2004年11月17日
川俣晶の縁側技術関連執筆情報total 3857 count

テスト駆動開発ツール最前線(後編)- Mockオブジェクトを使ったNUnit 2.2によるテスト -

Written By: 川俣 晶連絡先

 @ITにて下記の記事が公開されました。

ドキュメント足りないよ §

 この記事は、実はけっこう苦労しています。

 まず、ドキュメント不足の問題が重くのしかかっています。

 何せ、NUnit 2.2の目玉のmockオブジェクトの機能の使い方が、添付ドキュメントからはさっぱり分かりません。

 検索エンジンの力でこの機能を使ったサンプルソースの所在を突き止めたり、NUnit 2.2のソースコードを見たり、そこから逆算して機能を推定して解説を書きました。

 ですので、もし間違いがあればご連絡下さい。

 このような問題があるにも関わらず、NUnit 2.2は良いソフトだと思います。これだけのハードルを乗り越えて使う価値があると思います。

あてが外れた §

 実は、この記事の企画は、NUnit 2.2リリース後、極めて早期に提案しています。(まあ、いわゆる営業活動ですね。お仕事をするって大変です)

 その際、機能の詳細を確認する前に、目玉はmockオブジェクトです!と言い切ってしまったわけです。(いつも通りの大間抜け!)

 しかし、詳細を調べてみると、NUnit 2.2のmockオブジェクト機能は軽量版に過ぎないということが分かりました。本気でプッシュするには弱すぎる! というわけで、急遽、NMockにもご登場願いました。もう1つ、個人的にNUnit 2.2+Visual Stuido.NETユーザーには必須ツールだと思うTest Driven .NETの紹介も足した構成に修正しました。

 しかし、全体として長すぎて前後編になってしまったのはちょっと失敗。

Facebook

トラックバック一覧

2004年11月17日テスト駆動開発ツール最前線(後編)From: 中の技術日誌

テスト駆動開発ツール最前線(後編) 続きを読む

このコンテンツを書いた川俣 晶へメッセージを送る

[メッセージ送信フォームを利用する]

メッセージ送信フォームを利用することで、川俣 晶に対してメッセージを送ることができます。

この機能は、100%確実に川俣 晶へメッセージを伝達するものではなく、また、確実に川俣 晶よりの返事を得られるものではないことにご注意ください。

このコンテンツへトラックバックするためのURL

http://mag.autumn.org/tb.aspx/20041117115234
サイトの表紙【技術関連執筆情報】の表紙【技術関連執筆情報】のコンテンツ全リスト 【技術関連執筆情報】の入手全リスト 【技術関連執筆情報】のRSS1.0形式の情報このサイトの全キーワードリスト 印刷用ページ

管理者: 川俣 晶連絡先

Powered by MagSite2 Version 0.36 (Alpha-Test) Copyright (c) 2004-2021 Pie Dey.Co.,Ltd.