2012年07月31日
トーノZEROアニメ感想宇宙戦艦ヤマトtotal 1567 count

YRA第10回感想・GetNavi9月号感想・ヤマトは餅つきしたか?

Written By: トーノ・ゼロ連絡先

「本題に入る前に別の話題を」

「なんだい?」

「これだ」

「これはポケモンじゃー。ヤマト関係ない」

「いやいや。即断するものじゃない」

「でも関係ないだろ?」

「第5回(#5)のゲストは山寺宏一さんなのだ」

「実は古代君、実はデスラー総統がゲストだったのか!」

「古代君は出てこない。デスラー総統も出てこない。でも、山ちゃんがとてつもなく芸達者であることが良く分かる」

「そうか」

「ちなみに、ポケモンの育て屋さんという話が出てくるのだが、これは『そのポケモンを演じている声優』という意味だ。でも育て屋さんがそのポケモンを持ってきたという設定で声を出してみせる」

「それが芸ってことだね」

YRA第10回感想 §

「ドラマ、コメント無し」

「トークの話題は?」

「そうだな」

  • 「29日に終わってしまったワンダーフェスティバル」って、あれは1日だけだって。コミケとは違うって
  • ヒルデ・シュルツへのラブレター(笑) トークの方もなぜかテンション高い (笑)
  • コミック増刷依頼の波動砲は撃たなかったが、依頼は熱心にされたね
  • キャラホビにも出るぞ (また幕張まで行けるか!)

「ちなみに、ヒルデの名前はワンフェスのモデラーズトークショーでも出ていた。スタッフでもかなり予想外の展開らしい」

「本当なら岬百合亜あたりに人気が来るはずなのに、どんどんずれまくりってことだね」

「安直に男の歓心を買う手法は通じなかったということだろう。そういう安直なパターンに飽きた層がヤマトに来ていると思う。ある意味で必然だ」

GetNavi9月号感想 §

「本屋に注文してあったのだ。それが届いた」

「わーい」

「BD-BOXの記事2p」

「そうか」

「でもさ。けいおんに負けた。けいおんは、表紙にタイトルが出ているし、ページ数も多かった」

「えー」

「そこだけ釈然としない」

「それなりに流行っている萌えというジャンルに負けたのだろう。ヤマトにはジャンルが無い」

「確かにヤマトにはロボットとか萌えとかいうジャンルが存在しない。孤高だ」

「それで感想は?」

「問題はもちだ」

「絵コンテを見ないと分からないもちとは?」

「森雪が第1艦橋に持ち込んだ餅のことらしい」

「えっ? 餅が出てくるの?」

「もちろんだ」

「なんていう、餅ダジャレ」

「ともかく、餅をつくシーンは無いが、餅は出てくる」

「そうか」

「ただし、シナリオには餅つきのシーンはあるし、新年の宴会シーンもある。それどころか地球の新年のシーンまである」

「へえ」

「古代と島が喧嘩なんかしてるから、尺不足で切られたんだ」

「ひ~」

もち問題を確認するために14話をBDで見た感想 §

  • コスモゼロを整備していた加藤
  • 仰角を付けるカタパルト発進
  • 機体全損・つまりヤマト艦載のコスモゼロはここで1機喪われている。だから2機以上搭載していたのは確実
  • みんな罰で掃除をしている 人間味があって愉快で楽しいシーンだよなあ
  • 「乗組員はイライラしているところだ」と言ってる沖田艦長自身がイライラしているよ
  • しまった。本編では病院船と言ってない。なぜ病院船だと思っていたのだろうか。最初のロマンアルバムに「病院船」と書いてあった。しかし、自分のロマンアルバムにはわざわざ自分で線を引いて宇宙艦に書き直してある。放送フィルムで病院船と言っていないからだ。でもいつの間にか病院船だと思っていた。謎だ

