2004年03月22日
トーノZEROアニメ感想ソニックXtotal 4987 count

全世界のアイドル、ソニックを独り占めしてしまうクリスと、自ら独り占めされてしまうソニック!?

Written By: トーノ・ゼロ連絡先

 謎のアニメ感想家(笑)、翼の騎士トーノZEROのアニメ感想行ってみよう!

 昨日のソニックの感想。

サブタイトル §

第51話「クリスの長い旅」

あらすじ §

 ソニック達が元の世界へ帰るその瞬間。ソニックと別れるのは嫌だと、クリスは装置を止め、ソニックの手を引いてその場から走り出します。

 ソニックは、けして怒らず、クリスの手を引いて走り出します。

 二人は、自転車の旅や、ヒッチハイク、そして徒歩の旅を続け、そしてクリスと両親の思い出の別荘にたどり着きます。その間、クリスは、ソニックの助けを借りようとせず、必死に自分のことは自分でやろうとします。

 一方、両親は金に糸目を付けないで捜索させようとしたり、クリスが帰ってきたときのために、玩具やご馳走を用意しようとします。その、あまりのダメ親っぷりに、お爺さんがついに怒って意見します。

 一方、クリスはついにソニックに対して本音の質問を行います。ソニックは本当は帰りたかったのではないか、と。

 ソニックはクリスに言います。「友情は自由だ。だからおまえが決めろ」

 一人ぼっちのなることが怖いクリス。孤独が怖い弱虫だと思っているクリスに、そうは思わない、とソニックは言います。

 そして、そこにクリスの居所を推測してやってくる両親の姿が。

 彼らの姿を見て、クリスは微笑みます。

感想 §

 これは凄い傑作ですね。

 少年が心に抱えた何かを乗り越えるドラマとして、とても素晴らしいと思います。

 何が凄いと言って、クリスが別れるのは嫌だと態度で示したとき、けして逆らわないソニックが凄いですね。そして、ソニックはずっとクリスの旅に付き合います。本当に、ソニックが一生をクリスのために捧げる気があったのかどうか、少々疑問もあります。しかし、今ここでクリスには心の重荷があって、それを取り除くためにソニックには助けることができることがある、そんなことをソニックは悟った上でクリスに付き合ったのかもしれません。

 そして、大傑作の第1話の回想シーンとつながることで、更に味わいは深くなりますね。ソニックを助けるためにプールに飛び込んだクリスが、弱虫であるわけがありません。第1話から、そのことは示されていたことになります。何と遠大な伏線であることか。

 そういう意味で言えば、この出来事でクリスが成長したのかどうかは分かりません。安易に成長してしまうドラマとは、もしかしたら、一線を画するのかもしれません。つまり、クリスは元々、強さを持った少年であり、ソニックはそのことを本人に気付かせただけかもしれないからです。そういう風に考えると、安易に成長する話よりも味わいが深いかもしれませんね。

 ビジュアル的にも、自転車で走るシーンで、クリスが自転車を漕ぎながら、荷台に寝転がっているソニックが非常に印象的ですね。

今回の一言 §

 この作品、全話が手放しで褒められるかというと、そうでもないところもあります。特に、アメリカ臭いのかどうか分かりませんが、センスが隔絶したところがあります。しかし、最終回にあと1話残すところで、こんなに良いものを見せられては、後々素晴らし作品だったと好印象を残すことになるでしょうね。たぶん。

Facebook

このコンテンツを書いたトーノ・ゼロへメッセージを送る

[メッセージ送信フォームを利用する]

メッセージ送信フォームを利用することで、トーノ・ゼロに対してメッセージを送ることができます。

この機能は、100%確実にトーノ・ゼロへメッセージを伝達するものではなく、また、確実にトーノ・ゼロよりの返事を得られるものではないことにご注意ください。

このコンテンツへトラックバックするためのURL

http://mag.autumn.org/tb.aspx/20040322221620
サイトの表紙【ソニックX】の表紙【ソニックX】のコンテンツ全リスト 【ソニックX】の入手全リスト 【ソニックX】のRSS1.0形式の情報このサイトの全キーワードリスト 印刷用ページ

管理者: トーノ・ゼロ連絡先

Powered by MagSite2 Version 0.34 (Alpha-Test) Copyright (c) 2004-2018 Pie Dey.Co.,Ltd.