2006年07月24日
トーノZEROアニメ論私のトラウマ論total 9462 count

ガイキングのヴォーグ・アイで気付く、最近になって子供の頃のトラウマを刺激される出来事が多いのはなぜか!?

Written By: トーノ・ゼロ連絡先

 はた迷惑な「トラウマ語り」をやろう……という訳ではないのですが、どうも最近になって子供の頃のトラウマに触れるような出来事が頻発しているように感じられます。

 切っ掛けは2006年07月23日に書いたおお! ヴォーグ・アイもといスペリオル・スティンガー登場、パート3射出後の大空魔竜がハンサムに!です。ここで、グレンダイザーの「コズモスペシャル」と、大空魔竜ガイキング(旧作ガイキング)の「ヴォーグ・アイ」の名前をTVを見ながら覚えられなかったことが子供の頃のトラウマであると書いたわけです。

 ぶっちゃけ、このトラウマはほとんど意味を持ちません。意味があったのは子供の頃の話であって、子供の頃の印象深いことはなかなか忘れない……という理由で記憶に残っていたものに過ぎません。意味がないので、滅多に思い出すこともないし、それが自分の生活に関わることもありません。

 しかし、だからこそ唐突にそれを直接的に刺激されるものが目の前に予告無く出てくると平静ではいられない……という問題が起こるのかもしれません。

 ガイキング LEGEND OF DAIKU-MARYUにスペリオル・スティンガーが登場したことは、まさにそういうことなのでしょう。それによって動揺する必要は全くないのに、反射的に動揺させられてしまったということです。(より正確に言えば、トラウマを癒されてしまい、動揺したというべきでしょうか。)

それはガイキングの問題だけではない §

 しかし、考えてみると、もはや意味が無く普段は忘れているようなかつてのトラウマを刺激されるような出来事が、最近になって急に増えてきたようにも感じられます。

 たとえば、特撮映画の緯度0大作戦のDVD発売というのも、まさに特撮に関するトラウマを刺激される事件だったわけです。映像ソフト化できない映画であるがゆえに、見る機会は非常に少なく、「これは面白かったはずだ……」という過去の感想の確認ができないために、かなり悶々とさせられました。その映画のDVDが発売されるというのは、いたくトラウマを刺激されたと言えます。

日本沈没 第二部 §

 詳細は割愛しますが、小説の「日本沈没 第二部」も、同様にトラウマを刺激された部分があります。

島本須美、そして郷田ほづみ §

 声優に関しても、最近の事件があります。島本須美とは、クラリスであり、小山田真希であり、ナウシカであったりするわけですが、そこには惹かれるものがあるのにストレートに受け入れがたいトラウマがあったのは事実です。しかし、最近になって、主役ではないが主役よりももっと難しい演技を要求される役を名演でこなしていると分かりました。たとえば、シュガシュガルーンのクイーン・キャンディーですね。これも、トラウマを刺激されています。

 同様に、お笑い芸人トリオの「怪物ランド」のメンバーでありなら、無口で渋いキリコ・キュービィを演じる郷田ほづみも、印象深いにもかかわらず、うまく受け止められなかった声優です。そして、今、郷田ほづみは、私が特に注目しているアニメの1つである妖逆門で、最も注目しているキャラであるフエを演じています。

なぜ急に押し寄せてくるのか? §

 繰り返しますが、これらのトラウマは今の自分にとって、さしたる意味を持たないものです。

 しかし、トラウマを刺激される事件が、極最近になって頻発するのはなぜだろうか……と考えることには価値があるような気がします。

 世の中が一巡して、原点に立ち返りつつあるのでしょうか?

 疑問だけ書いて結論はありません。

Facebook

キーワード【 トーノZEROアニメ論私のトラウマ論
【私のトラウマ論】の次のコンテンツ
2006年
07月
25日
トラウマによる人格形成と自分の趣味の関係・そしてゲーマーを指向した理由
3days 0 count
total 2695 count
【私のトラウマ論】の前のコンテンツ
(ありません)

このコンテンツを書いたトーノ・ゼロへメッセージを送る

[メッセージ送信フォームを利用する]

メッセージ送信フォームを利用することで、トーノ・ゼロに対してメッセージを送ることができます。

この機能は、100%確実にトーノ・ゼロへメッセージを伝達するものではなく、また、確実にトーノ・ゼロよりの返事を得られるものではないことにご注意ください。

このコンテンツへトラックバックするためのURL

http://mag.autumn.org/tb.aspx/20060724151456
サイトの表紙【私のトラウマ論】の表紙【私のトラウマ論】のコンテンツ全リスト 【私のトラウマ論】の入手全リスト 【私のトラウマ論】のRSS1.0形式の情報このサイトの全キーワードリスト 印刷用ページ

管理者: トーノ・ゼロ連絡先

Powered by MagSite2 Version 0.34 (Alpha-Test) Copyright (c) 2004-2018 Pie Dey.Co.,Ltd.