2004年03月25日
トーノZEROアニメ感想冒険遊記プラスターワールドtotal 3325 count

最後の一撃は、プラストオンしていないビートマのパンチという意外性!?

Written By: トーノ・ゼロ連絡先

 謎のアニメ感想家(笑)、翼の騎士トーノZEROのアニメ感想行ってみよう!

 今日のプラスターワールドの感想。

サブタイトル §

最終話「おまえ+オレ=さよなら(プラストオフ)」

あらすじ §

 ジャネーンのボスと戦うPビートマ。

 他の面々は、巨人像を攻撃しますが止められません。そこで、巨人像に刺さった剣を集中攻撃します。しかし、彼らは力を使い果たしてしまいます。

 Pビートマもプラストオフしてしまいます。

 ピンチのみんな。

 デリィ達に残された最後の力を結集して、巨人像に最後の攻撃をかけるPヴァローゼ。その技が決まります。

 しかし、まだ闇は消えません。ジャネーンのボスがまだいるのです。

 倒れたトウマは、最後の力でビートマにプラストーンを渡します。

 プラストーンを握ったビートマは、それを握った手でジャネーンにパンチを叩き込み、身体にめり込ませます。

 ところが、そのまま闇に取り込まれそうになります。

 しかし、トウマの思いがこもったプラストーンが光り、ジャネーンのボスは崩壊してきます。

 戦いが終わって。

 ワシ、あるいはタンキューは、新しいプラストギアをトウマとガンに渡します。

 平和になったプラスターワールドでビートマとヴァローゼは仲良く決闘します。そこにトウマとガンが走ってきて、プラストオンします。

感想 §

 オープニングは、みんなで歌う主題歌。なかなか、最終回らしい盛り上がりですね。

 ヴァローゼに結集されるのは、なんだか良く分からないプラスターパワーです。いったい何が結集されているのか分かりませんが、そういうものなのだと思って見るのが大人の態度でしょう。いや、これが大人向けのアニメかは、はなただ疑問ではありますが。ともかく、そんな些細な突っ込みに関わっている余裕がないぐらい盛り上がってましたので、それはそれでOKかもしれません。

 それから、今回はやはりPヴァローゼの格好良さが印象深いですね。対巨人戦の見所は、こいつが独占した感があります。しかし、それに値するだけの格好良さですね。

今回の一言 §

 レーサーに転向したはずのワイバーストですが、そのあとほとんどレーサーをやっていないはずです。しかし、今回の「みんなのその後」のシーンで、レースするワイバーストとギンガード(だっけ?)のシーンがあったのは良かったですね。頑張れ、ワイバースト!

シリーズを振り返って §

 1年にわたるシリーズ全体を振り返ると、やはり良いアニメだったと思います。

 最初の頃は、出番が少ないデリィが、その出番の少なさ故か非常に印象的なヒロインになっていたのが思い出されます。

 後半では、ザイアンが良い味を出していましたね。そして、カッチン姫も、かなり無茶なキャラクター性が面白かったですね。

 プラスターだと、ポセイホーンが個性的で良かったですね。タンキューも好きです。

 そして、ドラマ的にも、いろいろな考えた立場の人間やプラスターが絡み合って、なかなか見応えのある人間的なドラマになっていたと思います。いやまあプラスターは人間ではありませんが。

 ともかく、こういうアニメを毎週見られたのは良かったと思います。

Facebook

キーワード【 トーノZEROアニメ感想冒険遊記プラスターワールド
【冒険遊記プラスターワールド】の次のコンテンツ
2004年
03月
26日
電子メールにトライホーン惨状、いや参上!?
3days 0 count
total 1764 count
【冒険遊記プラスターワールド】の前のコンテンツ
2004年
03月
18日
そして学校の階段までが闇に見えなくなる学校の怪談!?
3days 0 count
total 1971 count
2004年03月25日
トーノZEROアニメ感想冒険遊記プラスターワールドtotal 3325 count

最後の一撃は、プラストオンしていないビートマのパンチという意外性!?

Written By: トーノ・ゼロ連絡先

 謎のアニメ感想家(笑)、翼の騎士トーノZEROのアニメ感想行ってみよう!

