・パソコン
【ヴィンテージ・パソコン】の次のコンテンツ
2024年
06月
26日
98エミュレータ上の16bit MASMでHello World
3days 5 count
total 469 count
【ヴィンテージ・パソコン】の前のコンテンツ
2024年
06月
16日
PC-8031-1W SN2061408 についてのメモ
3days 4 count
total 607 count

このサイト内の関連コンテンツ リスト

2018年
08月
05日
初代PC-8001をPC-80S31に接続するケーブルの作成
3days 0 count
total 3085 count

このコンテンツを書いた川俣 晶へメッセージを送る

[メッセージ送信フォームを利用する]

メッセージ送信フォームを利用することで、川俣 晶に対してメッセージを送ることができます。

この機能は、100%確実に川俣 晶へメッセージを伝達するものではなく、また、確実に川俣 晶よりの返事を得られるものではないことにご注意ください。

このコンテンツへトラックバックするためのURL

https://mag.autumn.org/tb.aspx/20240616160859
サイトの表紙【ヴィンテージ・パソコン】の表紙【ヴィンテージ・パソコン】のコンテンツ全リスト 【ヴィンテージ・パソコン】の入手全リスト 【ヴィンテージ・パソコン】のRSS1.0形式の情報このサイトの全キーワードリスト 印刷用ページ

管理者: 川俣 晶連絡先

Powered by MagSite2 Version 0.36 (Alpha-Test) Copyright (c) 2004-2021 Pie Dey.Co.,Ltd.