マンガを解剖する
マンガを解剖する
紀伊國屋書店

2004年12月05日
川俣晶の縁側歴史と文化歴史資料館巡りtotal 11102 count

東京都現代美術館・ピカソ展-躰[からだ]とエロス-

Written By: 川俣 晶連絡先

 あと1週間程度、12月12日までの開催ということなので、とりあえず東京都現代美術館ピカソ展-躰[からだ]とエロス-に行ってきました。

なぜピカソか §

 ピカソというのは「偉い人、そんなの常識」と認識されていながら、さっぱり分からないと言われる定番の画家でもあります。

 しかし、「あ、そうか」と思うことができた瞬間があります。ずっと昔、箱根 彫刻の森美術館のピカソ館に行った時、社会的な評価の高い完成された有名作品だけでなく、試行錯誤的な作品も含めて見た時、難解なデザインと常識の間のミッシングリンクを発見したような気がしました。つまり、ピカソという人物のコンテキストを発見することで解釈可能になった、と表現しても良いと思います。

 つまり、ピカソを分かる方法はあるという確信があればこそ、見に行こうという気持ちになるということです。(もちろん、方法はあるという確信を持つことと、本当に分かることは別です)

偶然の悪戯 §

 行きの電車の中でマンガを解剖する 布施英利 筑摩書房を読んでいたところ、そこでピカソの名前に出会いました。p107で「ゲルニカ」と、しりあがり寿の「カモン! 恐怖」のコマを並べて三角形の構図の安定性の説明が行われていました。単なる偶然ではありますが、ちょっとだけ気持ちが盛り上がりました。

深川に溢れるピカソの名前 §

 清澄白河の駅を降りていつも通り深川江戸資料館の前を通って行こうとしたところ。

 深川資料館通り商店街(というらしい)の道には、「ピカソ通り」ののぼりが延々と続いているではありませんか。

ピカソ通りピカソ通り [300x225] [600x450] [750x562] [1000x750] [1632x1224]

 清澄白河の駅近くから、東京都現代美術館の前までありました。相当な距離ですから、かなりの数だと思います。

 更に、こんな宣伝まで。

ピカソ通りでお得がいっぱいピカソ通りでお得がいっぱい [300x225] [600x450] [750x562] [1000x750] [1632x1224]

 商店街も一緒に盛り上げているのが良く分かります。

 しかし、深川江戸資料館といえば、日本の江戸時代の江戸を見せるのが売りです。その周辺も、深川の伝統的な風俗っぽいものを提供する店が並んでいます。それが、西洋近代の画家であるピカソを使って盛り上げようとするのは、ちょっとミスマッチがあって面白いです。

難解でありすぎる……か? §

 というわけで、東京都現代美術館に到着。

東京都現代美術館東京都現代美術館 [300x225] [600x450] [750x562] [1000x750] [1632x1224]

 確かに、ピカソ展をやっています。

ピカソ展-躰[からだ]とエロス-ピカソ展-躰[からだ]とエロス- [300x225] [600x450] [750x562] [1000x750] [1632x1224]

 実は、ピカソのようなメジャーな画家の展覧会は混みすぎてよく見られないのではないか、という危惧を感じていました。

 実際、中に入ってみると、かなりの人だかりが……。

 しかし、どうも変です。

 実は、文字で書かれた解説文の前にばかり多数の人が群がっていて、絵の前の人数はさほどでもないという妙な状況が起こっていることに気付きました。

 せっかく、ピカソの絵の現物が並んでいるというのに、それよりも文字ばかり読むといいうのは、何をやってるんだか……。

 やはり、多くの人達にはピカソの絵は難解すぎた?

 その状況を把握してからは、解説を全てすっ飛ばして絵だけ見ていくことにしました。絵を見に来たのですから、当然ですね。とはいえ、数は少ないとはいえ、絵の前の人数もじっくり見るにはやや多い感じです。ゆっくりと前の人が動くのを待つのもイヤだったので、絵の方もかなり飛ばしました。とりあえず、スケッチ的なものは私のような立場で言えば飛ばしても構わないような気がしたし、要は「数じゃない」と思ったので。

異化作用という愉悦 §

 正しい見方かどうか分かりませんが、良く知っているはずのものが、良く分からない形に展開されている絵を見ていると、「異化作用(異化効果)」が発生するのを感じられます。これは面白いと思いました。

 更に、絵の中の面白い形は、全く別の何かが描かれているかのように見えることを見出したり。新鮮で見ていて飽きない感じがありますね。

Facebook

キーワード【 川俣晶の縁側歴史と文化歴史資料館巡り
【歴史資料館巡り】の次のコンテンツ
2004年
12月
08日
伊能図の世界 あるく はかる つくる -伊能忠敬の日本図展-
3days 0 count
total 3301 count
【歴史資料館巡り】の前のコンテンツ
2004年
11月
27日
六義園
3days 0 count
total 2445 count

このサイト内の関連コンテンツ リスト

2004年
11月
17日
川俣晶の縁側過去形 本の虫入手編
マンガを解剖する 布施英利 筑摩書房
3days 0 count
total 1558 count
2004年
12月
11日
川俣晶の縁側過去形 本の虫感想編
マンガを解剖する 布施英利 筑摩書房
3days 0 count
total 2068 count

マンガを解剖する
マンガを解剖する
紀伊國屋書店

このコンテンツを書いた川俣 晶へメッセージを送る

[メッセージ送信フォームを利用する]

メッセージ送信フォームを利用することで、川俣 晶に対してメッセージを送ることができます。

この機能は、100%確実に川俣 晶へメッセージを伝達するものではなく、また、確実に川俣 晶よりの返事を得られるものではないことにご注意ください。

このコンテンツへトラックバックするためのURL

http://mag.autumn.org/tb.aspx/20041205171504
サイトの表紙【歴史資料館巡り】の表紙【歴史資料館巡り】のコンテンツ全リスト 【歴史資料館巡り】の入手全リスト 【歴史資料館巡り】のRSS1.0形式の情報このサイトの全キーワードリスト 印刷用ページ

管理者: 川俣 晶連絡先

Powered by MagSite2 Version 0.34 (Alpha-Test) Copyright (c) 2004-2018 Pie Dey.Co.,Ltd.