2012年04月11日
トーノZEROアニメ感想宇宙戦艦ヤマトtotal 1953 count

2199関係・朝日新聞・JRトレインチャンネル・BD販売状況etc

Written By: トーノ・ゼロ連絡先

「つまり、ヤマトが流れるまで山手線をグルグル回ってろってことだな」

「いいのかよ」

「まあるい緑の山手線はガミラスカラーだからいいのだろう」

「ぎゃふん」

『宇宙戦艦ヤマト2199』第一章 劇場限定Blu-ray 販売状況のお知らせ(4月10日午後15:00時点)より

劇場限定版Blu-ray、4月10日(火) 15:00時点の販売状況をお知らせ致します。昨日の関東・3劇場に続き、大阪、福岡が完売いたしました。

「いったい何枚作ったのか知らないが、売り切れ劇場続出というのはいい話なのだろう」

「それだけ話題性ってことだね」

「しかし困ったぞ」

「なんで?」

「第二章以降、あとからゆっくり劇場に行って買うのは難しくなった」

「予想外?」

「不良在庫の山を抱えて店主放心状態という予測が外れた」

「おーい」

「いや、本当に1974年頃はそんな状況だったぞ」

「たっぷりヤマトークナイト・第一章」 開催決定! §

「そんなイベントをやると知らないうちに売り切れていた」

「スタートダッシュ遅いよ!」

「いろいろ忙しいんだよっ!」

朝日新聞 §

愛するがゆえヤマト再び TV版リメーク「旧作磨いた」

「アニメスタジオに見学に行くようになり、そのままプロの道に入った。ヤマトに導かれて業界に入った人が40代、50代にたくさんいる。『ヤマトで転んだオレたちでヤマトにケジメをつけよう』という殺し文句で、スタッフを集めた」

「アニメのプロにならなかったので、殺し文句を聞くことはできなかった」

「それで?」

「ケジメを付けるという意味は良く分かる。実際に自分も自分に対してケリを付ける意味で、ヤマトに燃えているわけだしな。こんな文章を目にする何年も前から」

「永遠に燃える気は無いわけだね」

「1つだけ明確に分かっていることは、2199は彼らのケジメになるとしても、自分のケジメにならないこと」

「なぜケジメにならないの?」

「そうだな。たとえば自分に取っての最大の引っかかりは『ヤマトよ永遠に』にある。もし、『ヤマトよ永遠に』の優れたリメイクが出てきたら、それが一種のケジメになるのかもしれないが、今回の2199はそれではない」

「第1作至上主義には乗らないってことだね」

「そうだな。それとは別の理由として、ニュータイプエースの2199コミックににじみ出るヤマト1974の匂いは、2199とは違う世界を志向していて、そこを経由して違う世界に行けそうな気がしている」

「2199はケジメにならず、別の世界への扉になってしまうわけだね」

「2199の質量は半端ない。つぎ込まれた熱量も半端ない。それゆえに、それに触発されたヤマト語りが既に出始めていて、2199は終着駅になりそうもない」

「惑星大アンドロメダにならないってことだね」

「そのネタ、既に若い人には意味不明だろ」

「がーん」

「だからさ。2199は扉を開いたんだ。開いた扉の先に何があるのかは行ってみないとワカランのだよ」

「佐渡先生みたいだね」

「百里の道を行く者は2199里をもって半ばとせよ」

「何か違う」

「終わりは近い。我々は既に大マゼラン星雲に入っている。それは確実。しかし、最後の大波乱はまだ見えない」

「ずばり聞こう。最後の大波乱の目玉はなんだい? 酸の海? 火山脈探索? 波動砲発射? クソでもくらえ? みんな死んでいたイスカンダル?」

「藪の反乱!」

「ぎゃふん」

オマケ §

「タヌキの台詞はシナリオ集には無い。確認してきた。AR台本の表記が気になるところだが、これは入手が難しいかも知れない」

「でもなぜAR台本を気にするの?」

「持ってる人は持ってるはずだからだ」

「うーむ」

「あとは宮川彬良さんに敬意を表して台詞も耳コピで確認するしかない」

「がーん」

オマケ2 §

「そうだな。たとえば自分に取っての最大の引っかかりは『ヤマトよ永遠に』にある。もし、『ヤマトよ永遠に』の優れたリメイクが出てきたら、それが一種のケジメになるのかもしれないが、今回の2199はそれではない」