 今日のプラスターワールドの感想。

サブタイトル §

最終話「おまえ+オレ=さよなら(プラストオフ)」

あらすじ §

 ジャネーンのボスと戦うPビートマ。

 他の面々は、巨人像を攻撃しますが止められません。そこで、巨人像に刺さった剣を集中攻撃します。しかし、彼らは力を使い果たしてしまいます。

 Pビートマもプラストオフしてしまいます。

 ピンチのみんな。

 デリィ達に残された最後の力を結集して、巨人像に最後の攻撃をかけるPヴァローゼ。その技が決まります。

 しかし、まだ闇は消えません。ジャネーンのボスがまだいるのです。

 倒れたトウマは、最後の力でビートマにプラストーンを渡します。

 プラストーンを握ったビートマは、それを握った手でジャネーンにパンチを叩き込み、身体にめり込ませます。

 ところが、そのまま闇に取り込まれそうになります。

 しかし、トウマの思いがこもったプラストーンが光り、ジャネーンのボスは崩壊してきます。

 戦いが終わって。

 ワシ、あるいはタンキューは、新しいプラストギアをトウマとガンに渡します。

 平和になったプラスターワールドでビートマとヴァローゼは仲良く決闘します。そこにトウマとガンが走ってきて、プラストオンします。

感想 §

 オープニングは、みんなで歌う主題歌。なかなか、最終回らしい盛り上がりですね。

 ヴァローゼに結集されるのは、なんだか良く分からないプラスターパワーです。いったい何が結集されているのか分かりませんが、そういうものなのだと思って見るのが大人の態度でしょう。いや、これが大人向けのアニメかは、はなただ疑問ではありますが。ともかく、そんな些細な突っ込みに関わっている余裕がないぐらい盛り上がってましたので、それはそれでOKかもしれません。

 それから、今回はやはりPヴァローゼの格好良さが印象深いですね。対巨人戦の見所は、こいつが独占した感があります。しかし、それに値するだけの格好良さですね。

今回の一言 §

 レーサーに転向したはずのワイバーストですが、そのあとほとんどレーサーをやっていないはずです。しかし、今回の「みんなのその後」のシーンで、レースするワイバーストとギンガード(だっけ?)のシーンがあったのは良かったですね。頑張れ、ワイバースト!

シリーズを振り返って §

 1年にわたるシリーズ全体を振り返ると、やはり良いアニメだったと思います。

 最初の頃は、出番が少ないデリィが、その出番の少なさ故か非常に印象的なヒロインになっていたのが思い出されます。

 後半では、ザイアンが良い味を出していましたね。そして、カッチン姫も、かなり無茶なキャラクター性が面白かったですね。

 プラスターだと、ポセイホーンが個性的で良かったですね。タンキューも好きです。

 そして、ドラマ的にも、いろいろな考えた立場の人間やプラスターが絡み合って、なかなか見応えのある人間的なドラマになっていたと思います。いやまあプラスターは人間ではありませんが。

 ともかく、こういうアニメを毎週見られたのは良かったと思います。

Facebook

キーワード【 トーノZEROアニメ感想冒険遊記プラスターワールド
【冒険遊記プラスターワールド】の次のコンテンツ
2004年
03月
26日
電子メールにトライホーン惨状、いや参上!?
3days 0 count
total 1764 count
【冒険遊記プラスターワールド】の前のコンテンツ
2004年
03月
18日
そして学校の階段までが闇に見えなくなる学校の怪談!?
3days 0 count
total 1971 count
【冒険遊記プラスターワールド】のコンテンツ全リスト【冒険遊記プラスターワールド】の表紙

このコンテンツを書いたトーノ・ゼロへメッセージを送る

[メッセージ送信フォームを利用する]

メッセージ送信フォームを利用することで、トーノ・ゼロに対してメッセージを送ることができます。

この機能は、100%確実にトーノ・ゼロへメッセージを伝達するものではなく、また、確実にトーノ・ゼロよりの返事を得られるものではないことにご注意ください。

このコンテンツへトラックバックするためのURL

http://mag.autumn.org/tb.aspx/20040325215449
サイトの表紙【冒険遊記プラスターワールド】の表紙【冒険遊記プラスターワールド】のコンテンツ全リスト 【冒険遊記プラスターワールド】の入手全リスト 【冒険遊記プラスターワールド】のRSS1.0形式の情報このサイトの全キーワードリスト 印刷用ページ

管理者: トーノ・ゼロ連絡先

Powered by MagSite2 Version 0.27 (Alpha-Test) Copyright (c) 2004-2018 Pie Dey.Co.,Ltd.