2008年06月21日
川俣晶の縁側電車好き日々の京王電鉄total 6030 count

京王線桜上水駅地下通路最後の日・こんな地味な日も逃さない驚異の鉄道マニア達

Written By: 川俣 晶連絡先

 京王線桜上水駅の「南北自由通路」の工事が一段落し(全工事が終わったわけではないらしい)、2008年6月22日(初電)より使用開始となり、これに伴い駅出入り口が変更になるという張り紙が出ています。つまり、地下通路はもう使われなくなり、跨線橋形式の通路が使われるようになります。地下通路は改札を通らないと使えないのに対して、新しい通路は改札を通らずに使えます。(だから自由通路なのでしょう、たぶん)

 さて今日の帰路は、たまたま新線新宿から急行に乗ったので桜上水で下車しました。そこで、明日からもう地下通路は使えなくなるのだと気づき、何枚か写真を撮りました。

入り口 §

 駅の規模の割につつましい入り口(北口)。ちなみに、後から作られた南側はもっとつつましい。

入り口

券売機 §

 昔は定期券を買いに来たこともある場所です。

券売機

トイレ §

 改札を出る直前にあって、よくお世話になったトイレ。

トイレ

北側階段降り口 §

 ステンドグラス風の装飾があるとは、これまでずっと意識していませんでした。

北側階段降り口

地下通路を南向きに見る §

地下通路を南向きに見る

地下通路を北向きに見る §

地下通路を南向きに見る

おっとカメラを構えた人2名を発見! §

 最後の日と言っても、これといって何の式典もありません。

 駅に降りたとき、ホームの両側に9030系が止まっているという超ゴージャス風景を見られましたが、これは単なる偶然でしょう。(片方が橋本行き急行でもう片方は回送でした)

 特別な装飾もありません。

 まさか、こんな駅の地下通路最後の日を撮影するなど、たまたま通りがかった私だけだと思いきや。

 改札から出てふと見ると、カメラを構えて撮影している人が2名も。

 おそるべし、鉄道ファン。

 たかが地味な地下通路1つのために、撮影に来るというのか!

 しかも2名も!

Facebook

キーワード【 川俣晶の縁側電車好き日々の京王電鉄
【日々の京王電鉄】の次のコンテンツ
2008年
09月
01日
迷走する史料・仙川駅付近の切通しは開業当初からあったのか昭和2年に掘られたのか?
3days 0 count
total 4398 count
【日々の京王電鉄】の前のコンテンツ
2008年
06月
15日
激写! 前のめりの京王6000系!!
3days 0 count
total 2798 count

このコンテンツを書いた川俣 晶へメッセージを送る

[メッセージ送信フォームを利用する]

メッセージ送信フォームを利用することで、川俣 晶に対してメッセージを送ることができます。

この機能は、100%確実に川俣 晶へメッセージを伝達するものではなく、また、確実に川俣 晶よりの返事を得られるものではないことにご注意ください。

このコンテンツへトラックバックするためのURL

http://mag.autumn.org/tb.aspx/20080621161629
サイトの表紙【日々の京王電鉄】の表紙【日々の京王電鉄】のコンテンツ全リスト 【日々の京王電鉄】の入手全リスト 【日々の京王電鉄】のRSS1.0形式の情報このサイトの全キーワードリスト 印刷用ページ

管理者: 川俣 晶連絡先

Powered by MagSite2 Version 0.36 (Alpha-Test) Copyright (c) 2004-2021 Pie Dey.Co.,Ltd.