2003年06月09日
川俣晶の縁側過去形 本の虫感想編total 2667 count

平壌クーデター作戦 静かなる朝のために 佐藤大輔 徳間書店

Written By: 川俣 晶連絡先

 なかなか骨のある本で、読み通すのに苦労しました。

 骨がある、というのは、こういうことです。この本のほとんどが北朝鮮人を主人公に、北朝鮮を舞台に、日本人も出てこない状況で話が進んでいます。しかも、彼らは日本や日本人への好意など持っていません。あくまで自主独立の道を進みます。それでいて、筋の通った痛快で爽快な物語になっています。実に面白いことです。しかも、作者は日本人です。日本人の作家が、日本人に好意を持たない北朝鮮人達の自主独立の話を爽快に書き上げてみせる。これは実に面白いことだと思います。

 しかも、北朝鮮の状況をよく調べていますね。最後の付記を見ると、非公開資料も使っているようですが、かなりの調査をしているのでしょう。

 更に、物語と状況と展開の説得力というものが、なかなか大きいと思いました。特に中国やアメリカの立場というものが、私が感じているものと基本的に同じような考え方で貫かれて書かれているのが良いですね。このあたり、けっこう甘い考えの人達も多いので、こういうものが読めるのは良いことです。

 それから、何とも言えない優れた表現力は特筆されるべきものですね。

 たとえば引用すると。

 『狡猾と悪辣は、韓国人--ことに三十代後半から六十代前半にかけての--が抱く代表的な日本観だ、という偏見について矢神は語っていた。とはいえ、そう的はずれではないところが問題ではあった。いや、その世代の韓国人たちが信じている半分も日本人が狡猾で悪辣であれば、いまごろ世界の半分に日章旗が翩翻とひるがえっていただろうことが最大の問題かもしれなかった。』

 もうちょっと、インターネット上にしばしば見受けられる特別な趣味を持っている方々に分かりやすい部分を引用するなら、こんな文章も見られます。

 『たいへん失礼ですが、今の秋葉原が情報技術産業の一大消費地だと信じているのは愚衆政治術の習熟に日々研鑽されておられる東京都知事閣下と都の高級職員だけです。わたしはもちろんアニメやマンガや裸のかわいい二次元美少女が山のようにでてくる怪しげなゲームとその関連消費に大枚をはたく頼もしい三十過ぎの男性国民たちを相手にした店を開きます。』

 そして、最後には単なるハッピーエンドで終わることはなく、主人公の秘密に関して意外などんでん返しが用意されていることも、実に皮肉っぽくて面白いところです。

 もしかしたら、この本の最大の問題は、過度に面白すぎて、それに対応できない読者の方が多いだろう、ということかもしれません。

Facebook

キーワード【 川俣晶の縁側過去形 本の虫感想編
【感想編】の次のコンテンツ
2003年
06月
10日
物語の体操 みるみる小説が書ける6つのレッスン 大塚英志 朝日文庫
3days 0 count
total 2664 count
【感想編】の前のコンテンツ
2003年
06月
07日
カシムがやってきた 縄文人のくらし 目黒区守屋教育会館郷土資料室
3days 0 count
total 1823 count

このコンテンツを書いた川俣 晶へメッセージを送る

[メッセージ送信フォームを利用する]

メッセージ送信フォームを利用することで、川俣 晶に対してメッセージを送ることができます。

この機能は、100%確実に川俣 晶へメッセージを伝達するものではなく、また、確実に川俣 晶よりの返事を得られるものではないことにご注意ください。

このコンテンツへトラックバックするためのURL

http://mag.autumn.org/tb.aspx/20030609225634
サイトの表紙【感想編】の表紙【感想編】のコンテンツ全リスト 【感想編】の入手全リスト 【感想編】のRSS1.0形式の情報このサイトの全キーワードリスト 印刷用ページ

管理者: 川俣 晶連絡先

Powered by MagSite2 Version 0.34 (Alpha-Test) Copyright (c) 2004-2018 Pie Dey.Co.,Ltd.