2004年01月30日
川俣晶の縁側ソフトウェア技術雑記total 1786 count

プチ ソフト冒険記・Adobe GoLive CS こんなソフトまで、いきなりXML文書が開けてしまう?

Written By: 川俣 晶連絡先

 仕事中に、なにげなくXML文書のファイルを右クリックしてびっくり。(WindowsのExplorer上で)

 なんと、「Adobe GoLive CSで編集」というメニューが追加されています。

 Adobe Creative Suitesをインストールした時に追加されたことは明らかです。これに関しては、既にソフト冒険記・Adobe Version Cue 画像ファイルも世代管理の時代に?としてVersion Cueを使ってみていますが、他にもこんな面白いことがあったとは。そもそも、GoLiveはこれまでユーザーではなく、今後も使う予定がないソフトなので、何も調べていませんでした。しかし、Suitesとして買ってインストールした時点で一緒に入り込んできていたわけです。

 というわけで、仕事を一時中断して、Adobe GoLive CSでXML文書を開いてみました。

 以下の画面写真で開いているのは、XML 1.0 Second EditionのXML版です。

GoLive CSでXML文書を開く

 見ると分かるとおり、実に忠実にXML文書の生の構造を階層的に編集可能にしています。

 しかし、これが本当に使いやすいだろうかと考えると、かなり悩ましいところですね。全てのノードを明示的に操作する必要があるとなると、かなり操作が面倒になりそうに思えます。

 それはさておき、こういう格好良い見かけを与えられると、見慣れたXML文書も新鮮に見えますね。分かりやすいとか、見やすいという印象は受けませんが。印象的ではあります。

Facebook

このコンテンツを書いた川俣 晶へメッセージを送る

[メッセージ送信フォームを利用する]

メッセージ送信フォームを利用することで、川俣 晶に対してメッセージを送ることができます。

この機能は、100%確実に川俣 晶へメッセージを伝達するものではなく、また、確実に川俣 晶よりの返事を得られるものではないことにご注意ください。

このコンテンツへトラックバックするためのURL

http://mag.autumn.org/tb.aspx/20040130144807
サイトの表紙【技術雑記】の表紙【技術雑記】のコンテンツ全リスト 【技術雑記】の入手全リスト 【技術雑記】のRSS1.0形式の情報このサイトの全キーワードリスト 印刷用ページ

管理者: 川俣 晶連絡先

Powered by MagSite2 Version 0.33 (Alpha-Test) Copyright (c) 2004-2018 Pie Dey.Co.,Ltd.