B005GIRMQQ
Amazon.co.jp


B0021D5ETQ
Amazon.co.jp


B00K73A2PI
Amazon.co.jp

The art of Ponyo on the cliff by the sea
The art of Ponyo on the cliff by the sea
紀伊國屋書店

2008年07月10日
トーノZEROアニメ感想崖の上のポニョtotal 3485 count

「崖の上のポニョ」を試写会見ることができた!! そして、ネットは否定的な感想で満ちあふれた!? (笑)

Written By: トーノ・ゼロ連絡先

 崖の上のポニョですが。

 友人が試写会のペア入場券をゲット成功したので、連れて行ってもらうことができました。

 しかし、感想はまだ書きません。あしからず。

 さて、ちょっと気になってポニョの試写会の感想を検索していくつか見てみましたが、絵に描いたような否定的な感想ばかりで、思わず笑ってしまいました。好意的な感想ですら、否定的なニュアンスが入り込んでいたりします。

 いや、なぜ笑ってしまったのかと言えば、これはもう毎度繰り返された宮崎作品の定番リアクションだからです。書いてる人は、「ボクの方が頭のぼけた宮崎老人なんかよりずっと賢い」と思って自分の賢さをアピールするために書いているのでしょうが、実際は新しい宮崎作品が出るごとに繰り返される「よくあるパターン」でしかありません。

 そのあたりを、過去の宮崎作品ごとに軽く振り返ってみると。

先宮崎駿紀 §

 未来少年コナン。特に序盤の段階ではみんな見てません。目立った感想も無し。

 カリオストロの城。ロードショー公開時期にはみんな見てません。目立った感想も無し。

宮崎駿紀 §

 風の谷のナウシカ。テーマが重すぎ、スカッとできず、未来少年コナンの方がずっと良かったという意見も多数。

 天空の城ラピュタ。ナウシカのような重い社会的なテーマもなくつまらない。堕落したといった意見も多数。

 となりのトトロ。ロードショー公開時期にはみんな見てません。目立った感想も無し。

 魔女の宅急便。派手な戦闘も世界の運命も失われつつある不思議な生き物もなく、まるで拍子抜け。宮崎ももう過去の人だな、的な意見も多数。

 以下略。

常に否定的文脈で初期受容される「宮崎駿」ブランド §

 つまり、「宮崎駿」ブランドは、初期の段階において、常に否定的文脈で受容されて来たと言っても過言ではありません。

 たとえば、「ラピュタの頃は良かった」などという感想が聞こえるのは珍しくありませんが、それはラピュタの頃つまり公開時にナウシカファンからどれぐらいラピュタがボロクソにこきおろされ、ダメ映画の烙印を押されたのかを知らない、あるいは忘れた感想でしかありません。

 では、なぜ「宮崎駿」は受容の初期段階において、常に否定的文脈で受容されるのでしょうか?

同じ映画を2回は作らない §

 その理由は簡単。

 宮崎駿は同じ映画を2回作らないからです。

 従って、それ以前の映画を何回見て深く理解しようとも、次の映画を理解できる助けには全くなりません。

 宮崎駿の新作映画を見るために必要なのは広範囲の知識や社会常識と、社会経験の幅広さです。

 しかし、この点を取り違えている人は珍しくありません。

 更に言えば、2回同じものを作らないというのは、クリエイターと呼ばれる人種が本来的に持つ習性であって、押井守監督や富野由悠季監督などでも同じことが言えます。たとえば、押井守監督や富野由悠季監督が、ワケ分からない変なアニメしか作らなくなって堕落した、という批判は同じ理由により的外れです。

 従って、「少なくとも宮崎作品だけに限ればオレは絶対に誰にも負けない」というタイプであればあるほど、宮崎駿の新作映画は理解不能になるという逆説が発生します。

それにも関わらず宮崎作品は受容される §

 あれほどボロクソに叩かれたラピュタが、今では好きな宮崎作品の上位にいることから分かるとおり、宮崎作品には、初期否定から積極的な受容に転換されるパターンがよく見られます。これには2つの理由があると考えられます。

