PLUTO
PLUTO
紀伊國屋書店

2006年04月02日
川俣晶の縁側過去形 本の虫感想編total 1527 count

PLUTO 3 浦沢直樹 小学館

Written By: 川俣 晶連絡先

 これは、めちゃめちゃ痛々しい差別のドラマになっていますね。

 KKK団のような覆面達も出てくるし。

 しかも、でっちあげでロボットを叩こうとしているし。

 もちろん、こいういうドラマにおいて感情移入する先は被差別側です。つまり、この作品でロボットとは、読者が感情移入する先であるということですね。

 なかなか面白い構成です。

 好きですよ、こういうのは。

 たぶん、遠野秋彦著「イーネマス!」において、主人公が仮想世界RPGのNPC(ノンプレイヤーキャラクター)の立場になるのと同じような感覚です。

Facebook

キーワード【 川俣晶の縁側過去形 本の虫感想編
【感想編】の次のコンテンツ
2006年
04月
02日
モデルグラフィクス 2006年5月号 大日本絵画
3days 0 count
total 1944 count
【感想編】の前のコンテンツ
2006年
04月
02日
金魚屋古書店 3 芳崎せいむ 小学館
3days 0 count
total 1600 count

このサイト内の関連コンテンツ リスト

2006年
03月
31日
川俣晶の縁側過去形 本の虫入手編
PLUTO 3 浦沢直樹 小学館
3days 0 count
total 1553 count

PLUTO
PLUTO
紀伊國屋書店

このコンテンツを書いた川俣 晶へメッセージを送る

[メッセージ送信フォームを利用する]

メッセージ送信フォームを利用することで、川俣 晶に対してメッセージを送ることができます。

この機能は、100%確実に川俣 晶へメッセージを伝達するものではなく、また、確実に川俣 晶よりの返事を得られるものではないことにご注意ください。

このコンテンツへトラックバックするためのURL

http://mag.autumn.org/tb.aspx/20060402024958
サイトの表紙【感想編】の表紙【感想編】のコンテンツ全リスト 【感想編】の入手全リスト 【感想編】のRSS1.0形式の情報このサイトの全キーワードリスト 印刷用ページ

管理者: 川俣 晶連絡先

Powered by MagSite2 Version 0.34 (Alpha-Test) Copyright (c) 2004-2018 Pie Dey.Co.,Ltd.