2011年12月30日
川俣晶の縁側過去形 本の虫感想編total 1925 count

ラッコ11号 番貝編 闘え!平帆水産株式会社第一宣伝部部長 (JUMP j BOOKS), 平丸 一也, ひなた しょう, 集英社

Written By: 川俣 晶連絡先

「実は予想以上に面白かった」

「えー。だってこれ、要するにイロモノじゃないの?」

「某コミックの作中コミックのノベライズという体裁なのだが、それは横に置いても面白かった」

「なんでだよ」

「コミックのノベライズというのは、つまらなくなるケースも多い。まあ、あまり手を出さないのはそういう理由もあるのだけどね」

「なぜつまらなくなるの?」

「表現形式が違いすぎるからだ。その違いは内容にすら影響するほどの差異をもたらす」

「何が違うんだい?」

「コミックは基本が絵だから、描けるものはすぐに説明できる。しかし、ノベルになると話が変わる。文字という一種の記号で書かれるノベルは目に見えない抽象概念を表現するのに適している」

「具体的には?」

「『彼は右から2番目の女の子が好きだ』というのは小説だと簡単だが、コミックでは簡潔に表現するのは難しい」

「それで?」

「だからさ。小説として面白かったのは、そういう問題に有自覚的でラッコ11号の内面描写が主だからだよ。読んでいて、ラッコ11号に感情移入できるのか、という点が最重要であり、それは『おかしな行動を取るラッコ11号を見て笑う』というコミック的な視点とは違うものなんだ」

「そうか」

「それを差し置いても中身は面白い。そもそもラッコ11号の得意技である腕を岩石にするという特殊能力、これがぜんぜん役に立たない。むしろ日常生活では邪魔。そもそも、ラッコ人間がなぜ存在するのかの理由も語られず、話がとてもシュール。でもさ、ラッコ11号の苦悩は本物で、感情移入可能なので、問題にならない」

「えー」

「人間は誰でも自分が産まれた理由なんて分かってないものさ。だから、それ抜きでも話は転がっていく」

「そうか」

「あとは登場人物としての吉田が面白いよね。特定の個人なのか、吉田と名乗る他の人間もそうなのか混濁しているが、そこが面白い」

「心理的な曖昧領域ってことだね」

「そうだな」

「それで、まとめるとどうなる?」

「うん。ラッコ11号は真剣に生きているのだが、結果に結びつかない。そこに笑いと悲哀がある」

「喜劇は最大の悲劇ってことだね」

Facebook

キーワード【 川俣晶の縁側過去形 本の虫感想編
【感想編】の次のコンテンツ
2012年
01月
11日
CAPTAINアリスの憂鬱
3days 0 count
total 1847 count
【感想編】の前のコンテンツ
2011年
08月
23日
中国嫁日記 一, 井上 純一, エンターブレイン
3days 0 count
total 1874 count

このサイト内の関連コンテンツ リスト

2011年
12月
29日
川俣晶の縁側歴史と文化下高井戸周辺史雑記
世田谷を自転車で走ると……
3days 0 count
total 1893 count

このコンテンツを書いた川俣 晶へメッセージを送る

[メッセージ送信フォームを利用する]

メッセージ送信フォームを利用することで、川俣 晶に対してメッセージを送ることができます。

この機能は、100%確実に川俣 晶へメッセージを伝達するものではなく、また、確実に川俣 晶よりの返事を得られるものではないことにご注意ください。

このコンテンツへトラックバックするためのURL

http://mag.autumn.org/tb.aspx/20111230115211
サイトの表紙【感想編】の表紙【感想編】のコンテンツ全リスト 【感想編】の入手全リスト 【感想編】のRSS1.0形式の情報このサイトの全キーワードリスト 印刷用ページ

管理者: 川俣 晶連絡先

Powered by MagSite2 Version 0.34 (Alpha-Test) Copyright (c) 2004-2018 Pie Dey.Co.,Ltd.