2005年08月04日
川俣晶の縁側技術関連執筆情報total 3684 count

やさしく読む「XML 1.0勧告」第36回 XMLとSGMLはどこが違うのか

Written By: 川俣 晶連絡先

 下記の記事が公開されました。

そういえば書き忘れたかも知れないが…… §

 XMLがSGMLのサブセットであると考えた時、決定的にXMLにあってSGMLにはない構文があります。それは、XML宣言です。上記記事から参照されているComparison of SGML and XMLにあるSGML宣言を見て分かるとおり、SGML宣言とXML宣言は全く似てすらいない別物です。

 では、XML宣言を使うとSGMLプロセサが処理できないのかというと、そうでもないようです。どうも、SGMLプロセサはXML宣言を処理命令(PI)と認識するです。

 そこから逆算して、なぜXML宣言が<?で書き始め、?>で書き終わらねばならないのか、その必然性が何となく見えてきますね。

 つまり、独自に追加される構文は、SGMLプロセサが受け入れ可能な構文でなければならないのです。

 しかし、それはSGMLプロセサが受け入れ可能という理由で規定された構文であるために、いくら処理命令(PI)と似ていようと、XMLでは処理命令(PI)として扱われません。

Facebook

このコンテンツを書いた川俣 晶へメッセージを送る

[メッセージ送信フォームを利用する]

メッセージ送信フォームを利用することで、川俣 晶に対してメッセージを送ることができます。

この機能は、100%確実に川俣 晶へメッセージを伝達するものではなく、また、確実に川俣 晶よりの返事を得られるものではないことにご注意ください。

このコンテンツへトラックバックするためのURL

http://mag.autumn.org/tb.aspx/20050804111801
サイトの表紙【技術関連執筆情報】の表紙【技術関連執筆情報】のコンテンツ全リスト 【技術関連執筆情報】の入手全リスト 【技術関連執筆情報】のRSS1.0形式の情報このサイトの全キーワードリスト 印刷用ページ

管理者: 川俣 晶連絡先

Powered by MagSite2 Version 0.36 (Alpha-Test) Copyright (c) 2004-2021 Pie Dey.Co.,Ltd.