2003年07月10日
川俣晶の縁側辛口甘口雑記total 2035 count

挑戦者ブランドと重さ4グラムの超小型USBメモリ

Written By: 川俣 晶連絡先

 世の中には度を超えて怪しげなブランドというものがあります。単に怪しいブランドなら、それこそいくらでもありますが、それを超える怪しさを持ったブランドはそれほど多くありません。たとえば、「玄人志向」。最初にショップでこのブランドを見たときは、いったい何だろうと思いました。度を超えた安さと保障の無さ、それでいて、手慣れた企業が作っているとしか思えない製品内容。その実態がメルコであると知ったときはなるほどと思いました。

 この玄人志向に対抗するように出現したのが「挑戦者」。こちらは、アイオーデータということらしいです。かつて、I/Oバンク方式のPC-9801用メモリでお世話になった会社です。PC-9801VM2に、1MバイトのI/Oバンク方式のメモリカードを追加してRAMディスクをインストールし、その上で使ったATOKのかな漢字変換の驚くべき速さ。あれは、当時としては画期的だったと思います。

 それはさておき、玄人志向も挑戦者も、ブランドとしての挑戦度の高い意欲的なものに見えるものの、今ひとつ、私が欲しいと思うアイテムを扱わないという問題がありました。パソコン関連の商品なら、高くなっても保証がある方が嬉しい、ということもありますが、保証が無くても「おお!」と物欲がそそられるほど面白い商品が無かった、ということも言えます。

 しかし、今日、思わず「おお!」と思わせるものを見かけました。

https://www.zdnet.co.jp/products/0307/09/iodata.html

挑戦者、重さ4グラムの超小型USBメモリ

 何しろ、USBメモリカードだというのに、USBのコネクタを少し延ばしただけに見える小さなサイズ。この記事の500円玉と並んだ写真が泣かせます。このサイズなら、お財布にメモリカードを入れておくことも可能でしょう。

 それだけなら、単なる面白いアイテムですが。嬉しいのは、付属のシールです。「茶」の文字が入った「茶レンジャー」というのは、挑戦者のもじりでしょうね。それから、「奇」の文字が入った「キケンじゃー」。挑戦者ブランドはキケンだと言うことを、自らセンス良く語っていますね。このセンスの良さがクラクラ来ますね。

 残念ながら、今、USBメモリカードを必要とするニーズが無いので買いませんが。けっこう、物欲が刺激されました。

Facebook

キーワード【 川俣晶の縁側辛口甘口雑記
【辛口甘口雑記】の次のコンテンツ
2003年
07月
16日
テレビ録画予約の天敵、放送時間延長への1つの解決策?
3days 0 count
total 4397 count
【辛口甘口雑記】の前のコンテンツ
2003年
07月
06日
温度計は何屋で売っているものでしょうか?
3days 0 count
total 5328 count

このコンテンツを書いた川俣 晶へメッセージを送る

[メッセージ送信フォームを利用する]

メッセージ送信フォームを利用することで、川俣 晶に対してメッセージを送ることができます。

この機能は、100%確実に川俣 晶へメッセージを伝達するものではなく、また、確実に川俣 晶よりの返事を得られるものではないことにご注意ください。

このコンテンツへトラックバックするためのURL

http://mag.autumn.org/tb.aspx/20030710135053
サイトの表紙【辛口甘口雑記】の表紙【辛口甘口雑記】のコンテンツ全リスト 【辛口甘口雑記】の入手全リスト 【辛口甘口雑記】のRSS1.0形式の情報このサイトの全キーワードリスト 印刷用ページ

管理者: 川俣 晶連絡先

Powered by MagSite2 Version 0.36 (Alpha-Test) Copyright (c) 2004-2021 Pie Dey.Co.,Ltd.