2004年01月10日
川俣晶の縁側歴史と文化歴史資料館巡りtotal 3635 count

人体の不思議展

Written By: 川俣 晶連絡先

 今日は、人体の不思議展に行ってきました。ぜんぜん、歴史資料館巡りとは縁もゆかりもない場所ですが (汗)

 一応、自分の身体のことにも関係するので、人体の標本を見ておくことも悪くないと思いまして。何でも、プラストミック人体標本という匂いもなく、手で触っても汚れる事なく、また弾力性に富み、じかに触れて観察でき、常温で半永久的に保存できる画期的な人体標本というものを展示しているというので、それを見ると何か新しい発見があるかも知れないと思いました。

 しかし問題は、これがどうやら人気イベントらしいこと。混雑情報がサイトに掲載されていて、混雑時間帯に行ったら見られそうもないと予測しました。本当は平日に行ければ良いのですが、平日は真面目に仕事をしています。そこで、じっと混雑情報を見ると、日曜よりは土曜が。そして、午後よりは朝夕の時間帯が比較的空いているように思えたので、土曜の午前中を狙って行きました。

 行ってみると、かなりの人数が入っていました。しかし、おそらくまだマシな方なんでしょう。たぶん。

 あまり専門知識がないので、詳しい感想を言葉にできませんが。

 グロかった。面白かった。勉強になった。

 ということで。

 特にビジュアル的にインパクトがあったのは、人体の全体の輪切りですね。綺麗に輪切りできているのが、かなりインパクトを感じました。

 技術の進歩ですね。

2004年2月10日追記 §

 どうも、このイベントには黒い疑惑があるようです。

 このあたりから情報を辿っていけるでしょう。

「人体の不思議展」の不思議

「人体の不思議展」追加

 まあ、言われてみれば、何となくそんな気がしないこともない感じです。私自身はこの件に深入りする気はありませんが、一応追記しておきます。

Facebook

キーワード【 川俣晶の縁側歴史と文化歴史資料館巡り
【歴史資料館巡り】の次のコンテンツ
2004年
01月
18日
江戸東京博物館・平賀源内展・『計量いま・むかし展』
3days 0 count
total 4666 count
【歴史資料館巡り】の前のコンテンツ
2004年
01月
03日
皇居・桔梗門から桜田門まで
3days 0 count
total 4511 count

このコンテンツを書いた川俣 晶へメッセージを送る

[メッセージ送信フォームを利用する]

メッセージ送信フォームを利用することで、川俣 晶に対してメッセージを送ることができます。

この機能は、100%確実に川俣 晶へメッセージを伝達するものではなく、また、確実に川俣 晶よりの返事を得られるものではないことにご注意ください。

このコンテンツへトラックバックするためのURL

http://mag.autumn.org/tb.aspx/20040110131801
サイトの表紙【歴史資料館巡り】の表紙【歴史資料館巡り】のコンテンツ全リスト 【歴史資料館巡り】の入手全リスト 【歴史資料館巡り】のRSS1.0形式の情報このサイトの全キーワードリスト 印刷用ページ

管理者: 川俣 晶連絡先

Powered by MagSite2 Version 0.36 (Alpha-Test) Copyright (c) 2004-2021 Pie Dey.Co.,Ltd.