2007年01月15日
トーノZEROアニメ感想妖逆門total 2764 count

鬼仮面の呪縛から解き放たれる修! 不愉快な鬼仮面の表情こそが見所!?

Written By: トーノ・ゼロ連絡先

名シーン(画像公開ポリシー)

自分がなすべきことを、しっかりと思い出した三志郎にためらいはない。不敵に笑い、自分と友のために、鋭さと慈愛に満ちた戦いを見せる。

 トーノZERO, THE BELKANアニメ感想家(笑)のアニメ感想を参ります。

 今日の妖逆門の感想。

サブタイトル §

第41話 『涙の河を越えて』

あらすじ §

 鬼の面を付け、陰の力を振るう修に、三志郎は押されます。

 しかし、清との約束(修を助ける)を思い出し、三志郎は修に語りかけます。

 自分が求める勝利がこのようなものではないと気付いた修は、クラギの撃符を捨てます。

 それを不快に思った鬼仮面は、修を抹殺しようとします。

 修の個魔のムガは、それを必死に止めようとします。修は自分の心に打ち勝ち、撃符を使ってムガを助けると共に敗者としてゲームから退場します。

 怒りに燃えた三志郎は、鬼仮面を攻撃します。

感想 §

 鬼仮面の圧倒的な力に惚れ込んだ修は、鬼仮面の力を手に入れています。

 まさに、自分の心の弱さを鬼仮面に弄ばれた感じのある彼です。

 ここで問題になるのは、彼が鬼仮面の呪縛から解放されるとき、それが外部からの強制力によって成し遂げられるのか、それとも自分で自分を解放するかです。もし、前者であれば、彼が持つ「力と完全さ」への信仰は終わらないでしょう。なぜなら、外部からの強制力とは、彼が信奉する力そのものだからです。それは、永遠に終わらない負の螺旋に落ち込む選択です。

 しかし、今回見せてくれたのは、後者の選択です。修は、三志郎の言葉や行動によって、自分の中で自分のあるべき姿を見出します。その姿と現状の違いに気付いた修は、自分で自分を解放します。そのことは、彼が語る理想像の言葉にストレートに出ています。

 実は、修はゲームには負けていますが、鬼仮面には勝ったと言えます。鬼仮面が用意したシナリオを自力で打ち破ったわけですから。他の仲間達は、経緯はあれど誰もが敗者としてゲームから退場したことと比較して、修の立場は特異的かもしれません。

 そして、仲間の中で修が最後に退場したことは、その特異的な立場ゆえのことかもしれません。

今回の一言 §

 前回からの新ED、前回とは絵が一部違うようですね。

 ロンドンの思い出が抜かれて、そこに本来あるべき絵が入った?

 それにしても、この新EDは凄く良いですね。

 ちなみに、この新EDのきみどりに触発されたのか、新ED版きみどりの絵を描いている人が幾人か見られますね。

Facebook

キーワード【 トーノZEROアニメ感想妖逆門
【妖逆門】の次のコンテンツ
2007年
01月
22日
本来ゲームで使う自分のカードに過ぎないあやかし達に土下座する三志郎!?
3days 0 count
total 3576 count
【妖逆門】の前のコンテンツ
2007年
01月
08日
クールが売りのロンドン、熱血派に転向して音痴を克服か!?
3days 0 count
total 2702 count

このコンテンツを書いたトーノ・ゼロへメッセージを送る

[メッセージ送信フォームを利用する]

メッセージ送信フォームを利用することで、トーノ・ゼロに対してメッセージを送ることができます。

この機能は、100%確実にトーノ・ゼロへメッセージを伝達するものではなく、また、確実にトーノ・ゼロよりの返事を得られるものではないことにご注意ください。

このコンテンツへトラックバックするためのURL

http://mag.autumn.org/tb.aspx/20070115224541
サイトの表紙【妖逆門】の表紙【妖逆門】のコンテンツ全リスト 【妖逆門】の入手全リスト 【妖逆門】のRSS1.0形式の情報このサイトの全キーワードリスト 印刷用ページ

管理者: トーノ・ゼロ連絡先

Powered by MagSite2 Version 0.34 (Alpha-Test) Copyright (c) 2004-2018 Pie Dey.Co.,Ltd.