2004年02月12日
トーノZEROアニメ感想十兵衛ちゃん2~シベリア柳生の逆襲~total 1916 count

可愛い森の動物たちに育てられた美少女が剣士に変身!?

Written By: トーノ・ゼロ連絡先

 謎のアニメ感想家(笑)、翼の騎士トーノZEROです。

 今日の十兵衛ちゃんの感想。

 自らゴーストライターの仕事をやっていると告白して自滅する父。誤解と分かったあと厳しい態度を向けられる間が素晴らしい。しかも、自由に聞かれてしまう惨状。このあたりは父親の不幸というものですね。父は娘に、無理のあることを約束させられてしまっても抗えません。

 そして、父に取り入るフリーシャ。羨ましい父ですね。たとえ演技であろうと、あのようにフリーシャになつかれてみたいものです。

 斬られて浄化されたホワイトタイガーの登場。御影と話すシーンで、顔が近いぞホワイトタイガー(笑い)

 フリーシャの回想。その表情と回想しながら歩く舞台の描写がなかなか良いですね。

 ヘビ、虎、熊をいきなり倒す小さなフリーシャ。そして、喋る動物たち。動物たちに育てられたという、ぶっとびの過去。あり得ないメルヘンなドラマですが、それをあり得ることにしてしまうのが、この作品の独特の味ですね。凄い構成力、演出力の発露とも言えます。

 5年も掛けて調べに行くリス君。はたして彼はどうやって調べたのでしょう。そこを描かないところが、洒落た演出です。

 「パーパ、私に力を」で偽物が本物になるスペード眼帯。この強烈なまでに筋の通らない描写。それを、ガッと押し通して納得させてしまう演出力。

 クライマックスも凄いですね。

 一人でいる自由。

 そこにやって来る歩朗。

 相変わらず噛み合わない会話。

 そして、木の枝で歩朗と斬り合ってしまう自由。真剣なら勝負になっている状況。

 そこに来る御影とホワイトタイガー。

 歩朗を解放するために斬ってくれというホワイトタイガー。

 自由様にしか戦えない戦いがある、という御影。

 そこにサッと来てラブリー眼帯を差し出す鮎之介。

 更に来て、ラブリー眼帯を持つ鮎之介の腕を掴むフリーシャ。

 ついに本性を現すフリーシャ。

 しかし、フリーシャは本来、父に取り入る作戦ではなかったのか。それなのに、ここで正体を見せてしまうというのは、いったい?

今回の一言 §

 自由がたった一人の状況から、次々に人が増えて関係者全員集合というこの一連の流れ、凄く好きです。

Facebook

キーワード【 トーノZEROアニメ感想十兵衛ちゃん2~シベリア柳生の逆襲~
【十兵衛ちゃん2~シベリア柳生の逆襲~】の次のコンテンツ
2004年
02月
19日
絶対に変身するだろうという状況で、流血があっても変身しない自由!?
3days 0 count
total 1912 count
【十兵衛ちゃん2~シベリア柳生の逆襲~】の前のコンテンツ
2004年
02月
05日
自ら「私の前から消えて」と言った鮎之介を絶対的な君主的な口調で呼ぶ自由!?
3days 0 count
total 1935 count

このコンテンツを書いたトーノ・ゼロへメッセージを送る

[メッセージ送信フォームを利用する]

メッセージ送信フォームを利用することで、トーノ・ゼロに対してメッセージを送ることができます。

この機能は、100%確実にトーノ・ゼロへメッセージを伝達するものではなく、また、確実にトーノ・ゼロよりの返事を得られるものではないことにご注意ください。

このコンテンツへトラックバックするためのURL

http://mag.autumn.org/tb.aspx/20040212205233
サイトの表紙【十兵衛ちゃん2~シベリア柳生の逆襲~】の表紙【十兵衛ちゃん2~シベリア柳生の逆襲~】のコンテンツ全リスト 【十兵衛ちゃん2~シベリア柳生の逆襲~】の入手全リスト 【十兵衛ちゃん2~シベリア柳生の逆襲~】のRSS1.0形式の情報このサイトの全キーワードリスト 印刷用ページ

管理者: トーノ・ゼロ連絡先

Powered by MagSite2 Version 0.34 (Alpha-Test) Copyright (c) 2004-2018 Pie Dey.Co.,Ltd.