四季・夏 (講談社ノベルス)
四季・夏 (講談社ノベルス)
森 博嗣
-----
Used Price:
¥ 1

すべてがFになる (講談社ノベルス)
すべてがFになる (講談社ノベルス)
森 博嗣
-----
Used Price:
¥ 1
Price:
¥ 3,687

社会的ひきこもり―終わらない思春期 (PHP新書)
社会的ひきこもり―終わらない思春期 (PHP新書)
斎藤 環
-----
Used Price:
¥ 19
Price:
¥ 713

OK?ひきこもりOK!
OK?ひきこもりOK!
斎藤 環
-----
Used Price:
¥ 170
Price:
¥ 1,620

Amazon.co.jp(TM) Logo
2003年11月12日
川俣晶の縁側過去形 本の虫感想編total 1962 count

四季 夏 森博嗣 講談社

Written By: 川俣 晶連絡先

 今日、病院に行ったとき、行き帰りの電車の中と待ち時間に読もうと思って持ち出しましたが、既に半分ぐらい読んでいて、あっという間に読み切ってしまいました。

 それはさておき、内容的にはちょっと意外な感じを受けました。「すべてがFになる」に通じるなら、こういう展開になると言う必然性も理解はできますが。それでも、けっこう意外という感じを受けました。

 何が意外なのか考えてみると、結局のところ、四季というキャラクターについて、あまりに頭が良すぎるという側面と、あまりに当たり前の14歳の感性が同居しているように書かれているところかな、と思います。頭が良いことは当然予測されたことですが、14歳の感性が四季の行動を強く拘束している状況はちょっと予想外だったという感じでしょうか。

 異性を意識することが14歳らしい、ということもありますが、それよりも印象深いのは、社会を他人事のように見る冷静な視線ですね。これが、とても14歳的だと思いました。人間を見る四季の意識には、生物学的な視点しかありません。社会的な視点が欠落しています。そういう感覚は、実際に自分の過去を振り返ってもあったように思います。

 そして、明らかに頭の良い人間ならしないであろう賢さに欠ける選択をしていますね。それは親殺しが賢くないという意味ではなく、健康な子供を得るにはリスクが多い近親相姦を、あまりリスクを検討することなく選択しているあたりに見られるような気がしました。

 こういう、頭は良いが賢くない状況を描いてきた、というのが少し意外に思えた、ということもあります。

 それはさておき、もしかしたら、四季は「社会的ひきこもり」の1つの類型にはまっているかもしれない、という印象が思い浮かびました。「社会的ひきこもり―終わらない思春期」(斎藤環 PHP新書)では、社会的な万能感を取り除くことができないことがひきこもりにつながるようなことが書いてあります。(前に読んだ本なので、かなりいい加減な解釈です)。この四季というキャラクターは、頭の良さによって、万能感を取り除くことに失敗しています。(犀川や瀬在丸紅子は成功している。そして、西之園萌絵も犀川によって万能感を上手く破壊されていると見ることができるかも?)。そして、四季はまさに「ひきこもり」的に閉鎖された空間に閉じこもることを望みます。

 更に言えば、ちょっと前に読んで感想も書いた本「OK?ひきこもりOK! 斎藤環 マガジンハウス」に可能性が示唆される、自ら意識的に引きこもることを選び、余人になしえない創造的な仕事をする「引きこもり」に該当するかもしれない、ということを思いました。思っただけで、本当にそうかどうかは分かりませんが。

 というわけで、この先何が起こるのかおおむね予測はできますが、おそらく出るであろう「秋」と「冬」も期待したいと思います。

Facebook

キーワード【 川俣晶の縁側過去形 本の虫感想編
【感想編】の次のコンテンツ
2003年
11月
26日
ガンダムエース 1月号 角川書店
3days 0 count
total 3336 count
【感想編】の前のコンテンツ
2003年
11月
10日
覇者の戦塵1944 インド洋航空戦(上) 谷甲州 中央公論新社
3days 0 count
total 1510 count

このサイト内の関連コンテンツ リスト

2003年
10月
28日
川俣晶の縁側ソフトウェアMagSite1開発日誌
Amazon対応機能を使った例
3days 0 count
total 3099 count
2003年
11月
05日
川俣晶の縁側過去形 本の虫入手編
心理学化する社会 斎藤環 PHPエディターズグループ ・ OK?ひきこもりOK! 斎藤環 マガジンハウス
3days 0 count
total 1965 count
2003年
11月
09日
川俣晶の縁側過去形 本の虫入手編
四季 夏 森博嗣 講談社
3days 0 count
total 1401 count
2003年
11月
09日
OK?ひきこもりOK! 斎藤環 マガジンハウス
3days 0 count
total 2705 count
2004年
01月
11日
川俣晶の縁側過去形 本の虫入手編
四季 秋 森博嗣 講談社
3days 0 count
total 1284 count
2004年
01月
12日
四季 秋 森博嗣 講談社
3days 0 count
total 1620 count
2003年11月12日
川俣晶の縁側過去形 本の虫感想編total 1962 count

四季 夏 森博嗣 講談社

Written By: 川俣 晶連絡先

 今日、病院に行ったとき、行き帰りの電車の中と待ち時間に読もうと思って持ち出しましたが、既に半分ぐらい読んでいて、あっという間に読み切ってしまいました。

 それはさておき、内容的にはちょっと意外な感じを受けました。「すべてがFになる」に通じるなら、こういう展開になると言う必然性も理解はできますが。それでも、けっこう意外という感じを受けました。

