2011年11月10日
川俣晶の縁側辛口甘口雑記total 2282 count

チャーハン作った記

Written By: 川俣 晶連絡先

「おいらの得意料理は何かしっているかい?」

「君は料理なんてするのかい?」

「するときはするぞ。人を何だと思ってるんだ」

「じゃあ、得意料理は何?」

「適当にあり合わせの野菜を切って油を敷いたフライパンに入れて炒めるインチキ野菜炒め」

「おいおい」

「熱いうちに食えば意外と美味いぞ」

「それが得意料理かよ」

「バリエーションもあるぞ。キムチを入れれば、インチキキムチ野菜炒め。キムチの辛みで楽しめるぞ」

「それだけかい」

「まだまだ。焼きそば。野菜を炒める際に、少し水を入れていなげやで買ってきた生麺のやきそば麺と付属の粉末を使って味を付ければあら不思議。焼きそばのできあがり」

「どこも不思議じゃない。焼きそばの作り方そものじゃないか」

「でもさ。盲点が1つあった」

「なんだいそれは?」

「実は、このときに御飯を入れたら炒飯モドキになるのではないだろうか」

「は?」

「ずっと気づかなかったが、思いついたらやってみようと思った」

「それで?」

「でも、なぜか永谷園の五目チャーハンの素を使うまともな炒飯に化けていった」

「それじゃ普通だろ」

「というわけで、野菜に御飯と五目チャーハンの素と卵1個を入れて炒めて出来上がり」

「それで味は?」

「実は凄く美味かった。炒飯を出す店は多いが実は美味い炒飯はなかなか無い。それなのに、自分で作ったなんちゃって炒飯が意外と美味かったのは予想外であった」

「なぜ美味しいのかな?」

「強い火で長めに炒めて、水分がかなり飛んだからでは無いか……と思う。べちゃべちゃしないで、カラッと仕上がった」

「そこが重要?」

「かもしれない。よく分からないけどな」

オマケ §

「意外と炒飯が好き。なので、ラーメン屋ではラーメン+半炒飯の炒飯セットのたぐいをオーダーすることがけっこう多い」

「そうか」

「でもさ。美味い炒飯を出すラーメン屋もあるけど、平凡な炒飯しか出さないラーメン屋もある。まさか、自分で(自分が美味いと思う)炒飯が作れるとは思わなかったよ」

「こんど、僕にも味見させてよ」

「他人も美味いと思うかは全く保証できないぞ。というか、結局味は永谷園の五目チャーハンそのものってことだからな」

「ぎゃふん」

Facebook

キーワード【 川俣晶の縁側辛口甘口雑記
【辛口甘口雑記】の次のコンテンツ
2011年
12月
24日
JAXA疾風伝 ~きずな~
3days 0 count
total 1892 count
【辛口甘口雑記】の前のコンテンツ
2011年
11月
09日
足は飾りじゃ無い by ジオジオ団
3days 0 count
total 2670 count

このコンテンツを書いた川俣 晶へメッセージを送る

[メッセージ送信フォームを利用する]

メッセージ送信フォームを利用することで、川俣 晶に対してメッセージを送ることができます。

この機能は、100%確実に川俣 晶へメッセージを伝達するものではなく、また、確実に川俣 晶よりの返事を得られるものではないことにご注意ください。

このコンテンツへトラックバックするためのURL

http://mag.autumn.org/tb.aspx/20111110161908
サイトの表紙【辛口甘口雑記】の表紙【辛口甘口雑記】のコンテンツ全リスト 【辛口甘口雑記】の入手全リスト 【辛口甘口雑記】のRSS1.0形式の情報このサイトの全キーワードリスト 印刷用ページ

管理者: 川俣 晶連絡先

Powered by MagSite2 Version 0.36 (Alpha-Test) Copyright (c) 2004-2021 Pie Dey.Co.,Ltd.