2004年03月29日
トーノZEROアニメ感想ソニックXtotal 3933 count

表面的には悪人だけれど、すっかり良い人になってしまったエッグマン!?

Written By: トーノ・ゼロ連絡先

 謎のアニメ感想家(笑)、翼の騎士トーノZEROのアニメ感想行ってみよう!

 昨日のソニックの感想。

サブタイトル §

第52話「風の思い出」

あらすじ §

 ソニックの世界に戻った、エッグマン、エミー、クリーム、ナックルズ、ルージュ、テイルズ達は、ソニックが戻ってこないことに苛立っていました。

 ナックルズとルージュは痴話喧嘩をしていました。

 夜中に騒音をまき散らすエッグマンに、エミーはハンマーを投げつけ、テイルズは自分の飛行機で攻撃します。テイルズが飛行機の変形を行おうとすると、密かにチャックが取り付けた装置が動作して、強力な戦闘機に変形します。しかし、鉄壁の追跡ミサイルに追われてピンチに。そこに帰還してくるソニックがミサイルを破壊します。

 ソニックが戻ったことに、誰もが喜びます。倒されたエッグマンも、嬉しげです。

 ソニックが戻ってきたことを知ると、ナックルズとルージュも痴話喧嘩から我に返って上機嫌になります。

 そして、ソニックはエミーの家に来ます。エミーはソニックの後を走って追いかけてきました。

 エミーは、ソニックが帰ってくるのを、おばあちゃんになっても待つと決めたところでした。そして、決めたところで戻ってくるソニックの間の悪さを訴えます。

 そして、ソニックは愛の告白?をエミーに囁きます。

 一方、人間界ではあれから6年。大人になったクリスは、カオスコントロールを発生させる装置を研究していました。

感想 §

 ついに最終回ですね。

 ちょっと意外だったのは、最終回のクライマックスが、エミーとソニックのラブラブな盛り上がりというロマンチックなシーンであったことです。ソニックと言えば、かっ飛ばして走り続け、エッグマンと戦うというイメージが強かったので。また、クリスとの関係も、大きなウェイトを占めると感じていました。ですから、ここでエミーというのが意外でした。

 それから、もう1つ意外なのは、成長したクリスとその友達のみんなですね。みんな、良い顔になっていますね。

今回の一言 §

 車椅子生活の少女であろうと、凄い車をかっ飛ばしてゴー!というさりげない描写は、なかなか魅力的ですね。車も、ちゃんと手で運転できるような構造になっていたし。

シリーズ全体として §

 イマイチ楽しめなかったところも多々あるところですが、とりあえず希有な亀垣一監督作品を見られたという点だけでも、価値はあったと思います。

 個別のところでは、なかなか面白いところ、ハッとさせられるところなども多くありましたね。そういうところを、丹念に拾い上げながら見ていくなら、悪くないアニメだと思います。少なくとも、最終回まで見続けることができということは、それだけの魅力はあったということですね。

Facebook

キーワード【 トーノZEROアニメ感想ソニックX
【ソニックX】の次のコンテンツ
(ありません)
【ソニックX】の前のコンテンツ
2004年
03月
22日
全世界のアイドル、ソニックを独り占めしてしまうクリスと、自ら独り占めされてしまうソニック!?
3days 0 count
total 5094 count

このコンテンツを書いたトーノ・ゼロへメッセージを送る

[メッセージ送信フォームを利用する]

メッセージ送信フォームを利用することで、トーノ・ゼロに対してメッセージを送ることができます。

この機能は、100%確実にトーノ・ゼロへメッセージを伝達するものではなく、また、確実にトーノ・ゼロよりの返事を得られるものではないことにご注意ください。

このコンテンツへトラックバックするためのURL

http://mag.autumn.org/tb.aspx/20040329215843
サイトの表紙【ソニックX】の表紙【ソニックX】のコンテンツ全リスト 【ソニックX】の入手全リスト 【ソニックX】のRSS1.0形式の情報このサイトの全キーワードリスト 印刷用ページ

管理者: トーノ・ゼロ連絡先

Powered by MagSite2 Version 0.34 (Alpha-Test) Copyright (c) 2004-2018 Pie Dey.Co.,Ltd.