2004年11月08日
トーノZEROアニメ感想蒼穹のファフナーtotal 3212 count

君も僕もみんな犯人、みんなが犯人だと名乗り出る査問委員会!?

Written By: トーノ・ゼロ連絡先

 謎のアニメ感想家(笑)、翼の騎士トーノZEROのアニメ感想行ってみよう!

 今日のファフナーの感想。

サブタイトル §

第18話 「父親 ~おもいで~」

あらすじ §

 乙姫の願いで、見捨てられた人類軍の者達は島に迎え入れられます。

 乙姫とカノン・メンフィスは学校に生徒として転入しますが、いかにも場違いです。

 パイロット達は海に遊びに行きます。

 島を出た真矢の父親が、人類軍の作戦を教えると称して島に来ます。

 真矢の姉は、真矢のパイロット適性のデータを改ざんしていたことが明らかになります。真矢の能力はトップレベルでした。

 査問委員会が開かれ、真矢の父は真矢の姉を島から追放させ連れ帰ろうとします。

 しかし、多くの者達が自分こそ改ざん犯であると名乗り出て、査問委員会はうやむやになります。

 子供達をファフナーの電池扱いする真矢の父には誰も心を動かされず、彼は島を去っていきます。

感想 §

 あまりに場違いな態度を取り続けるカノン。これは、カノンが平和な時代を知らないということですね。普通の学校に通って、普通の人間として生きるということを知らないわけです。まさに、竜宮島だけが楽園だったということを象徴する描写ですね。

 そして、カノンと話す真矢というシーンを見て、真矢の役割の重要さが強く意識されました。真矢は、自分は戦えないから重要度が低いと思い込んでいるようですが、いろいろな人と会話をする、という非常に重要な役割を担ってきました。あの総士ですら、真矢と会話するときにはたじろがされます。この作品の中で、会話が特に重要な意味を持つことが示唆されている以上、真矢は極めて重要な人物です。エンディングに、一騎、総士、真矢の3人だけが出てくるのは、真矢の重要性からすれば当然のことと言えますね。

 しかし、真矢の会話を担う存在という立場は、父親と会話することによって、1つの決着を迎えた感じです。ずっと必死に会話し続けてきた真矢は、父親という会話を拒絶する存在に突き当たってしまいます。彼は、言葉を交わしていても、会話をしている存在ではありません。それを、真矢はフェストゥムのようであると的確に表現します。会話によって到達できる領域の地平にまで辿り着いてしまった真矢は、これからファフナーのパイロットになっていくわけですね。これも1つの必然的な流れです。

 ちなみに、真矢の父の言動は、まさにインターネット上にしばしば見られる「お子様」と重なって見えます。コミュニケーションせず、単純な論理によって自らの正当性を主張し、意見が通らねば感情的に相手を罵倒します。真矢の父が人間でありながらそのような存在であると描かれているのは、極めて象徴的ですね。竜宮島の者達から見た敵とは、フェストゥムではなく、会話をしない全ての存在であり、そこには人間も含まれると言うことになります。しかし、島外の人間がすべて敵というわけではありません。会話することができる人間達は、敵ではないのです。そのことは、島が迎え入れた人類軍の兵士達を見れば分かりますね。

 もっと大胆に解釈すれば、人間と人間ではないものの境界は、会話をする者としない者という条件で線引きされていると見ても良いかもしれません。これは、人と機械の境界が曖昧になった時代のリアリティについて描いた映画「イノセンス」とも相通じる問題意識の表れと見ても良いのかもしれません。人間の条件が生身の身体に求められなくなりつつある今、会話する存在こそが人間であるという定義は1つの提案としてあり得るでしょう。

 とはいえ、このような作品作りの態度は、インターネット上の一部の者達をあからさまに敵にまわす行為と言えるかもしれません。しかし、それは問題ないでしょう。おそらく、それに該当する者達は、どちらにせよ作品を本当に見ることはなく、トンチンカンな知ったかぶりを振りかざして偉そうに論評ごっこをするだけのことでしょう。

今回の名台詞 §

真矢「お父さんはフェストゥムとどう違うの?」

 これは凄い台詞ですね。

 この作品が達し得た1つの到達点です。

Facebook

キーワード【 トーノZEROアニメ感想蒼穹のファフナー
【蒼穹のファフナー】の次のコンテンツ
2004年
11月
15日
「命令がないと困る」「ならばたくさん困りなさい」という極めて素晴らしき命令!?
3days 0 count
total 3038 count
【蒼穹のファフナー】の前のコンテンツ
2004年
11月
01日
運が良けりゃ死ぬし、悪けりゃ生き残る!?
3days 0 count
total 2995 count

このコンテンツを書いたトーノ・ゼロへメッセージを送る

[メッセージ送信フォームを利用する]

メッセージ送信フォームを利用することで、トーノ・ゼロに対してメッセージを送ることができます。

この機能は、100%確実にトーノ・ゼロへメッセージを伝達するものではなく、また、確実にトーノ・ゼロよりの返事を得られるものではないことにご注意ください。

このコンテンツへトラックバックするためのURL

http://mag.autumn.org/tb.aspx/20041108212524
サイトの表紙【蒼穹のファフナー】の表紙【蒼穹のファフナー】のコンテンツ全リスト 【蒼穹のファフナー】の入手全リスト 【蒼穹のファフナー】のRSS1.0形式の情報このサイトの全キーワードリスト 印刷用ページ

管理者: トーノ・ゼロ連絡先

Powered by MagSite2 Version 0.34 (Alpha-Test) Copyright (c) 2004-2018 Pie Dey.Co.,Ltd.