 何が意外なのか考えてみると、結局のところ、四季というキャラクターについて、あまりに頭が良すぎるという側面と、あまりに当たり前の14歳の感性が同居しているように書かれているところかな、と思います。頭が良いことは当然予測されたことですが、14歳の感性が四季の行動を強く拘束している状況はちょっと予想外だったという感じでしょうか。

 異性を意識することが14歳らしい、ということもありますが、それよりも印象深いのは、社会を他人事のように見る冷静な視線ですね。これが、とても14歳的だと思いました。人間を見る四季の意識には、生物学的な視点しかありません。社会的な視点が欠落しています。そういう感覚は、実際に自分の過去を振り返ってもあったように思います。

 そして、明らかに頭の良い人間ならしないであろう賢さに欠ける選択をしていますね。それは親殺しが賢くないという意味ではなく、健康な子供を得るにはリスクが多い近親相姦を、あまりリスクを検討することなく選択しているあたりに見られるような気がしました。

 こういう、頭は良いが賢くない状況を描いてきた、というのが少し意外に思えた、ということもあります。

 それはさておき、もしかしたら、四季は「社会的ひきこもり」の1つの類型にはまっているかもしれない、という印象が思い浮かびました。「社会的ひきこもり―終わらない思春期」(斎藤環 PHP新書)では、社会的な万能感を取り除くことができないことがひきこもりにつながるようなことが書いてあります。(前に読んだ本なので、かなりいい加減な解釈です)。この四季というキャラクターは、頭の良さによって、万能感を取り除くことに失敗しています。(犀川や瀬在丸紅子は成功している。そして、西之園萌絵も犀川によって万能感を上手く破壊されていると見ることができるかも?)。そして、四季はまさに「ひきこもり」的に閉鎖された空間に閉じこもることを望みます。

 更に言えば、ちょっと前に読んで感想も書いた本「OK?ひきこもりOK! 斎藤環 マガジンハウス」に可能性が示唆される、自ら意識的に引きこもることを選び、余人になしえない創造的な仕事をする「引きこもり」に該当するかもしれない、ということを思いました。思っただけで、本当にそうかどうかは分かりませんが。

 というわけで、この先何が起こるのかおおむね予測はできますが、おそらく出るであろう「秋」と「冬」も期待したいと思います。

Facebook

キーワード【 川俣晶の縁側過去形 本の虫感想編
【感想編】の次のコンテンツ
2003年
11月
26日
ガンダムエース 1月号 角川書店
3days 0 count
total 3336 count
【感想編】の前のコンテンツ
2003年
11月
10日
覇者の戦塵1944 インド洋航空戦(上) 谷甲州 中央公論新社
3days 0 count
total 1510 count
【感想編】のコンテンツ全リスト【感想編】の表紙

このサイト内の関連コンテンツ リスト

2003年
10月
28日
川俣晶の縁側ソフトウェアMagSite1開発日誌
Amazon対応機能を使った例
3days 0 count
total 3099 count
2003年
11月
05日
川俣晶の縁側過去形 本の虫入手編
心理学化する社会 斎藤環 PHPエディターズグループ ・ OK?ひきこもりOK! 斎藤環 マガジンハウス
3days 0 count
total 1965 count
2003年
11月
09日
川俣晶の縁側過去形 本の虫入手編
四季 夏 森博嗣 講談社
3days 0 count
total 1401 count
2003年
11月
09日
OK?ひきこもりOK! 斎藤環 マガジンハウス
3days 0 count
total 2705 count
2004年
01月
11日
川俣晶の縁側過去形 本の虫入手編
四季 秋 森博嗣 講談社
3days 0 count
total 1284 count
2004年
01月
12日
四季 秋 森博嗣 講談社
3days 0 count
total 1620 count

四季・夏 (講談社ノベルス)
四季・夏 (講談社ノベルス)
森 博嗣
-----
Used Price:
¥ 1

すべてがFになる (講談社ノベルス)
すべてがFになる (講談社ノベルス)
森 博嗣
-----
Used Price:
¥ 1
Price:
¥ 3,687

社会的ひきこもり―終わらない思春期 (PHP新書)
社会的ひきこもり―終わらない思春期 (PHP新書)
斎藤 環
-----
Used Price:
¥ 19
Price:
¥ 713

OK?ひきこもりOK!
OK?ひきこもりOK!
斎藤 環
-----
Used Price:
¥ 170
Price:
¥ 1,620

Amazon.co.jp(TM) Logo

このコンテンツを書いた川俣 晶へメッセージを送る

[メッセージ送信フォームを利用する]

メッセージ送信フォームを利用することで、川俣 晶に対してメッセージを送ることができます。

この機能は、100%確実に川俣 晶へメッセージを伝達するものではなく、また、確実に川俣 晶よりの返事を得られるものではないことにご注意ください。

このコンテンツへトラックバックするためのURL

http://mag.autumn.org/tb.aspx/20031112224715
サイトの表紙【感想編】の表紙【感想編】のコンテンツ全リスト 【感想編】の入手全リスト 【感想編】のRSS1.0形式の情報このサイトの全キーワードリスト 印刷用ページ

管理者: 川俣 晶連絡先

Google

Powered by MagSite2 Version 0.24 (Alpha-Test) Copyright (c) 2004-2015 Pie Dey.Co.,Ltd.