2004年08月31日
トーノZEROアニメ感想F-ZERO ファルコン伝説total 2941 count

さだめとあらば心を決める救世主リュウ!?

Written By: トーノ・ゼロ連絡先

 謎のアニメ感想家(笑)、翼の騎士トーノZEROのアニメ感想行ってみよう!

 今日のF-ZEROの感想。

サブタイトル §

第47話「運命-さだめ-」

あらすじ §

 リュウは救世主と言われて必至になりますが、過労で倒れます。そして、ジャック達を頼っても良いことに気付きます。

 ジャックは、自分たちに手助けできることはこれぐらいだと気付いています。リュウの敵ははるかに巨大です。

 ブラックシャドーとリュウの一騎打ちのレースが企画されます。

 その中で、リュウはブラックシャドーに連れ去られます。

 ブラックシャドーは、かつてミスキラーに行ったように、リュウの記憶を全て消去して手下にしようとします。しかし、リュウは救世主として覚醒し、装置から自ら抜け出します。しかし、逃げられそうにありません。

 そのとき、バーサーカーがファルコンの正体を現し、二人はブラックシャドーの基地を脱出します。

 リュウは、バートの店を訪ねます。そこには、戻ったバートがいました。

感想 §

 とても内容が短く感じられました。あっと思ったときにはもう終わっていた感じです。時間を忘れるほど中身が凄いと言うことですね。

 過労で倒れるリュウ、というのも、普通のアニメのヒーローらしくないですね。しかし、とても人間臭く誠実です、

 1レースに2回のスピンを使うブラックブル。リアクターマイト2つを装備しているというのが反則級の強さですね。

 人質に取られる長官、というシーンも意外性がありますね。まさか警察の長官が、こんな人の多いレース場で悪者に捕まってしまうとは。

 しかし、大胆になったのは敵だけでなく、ファルコンもですね。ついに正体を現してしまいましたね。

 1つ気になるのはデスボーン様です。彼はいったいどういう人物で、これからどういう行動を見せるのか。

 次回予告はスパイ大作戦風。面白いですね。予告と本編が食い違っていても当局は一切関知しないわけですね。まさに死して屍拾う者無し (って、それはスパイ大作戦ではなく大江戸捜査網)

 バート先生の方は、ファルコンの帰還に喜びまくる喜びに満ちた内容でしたね。しかし、バート先生の語りの背後に入る映像のチョイスの面白さも特筆です。

今回の一言 §

 サブタイトルの「運命-さだめ-」を見て、思わず感想のタイトルを装甲騎兵ボトムズ風に「さだめとあらば心を決める救世主リュウ!?」と書きましたが。そのあとで、ハッと気付きました。F-ZEROの監督の知吹愛弓さんは、ボトムズの演出を手がけています。意図せずしてピッタリのタイトルを付けてしまったかもしれません。

Facebook

このコンテンツを書いたトーノ・ゼロへメッセージを送る

[メッセージ送信フォームを利用する]

メッセージ送信フォームを利用することで、トーノ・ゼロに対してメッセージを送ることができます。

この機能は、100%確実にトーノ・ゼロへメッセージを伝達するものではなく、また、確実にトーノ・ゼロよりの返事を得られるものではないことにご注意ください。

このコンテンツへトラックバックするためのURL

http://mag.autumn.org/tb.aspx/20040831203630
サイトの表紙【F-ZERO ファルコン伝説】の表紙【F-ZERO ファルコン伝説】のコンテンツ全リスト 【F-ZERO ファルコン伝説】の入手全リスト 【F-ZERO ファルコン伝説】のRSS1.0形式の情報このサイトの全キーワードリスト 印刷用ページ

管理者: トーノ・ゼロ連絡先

Powered by MagSite2 Version 0.34 (Alpha-Test) Copyright (c) 2004-2018 Pie Dey.Co.,Ltd.