2010年01月04日
川俣晶の縁側歴史と文化歴史資料館巡りtotal 2276 count

高架下初詣

Written By: 川俣 晶連絡先

 大山さんの高架下初詣に参加しました。というか、途中で抜けました。

 基本的に飯田橋から日本橋川に沿って歩こうというものです。なので、竹橋の少し先までです。写真は顔が見えにくいものを1枚。

高架下初詣

驚いた! §

 人が多いことにびっくり!

 女性も多くいますよ!

 しかし、歩いてびっくり。山ほど面白いことがあります。

 気づいたことをアトランダムに書きます。

  • 飯田町(飯田橋ではない)で鉄道の建設が一時止まるのは自然な流れである。神田川の南岸に沿って来た鉄道は、ここで分岐した日本橋川に邪魔される
  • 分岐付近で地下水路が合流している
  • 飯田町が本線からカーブしているのは日本橋川に沿ったものである
  • そのまま歩いていると、途中で最初にどこか分からなかったが、九段下だった! 既に知っている場所だった!
  • 川に沿って道があると建物は表の顔が見えるが、川に沿って道がないと建物は裏の顔になる。この裏の顔は対岸からよく見える
  • 橋脚はやはり1本や3本よりも2本足だ
  • 実は登りと下りで高さに差がある橋脚も好きだと気づいた
  • 実は橋の前後だけ部分的に石垣が残る箇所が散見された
  • 人が多いことによる移動速度の低下は予想を超える

 ちなみに、パドルさんの船に「乗せてくれ」というのを我慢するのに必死でした。

 しかしまあ、下流域は水量が多くて良いですね。神田川の下高井戸付近ではユンボが入って作業するほどの水量でしかありません。

 いずれにせよ、良い企画をありがとうございました。

Facebook

キーワード【 川俣晶の縁側歴史と文化歴史資料館巡り
【歴史資料館巡り】の次のコンテンツ
2010年
01月
10日
空川跡
3days 0 count
total 2842 count
【歴史資料館巡り】の前のコンテンツ
2009年
12月
27日
日本橋三越本店・世界遺産 アンコールワット展
3days 0 count
total 2793 count

このコンテンツを書いた川俣 晶へメッセージを送る

[メッセージ送信フォームを利用する]

メッセージ送信フォームを利用することで、川俣 晶に対してメッセージを送ることができます。

この機能は、100%確実に川俣 晶へメッセージを伝達するものではなく、また、確実に川俣 晶よりの返事を得られるものではないことにご注意ください。

このコンテンツへトラックバックするためのURL

http://mag.autumn.org/tb.aspx/20100104121854
サイトの表紙【歴史資料館巡り】の表紙【歴史資料館巡り】のコンテンツ全リスト 【歴史資料館巡り】の入手全リスト 【歴史資料館巡り】のRSS1.0形式の情報このサイトの全キーワードリスト 印刷用ページ

管理者: 川俣 晶連絡先

Powered by MagSite2 Version 0.34 (Alpha-Test) Copyright (c) 2004-2018 Pie Dey.Co.,Ltd.