2005年11月06日
トーノZEROアニメ感想BLOOD+total 2458 count

繰り返される! 好きな女の子の前で腕力で叩きのめされる絶望の男の子!?

Written By: トーノ・ゼロ連絡先

 謎のアニメ感想家(笑)、翼の騎士トーノZEROのアニメ感想行ってみよう!

 昨日のBLOOD+の感想。

サブタイトル §

第5話「暗い森の向こうへ」

あらすじ §

 ジョージはヤンバルに連れて行かれたことが分かります。

 カイは自分も連れて行けと言いますが、デヴィッドは足手まといだと言います。

 カイはそれが納得できず、デヴィッドは腕力でカイを叩きのめして納得させます。

 小夜達はジョージを救いにヤンバルに向かいます。

感想 §

 あああああ、これだ!

 この作品で繰り返されるのが、大好きな女の子(小夜)の前で、男らしい気持ちを徹底的に踏みにじられる男の子(カイ)というモチーフですね。

 ここまで繰り返されると、確信犯というしかないでしょう。

 しかし、これが素晴らしい!

 けして「どこかにありのままのキミを肯定してくれる誰かがいるよ。さあ、一緒に自分探しの旅に出よう」などと甘いことは、誰も言いません。カイに突きつけられるのは、徹底的に繰り返し打ちのめされる状況だけです。彼が何者かになろうとするなら、自分にはろくな努力をせずとも何かができるはずだという根拠のない子供っぽい思い込みを捨てる必要があります。

 これは、ごく当たり前の成長の儀式です。誰でも、子供が大人になる時に経験することです。それを経験せずに身体だけ大きくなっても、それは大人とは言えません。

 そして、今の世の中、そのような身体だけが大きな子供はいくらでもいるわけです。

 そのような存在は、社会のためにならないばかりか、本人にも不幸をもたらします。

 それゆえに、そういう子供になってしまわないために、いったい何が必要なのかをアニメが提示することは価値があるでしょう。

 しかし、そのような描写を描くことを避けることが多かったのが最近のアニメ、特にオタク向けのアニメということができると思います。子供っぽい万能感を打ち砕く描写よりも、それを肯定してしまう描写の方が多いということですね。

 だからこそ、高い健全性と、未来への希望をまっすぐに感じさせるという意味で、この繰り返されるモチーフはとても好ましいですね。

今回の一言 §

 つまり、真の主人公はカイということです。しかし、それだけではエンターテイメントにならないので、小夜やハジがいると思えばおそらくは作品構造の一面の理解としては外していないと思います。根拠はないですが (笑。

Facebook

キーワード【 トーノZEROアニメ感想BLOOD+
【BLOOD+】の次のコンテンツ
2005年
11月
13日
これは凄い! 異常事態の中で回復される家族という価値!?
3days 0 count
total 2224 count
【BLOOD+】の前のコンテンツ
2005年
10月
30日
ヒーローになりたい男の子の心を善意で踏みにじり続ける最強ヒロイン!?
3days 0 count
total 2505 count

このコンテンツを書いたトーノ・ゼロへメッセージを送る

[メッセージ送信フォームを利用する]

メッセージ送信フォームを利用することで、トーノ・ゼロに対してメッセージを送ることができます。

この機能は、100%確実にトーノ・ゼロへメッセージを伝達するものではなく、また、確実にトーノ・ゼロよりの返事を得られるものではないことにご注意ください。

このコンテンツへトラックバックするためのURL

http://mag.autumn.org/tb.aspx/20051106232145
サイトの表紙【BLOOD+】の表紙【BLOOD+】のコンテンツ全リスト 【BLOOD+】の入手全リスト 【BLOOD+】のRSS1.0形式の情報このサイトの全キーワードリスト 印刷用ページ

管理者: トーノ・ゼロ連絡先

Powered by MagSite2 Version 0.34 (Alpha-Test) Copyright (c) 2004-2018 Pie Dey.Co.,Ltd.