「本当に? 『ヤマトよ永遠に』だけケリが付く」

「完結編にも無念があるかも知れない……」

「それだけで済む?」

「新たなる旅立ちにも……」

「無限に続きそうだぞこりゃ」

Facebook

宇宙戦艦ヤマト

宇宙戦艦ヤマトとその時代【Kindle版電子書籍】 §

 宇宙戦艦ヤマト成立の時代背景を検証した研究書です。ブログに書いていない話題も多く収録しています。是非お読みください。Android/iPhone/iPad/Windows PCなどですぐ読めます。Webブラウザ用のリーダーもAmazonから提供されています。

同人小説(PDF形式、無料ダウンロード可能) §

小説推理サイボーグシリーズ (PDF形式、無料ダウンロード可能) §

キーワード【 トーノZEROアニメ感想宇宙戦艦ヤマト
【宇宙戦艦ヤマト】の次のコンテンツ
2012年
04月
11日
『瀕死のタヌキ』問題に一応決着
3days 0 count
total 5484 count
【宇宙戦艦ヤマト】の前のコンテンツ
2012年
04月
11日
NTエース・ヤマト2199の『擬死のタヌキ』の意味が分かった!
3days 0 count
total 3728 count
2012年04月11日
トーノZEROアニメ感想宇宙戦艦ヤマトtotal 1953 count

2199関係・朝日新聞・JRトレインチャンネル・BD販売状況etc

Written By: トーノ・ゼロ連絡先

「つまり、ヤマトが流れるまで山手線をグルグル回ってろってことだな」

「いいのかよ」

「まあるい緑の山手線はガミラスカラーだからいいのだろう」

「ぎゃふん」

『宇宙戦艦ヤマト2199』第一章 劇場限定Blu-ray 販売状況のお知らせ(4月10日午後15:00時点)より

劇場限定版Blu-ray、4月10日(火) 15:00時点の販売状況をお知らせ致します。昨日の関東・3劇場に続き、大阪、福岡が完売いたしました。

「いったい何枚作ったのか知らないが、売り切れ劇場続出というのはいい話なのだろう」

「それだけ話題性ってことだね」

「しかし困ったぞ」

「なんで?」

「第二章以降、あとからゆっくり劇場に行って買うのは難しくなった」

「予想外?」

「不良在庫の山を抱えて店主放心状態という予測が外れた」

「おーい」

「いや、本当に1974年頃はそんな状況だったぞ」

「たっぷりヤマトークナイト・第一章」 開催決定! §

「そんなイベントをやると知らないうちに売り切れていた」

「スタートダッシュ遅いよ!」

「いろいろ忙しいんだよっ!」

朝日新聞 §

愛するがゆえヤマト再び TV版リメーク「旧作磨いた」

「アニメスタジオに見学に行くようになり、そのままプロの道に入った。ヤマトに導かれて業界に入った人が40代、50代にたくさんいる。『ヤマトで転んだオレたちでヤマトにケジメをつけよう』という殺し文句で、スタッフを集めた」

「アニメのプロにならなかったので、殺し文句を聞くことはできなかった」

「それで?」

「ケジメを付けるという意味は良く分かる。実際に自分も自分に対してケリを付ける意味で、ヤマトに燃えているわけだしな。こんな文章を目にする何年も前から」

「永遠に燃える気は無いわけだね」

「1つだけ明確に分かっていることは、2199は彼らのケジメになるとしても、自分のケジメにならないこと」

「なぜケジメにならないの?」

「そうだな。たとえば自分に取っての最大の引っかかりは『ヤマトよ永遠に』にある。もし、『ヤマトよ永遠に』の優れたリメイクが出てきたら、それが一種のケジメになるのかもしれないが、今回の2199はそれではない」

