2003年09月11日
川俣晶の縁側辛口甘口雑記total 2772 count

古いパソコン、というよりマイコンのレプリカ販売の意義と、それにまつわる問題

Written By: 川俣 晶連絡先

 ちょっと嬉しかった記事を発見しました。

『アップル1』のレプリカ、ウォズニアック氏の承認を得て販売へ

https://www.hotwired.co.jp/news/news/culture/story/20030910204.html

 古いパソコンを収集、保存する活動というのは、少数の有志が行っています。うちにも何台か、今となっては貴重なパソコンがあります。ほとんどは、捨てられそうなものをタダでもらったり、ジャンク屋や中古屋で安く買ったりしたものですが。

 それとは別に、エミュレータという方法があります。ハードは現在のパソコンを使い、昔のパソコンをエミュレーションするという方法です。これだと、貴重なハードを持っていなくてもソフトを体験できるため、比較的ハードルが低くなります。(ROMの著作権の問題はありますが)

 この2つの方法がビンテージパソコンを楽しむ方法の全てかと思っていたら、第3の方法がありました。

 それが、この記事が示している、レプリカの開発と販売です。

 おそらく、実際にハード的に動く現物を作ることは、膨大な手間が掛かるため、他の方法に比べてハードルが極めて高いと思います。しかし、ひとたび実現すれば、誰でも金を出せばそれを買って動かすことが可能になります。これは、とてもエキサイティングなことですね。

 しかし、気になるのは、やはり、知的財産権の問題です。この記事でも、アップル社から回答が得られなかったといいます。既に商品価値が消滅しているものを、文化的な観点から保存、再現していく活動には、それなりのルールを設けて対応しても良いと思います。そのような意味で、どうもアップル社も今ひとつ文化的では無いかな、という印象がしないでもありません。

 逆に、スパッと回答を出したというウォズニアック氏はさすがですね。アップルを立ち上げた二人の英雄のうち、個人的にジョブスという人はあまり評価していません。しかし、ウォズニアック氏の方は、あまり良くは知りませんが、尊敬に値するような気がします。ウォズニアック氏がいた頃のアップルという会社は、夢やロマンを見るに値したような気がします。

 (だからこそ、アップル1のレプリカに興味を惹かれたりするわけです。これが、iMacだったら、こんなに興味は感じないところです)

Facebook

キーワード【 川俣晶の縁側辛口甘口雑記
【辛口甘口雑記】の次のコンテンツ
2003年
09月
16日
電子出版でもノンPCの世界にこだわる家電メーカー?
3days 0 count
total 2833 count
【辛口甘口雑記】の前のコンテンツ
2003年
09月
11日
どちらも迷惑な存在? 「セキュリティ・ザル」と「セキュリティ・猿」
3days 0 count
total 2998 count

このコンテンツを書いた川俣 晶へメッセージを送る

[メッセージ送信フォームを利用する]

メッセージ送信フォームを利用することで、川俣 晶に対してメッセージを送ることができます。

この機能は、100%確実に川俣 晶へメッセージを伝達するものではなく、また、確実に川俣 晶よりの返事を得られるものではないことにご注意ください。

このコンテンツへトラックバックするためのURL

http://mag.autumn.org/tb.aspx/20030911161952
サイトの表紙【辛口甘口雑記】の表紙【辛口甘口雑記】のコンテンツ全リスト 【辛口甘口雑記】の入手全リスト 【辛口甘口雑記】のRSS1.0形式の情報このサイトの全キーワードリスト 印刷用ページ

管理者: 川俣 晶連絡先

Powered by MagSite2 Version 0.36 (Alpha-Test) Copyright (c) 2004-2021 Pie Dey.Co.,Ltd.