  • 新しい価値観とのすり合わせが進む
  • 新しい価値観を支持する新しいファン層を獲得する

 特に重要なのが前者です。

 何回か映画を見ているうちに、突然分からなかった映画が「分かる」瞬間が訪れることがあります。この瞬間を迎えると、変化が劇的であるために深い感銘を受け、否定主義から熱心な積極肯定主義に転換することもあり得ます。しかし、それほどあっさり転換が起こるのでしょうか? それは起こります。なぜなら、宮崎映画は(たぶんハウルを除外すれば)「親切で分かりやすい」からです。難しい、説明が足りない、というのは、難しいのでも説明が足りないのでもなく、映画が語りかけてくる「情報」の受容に失敗しているだけだと考えられるからです。受容の失敗とは、たとえば、たこ焼きにはたこが入っていたのだから鯛焼きには鯛が入っていると思いこんで、鯛を期待しながら食べてしまうような行為に相当します。しかし、鯛焼きは鯛の形をしているから鯛焼きなのだと気付けば、好きになれるかもしれません。

 実は、作品の価値はここで決まると言っても過言ではありません。高く深い支持を長期的に得ることが出来れば、その作品は未来に対して「成功した」という実績を残せるのです。初期段階での否定的受容など、さほど大きな問題ではありません。

結論 §

 宮崎駿は、これほどの高齢にも関わらず、依然として若々しい映画を作っていると思いました。映画の持つ勢いは、むしろ高まっているかもしれません。凄い勢いで突っ走っています。

 その勢いは、間違いなく既存のファンを置いてきぼりにします。

 それゆえに、初期段階の否定的受容は、逆説的に宮崎駿が若々しく走り続けていることの証明となります。

 というわけで、私から言えることは以下の3つです。

  • ポニョという映画は、過去の宮崎作品に詳しければ詳しいほど理解できなくなる可能性があるよ
  • 知識や経験が豊富なら、滅多に宮崎アニメを見ない人の方がすぐ分かってしまうことがあるかもしれないよ
  • でも、分からなくてもあとから突然「分かってしまう」ことがあるかもしれない。だから、結論は急がない方がいいよ。それは君が好き(かもしれない)ラピュタの通った道だから

Facebook

崖の上のポニョ

キーワード【 トーノZEROアニメ感想崖の上のポニョ
【崖の上のポニョ】の次のコンテンツ
2008年
07月
16日
ポニョは男に都合の良い映画か? 女をモノ扱いするか? セカイ系か?
3days 0 count
total 4900 count
【崖の上のポニョ】の前のコンテンツ
(ありません)


B005GIRMQQ
Amazon.co.jp


B0021D5ETQ
Amazon.co.jp


B00K73A2PI
Amazon.co.jp

The art of Ponyo on the cliff by the sea
The art of Ponyo on the cliff by the sea
紀伊國屋書店

このコンテンツを書いたトーノ・ゼロへメッセージを送る

[メッセージ送信フォームを利用する]

メッセージ送信フォームを利用することで、トーノ・ゼロに対してメッセージを送ることができます。

この機能は、100%確実にトーノ・ゼロへメッセージを伝達するものではなく、また、確実にトーノ・ゼロよりの返事を得られるものではないことにご注意ください。

このコンテンツへトラックバックするためのURL

http://mag.autumn.org/tb.aspx/20080710142704
サイトの表紙【崖の上のポニョ】の表紙【崖の上のポニョ】のコンテンツ全リスト 【崖の上のポニョ】の入手全リスト 【崖の上のポニョ】のRSS1.0形式の情報このサイトの全キーワードリスト 印刷用ページ

管理者: トーノ・ゼロ連絡先

Powered by MagSite2 Version 0.34 (Alpha-Test) Copyright (c) 2004-2018 Pie Dey.Co.,Ltd.