「第1作至上主義には乗らないってことだね」

「そうだな。それとは別の理由として、ニュータイプエースの2199コミックににじみ出るヤマト1974の匂いは、2199とは違う世界を志向していて、そこを経由して違う世界に行けそうな気がしている」

「2199はケジメにならず、別の世界への扉になってしまうわけだね」

「2199の質量は半端ない。つぎ込まれた熱量も半端ない。それゆえに、それに触発されたヤマト語りが既に出始めていて、2199は終着駅になりそうもない」

「惑星大アンドロメダにならないってことだね」

「そのネタ、既に若い人には意味不明だろ」

「がーん」

「だからさ。2199は扉を開いたんだ。開いた扉の先に何があるのかは行ってみないとワカランのだよ」

「佐渡先生みたいだね」

「百里の道を行く者は2199里をもって半ばとせよ」

「何か違う」

「終わりは近い。我々は既に大マゼラン星雲に入っている。それは確実。しかし、最後の大波乱はまだ見えない」

「ずばり聞こう。最後の大波乱の目玉はなんだい? 酸の海? 火山脈探索? 波動砲発射? クソでもくらえ? みんな死んでいたイスカンダル?」

「藪の反乱!」

「ぎゃふん」

オマケ §

「タヌキの台詞はシナリオ集には無い。確認してきた。AR台本の表記が気になるところだが、これは入手が難しいかも知れない」

「でもなぜAR台本を気にするの?」

「持ってる人は持ってるはずだからだ」

「うーむ」

「あとは宮川彬良さんに敬意を表して台詞も耳コピで確認するしかない」

「がーん」

オマケ2 §

「そうだな。たとえば自分に取っての最大の引っかかりは『ヤマトよ永遠に』にある。もし、『ヤマトよ永遠に』の優れたリメイクが出てきたら、それが一種のケジメになるのかもしれないが、今回の2199はそれではない」

「本当に? 『ヤマトよ永遠に』だけケリが付く」

「完結編にも無念があるかも知れない……」

「それだけで済む?」

「新たなる旅立ちにも……」

「無限に続きそうだぞこりゃ」

Facebook

宇宙戦艦ヤマト

宇宙戦艦ヤマトとその時代【Kindle版電子書籍】 §

 宇宙戦艦ヤマト成立の時代背景を検証した研究書です。ブログに書いていない話題も多く収録しています。是非お読みください。Android/iPhone/iPad/Windows PCなどですぐ読めます。Webブラウザ用のリーダーもAmazonから提供されています。

同人小説(PDF形式、無料ダウンロード可能) §

小説推理サイボーグシリーズ (PDF形式、無料ダウンロード可能) §

キーワード【 トーノZEROアニメ感想宇宙戦艦ヤマト
【宇宙戦艦ヤマト】の次のコンテンツ
2012年
04月
11日
『瀕死のタヌキ』問題に一応決着
3days 0 count
total 5484 count
【宇宙戦艦ヤマト】の前のコンテンツ
2012年
04月
11日
NTエース・ヤマト2199の『擬死のタヌキ』の意味が分かった!
3days 0 count
total 3728 count
【宇宙戦艦ヤマト】のコンテンツ全リスト【宇宙戦艦ヤマト】の表紙

このコンテンツを書いたトーノ・ゼロへメッセージを送る

[メッセージ送信フォームを利用する]

メッセージ送信フォームを利用することで、トーノ・ゼロに対してメッセージを送ることができます。

この機能は、100%確実にトーノ・ゼロへメッセージを伝達するものではなく、また、確実にトーノ・ゼロよりの返事を得られるものではないことにご注意ください。

このコンテンツへトラックバックするためのURL

http://mag.autumn.org/tb.aspx/20120411155536
サイトの表紙【宇宙戦艦ヤマト】の表紙【宇宙戦艦ヤマト】のコンテンツ全リスト 【宇宙戦艦ヤマト】の入手全リスト 【宇宙戦艦ヤマト】のRSS1.0形式の情報このサイトの全キーワードリスト 印刷用ページ

管理者: トーノ・ゼロ連絡先

Powered by MagSite2 Version 0.25 (Alpha-Test) Copyright (c) 2004-2017 Pie Dey.Co.,Ltd.