2008年09月01日
川俣晶の縁側電車好き日々の京王電鉄total 4398 count

迷走する史料・仙川駅付近の切通しは開業当初からあったのか昭和2年に掘られたのか?

Written By: 川俣 晶連絡先

 「旧甲州街道『滝坂』・京王線 仙川駅~つつじヶ丘駅間廃線跡」の続きです。未読の方は先にこちらを読んでください。

問題は何か §

 京王線仙川付近の切通しは開業当初からあったのか、それとも昭和2年に完成した新軌道のために作られたのか、という問題です。

史料の迷走 §

 京王帝都電鉄三十年史には関連する記述が2つありました。以下に引用します。

京王帝都電鉄三十年史 p30より

■仙川調布間の新軌道完成

 従来、仙川~調布間の軌道は、仙川を出ると切通し(現在のキューピー食品工場西側付近、大正橋西詰)からすぐ北側へカーブして甲州街道上を滝坂から金子(旧神代村役場付近)まで達すると、ここから今度は街道の北側へ出て布田不動尊付近へいたり、ここで街道南側へ移って、まっすぐ調布停車場に達していた。

(中略)

 この国道併用部分および勾配を除く工事に着手した。たまたま甲州街道の拡張工事が行われたので、これを機会に軌道を街道南側に移設して専用軌道としたのである。工事は、現在のつつじヶ丘駅付近に盛土を施し、ここに軌道を移して、仙川の西側切通しから国領までを一直線に改めた。

p239

昭和2年 12.17 烏山~調布間(5.3km)の軌道位置及び勾配変更改良工事が完成し、新線による運転を開始

 さて、この2つの記述の何が問題かと言えば、上は仙川~調布間なのに、下は烏山~調布間と食い違っている点です。この相違は極めて重要です。なぜなら、工事の対象が仙川~調布間だとすれば、烏山~仙川間の切通しの工事は行っていないことになり、言い換えれば、切通しは開業当初からあったことになるからです。しかし、烏山~調布間と解釈すれば、切通しはこの時に作ったと考えることもできます。

仙川~調布間説の長所 §

  • 公式な文書である京王帝都電鉄三十年史に、既に切通しが存在していたことを前提とする記述がある

仙川~調布間説の短所 §

  • 最初から切通しがあれば、改良を要する極端な急勾配は無かったと考えられる
  • キューピー食品工場西側で切通しから出た瞬間に曲がっていたとすると、全般的な線路のつながりが不自然である。また、現在残る線路跡らしい道路の位置と噛み合わない
  • あるいは、もっと手前から曲がっていたとすると、その間の切通しをわざわざ埋めたことになる

烏山~調布間説の長所 §

  • 理解に苦しむ不自然な要素は無くなる

烏山~調布間説の短所 §

  • 今のところ、これが正しいことを裏付ける証拠の持ち合わせがない
  • 下記推定ラインにて、キューピー仙川工場の南側のラインと路線が並行になり路線の位置を前提に工場を造ったかのようにも考えられるが、この工場の稼動開始は1951年(昭和26年)10月だそうである

補足・推定ルート §

 烏山~調布間説を採用した場合の路線の流れの推定ラインです。

余談・更に空想をたくましくするなら §

 地図を見ていて気付いたのですが、切通し北側に沿った道路が不自然です。太さが変化したり、柵があったり、キューピーの工場部分で途切れていたり。しかし、この道が開業当時の京王線の軌道跡だと考えると、スムーズにラインがつながります。

 このラインは、営業運転しながら既存の軌道を切らず、新しい路線の切通しを作ることができる配置です。その点でも、少し魅惑的ではありますが、何せ根拠となる証拠が何もありません。今のところは、単なる空想どまりです。

Facebook

キーワード【 川俣晶の縁側電車好き日々の京王電鉄
【日々の京王電鉄】の次のコンテンツ
2009年
02月
17日
明大前の自動車教習所の謎は山手急行予定路線と直結していた!?
3days 0 count
total 6295 count
【日々の京王電鉄】の前のコンテンツ
2008年
06月
21日
京王線桜上水駅地下通路最後の日・こんな地味な日も逃さない驚異の鉄道マニア達
3days 0 count
total 6029 count

このサイト内の関連コンテンツ リスト

2009年
04月
04日
写真発見・京王線仙川付近の切通しは開業当初からは無かったようだ
3days 0 count
total 3527 count
2020年
12月
12日
続・迷走する史料・仙川駅付近の切通しは開業当初からあったのか昭和2年に掘られたのか?
3days 3 count
total 1875 count

このコンテンツを書いた川俣 晶へメッセージを送る

[メッセージ送信フォームを利用する]

メッセージ送信フォームを利用することで、川俣 晶に対してメッセージを送ることができます。

この機能は、100%確実に川俣 晶へメッセージを伝達するものではなく、また、確実に川俣 晶よりの返事を得られるものではないことにご注意ください。

このコンテンツへトラックバックするためのURL

http://mag.autumn.org/tb.aspx/20080901005051
サイトの表紙【日々の京王電鉄】の表紙【日々の京王電鉄】のコンテンツ全リスト 【日々の京王電鉄】の入手全リスト 【日々の京王電鉄】のRSS1.0形式の情報このサイトの全キーワードリスト 印刷用ページ

管理者: 川俣 晶連絡先

Powered by MagSite2 Version 0.36 (Alpha-Test) Copyright (c) 2004-2021 Pie Dey.Co.,Ltd.