2004年11月18日
トーノZEROアニメ感想ポケットモンスターtotal 2651 count

語尾の「かも」で気付かないうちに相手を怒らせるハルカかも!?

Written By: トーノ・ゼロ連絡先

 謎のアニメ感想家(笑)、翼の騎士トーノZEROのアニメ感想行ってみよう!

 今日のポケモンの感想。

サブタイトル §

「イザベ島ポケモンコンテスト! ライバルに気をつけろ!!」

あらすじ §

 ハルカは、ポケモンコンテストに出るためにイザベ島に向かいます。

 同じコンテストに出るハーリーという男に出会いますが、ハルカは彼を怒らせてしまいます。しかし、ハーリーはそれを腹の中に納めてハルカに気付かせません。

 コンテストで、ハーリーは汚い手を使ってハルカを痛めつけます。

 そのことに熱くなって冷静さを失うハルカ。

 しかし、サトシの声で冷静さを取り戻し、コンテストに勝利してリボンをゲットします。

感想 §

 今回は、ハルカの成長物語として見事な内容ですね。

 コンテスト出場の1回ごとに、ハルカに試練が訪れ、それをハルカが乗り越えていくドラマが丁寧に作られていることが良く分かります。

 今回の試練はハーリーという陰険オカマ男。相手を疑うということを知らないハルカは、気付かないうちに彼を敵にまわし、そして嫌がらせを受けます。

 ハーリーを怒らせた理由の1つ、語尾の「かも」はハルカにも責任がある問題と言えますね。ハルカ本人は「美味しいかも」という言葉を褒め言葉のつもりで言っているのでしょうが、聞く方は「美味しいと断定しなかった」と受け取る可能性があります。それによって、相手を怒らせる可能性は、当然想定されるべきでしょう。そうではなく、語尾「かも」を使い続けることは、ある意味で、ハルカの子供っぽさです。

 しかし、ハルカも前向きに成長を続けています。その様子は、コンテストの中で見て取れます。自信たっぷりにステージ出て、審査を待つときにはとても不安げになるのは、彼女が本当にコンテストの場の空気を分かってきた証拠でしょう。そして、怒りに熱くなった状態からサトシの言葉で冷静さを取り戻せることも、修羅場をくぐって成長した証しと言えますね。もちろん、本来は冷静さを欠いてはならないのですが、切っ掛けを得て冷静さを取り戻せるだけでも偉大な進歩です。

 そして何より、勝利して最初にフシギダネに礼を言う、というハルカの態度が良いですね。自分の力だけで勝ったわけではないと分かっているからこそ、こういう態度が取れるわけですね。

今回の名台詞 §

ロケット団「いい感じ」

 今日のロケット団は「やな感じ」無しで幸せかと思いきや。「いい感じ」も夢の中とは悲しいですね。

Facebook

このコンテンツを書いたトーノ・ゼロへメッセージを送る

[メッセージ送信フォームを利用する]

メッセージ送信フォームを利用することで、トーノ・ゼロに対してメッセージを送ることができます。

この機能は、100%確実にトーノ・ゼロへメッセージを伝達するものではなく、また、確実にトーノ・ゼロよりの返事を得られるものではないことにご注意ください。

このコンテンツへトラックバックするためのURL

http://mag.autumn.org/tb.aspx/20041118225337
サイトの表紙【ポケットモンスター】の表紙【ポケットモンスター】のコンテンツ全リスト 【ポケットモンスター】の入手全リスト 【ポケットモンスター】のRSS1.0形式の情報このサイトの全キーワードリスト 印刷用ページ

管理者: トーノ・ゼロ連絡先

Powered by MagSite2 Version 0.34 (Alpha-Test) Copyright (c) 2004-2018 Pie Dey.Co.,Ltd.