「14話は、第10話と並んで100%戦闘シーンが存在しない希有なエピソードだ」

「ガミラス艦が出てきても通過させちゃうのだよね」

「ヤマトもコスモゼロも一発も撃たない。古代と島が喧嘩するだけ」

「うん」

「だからさ。思い込みでヤマトなんか……と思っている人にはぜひこういうエピソードを見て欲しい。ドンパチ中心の劇場版とかじゃなくてさ」

「そうかい?」

「だって、罰をくらって格納庫の掃除に行ったら先客って、凄く笑えるじゃないか。楽しいぞ。人間味もある」

「ひ~」

「これって、ラピュタで厨房のシータを手伝いに行ったら既に先客がいたようなものだよな」

「変な喩えだ」

Facebook

宇宙戦艦ヤマト

宇宙戦艦ヤマトとその時代【Kindle版電子書籍】 §

 宇宙戦艦ヤマト成立の時代背景を検証した研究書です。ブログに書いていない話題も多く収録しています。是非お読みください。Android/iPhone/iPad/Windows PCなどですぐ読めます。Webブラウザ用のリーダーもAmazonから提供されています。

同人小説(PDF形式、無料ダウンロード可能) §

小説推理サイボーグシリーズ (PDF形式、無料ダウンロード可能) §

キーワード【 トーノZEROアニメ感想宇宙戦艦ヤマト
【宇宙戦艦ヤマト】の次のコンテンツ
2012年
08月
01日
宇宙戦艦ヤマトと天賞堂
3days 0 count
total 4347 count
【宇宙戦艦ヤマト】の前のコンテンツ
2012年
07月
30日
ヤマトの甲板色問題
3days 0 count
total 2602 count
2012年07月31日
トーノZEROアニメ感想宇宙戦艦ヤマトtotal 1567 count

YRA第10回感想・GetNavi9月号感想・ヤマトは餅つきしたか?

Written By: トーノ・ゼロ連絡先

「本題に入る前に別の話題を」

「なんだい?」

「これだ」

「これはポケモンじゃー。ヤマト関係ない」

「いやいや。即断するものじゃない」

「でも関係ないだろ?」

「第5回(#5)のゲストは山寺宏一さんなのだ」

「実は古代君、実はデスラー総統がゲストだったのか!」

「古代君は出てこない。デスラー総統も出てこない。でも、山ちゃんがとてつもなく芸達者であることが良く分かる」

「そうか」

「ちなみに、ポケモンの育て屋さんという話が出てくるのだが、これは『そのポケモンを演じている声優』という意味だ。でも育て屋さんがそのポケモンを持ってきたという設定で声を出してみせる」

「それが芸ってことだね」

YRA第10回感想 §

「ドラマ、コメント無し」

「トークの話題は?」

「そうだな」

  • 「29日に終わってしまったワンダーフェスティバル」って、あれは1日だけだって。コミケとは違うって
  • ヒルデ・シュルツへのラブレター(笑) トークの方もなぜかテンション高い (笑)
  • コミック増刷依頼の波動砲は撃たなかったが、依頼は熱心にされたね
  • キャラホビにも出るぞ (また幕張まで行けるか!)

「ちなみに、ヒルデの名前はワンフェスのモデラーズトークショーでも出ていた。スタッフでもかなり予想外の展開らしい」

「本当なら岬百合亜あたりに人気が来るはずなのに、どんどんずれまくりってことだね」

「安直に男の歓心を買う手法は通じなかったということだろう。そういう安直なパターンに飽きた層がヤマトに来ていると思う。ある意味で必然だ」

GetNavi9月号感想 §

「本屋に注文してあったのだ。それが届いた」

「わーい」

「BD-BOXの記事2p」

「そうか」

「でもさ。けいおんに負けた。けいおんは、表紙にタイトルが出ているし、ページ数も多かった」

「えー」

「そこだけ釈然としない」

「それなりに流行っている萌えというジャンルに負けたのだろう。ヤマトにはジャンルが無い」

「確かにヤマトにはロボットとか萌えとかいうジャンルが存在しない。孤高だ」

「それで感想は?」

「問題はもちだ」

「絵コンテを見ないと分からないもちとは?」

「森雪が第1艦橋に持ち込んだ餅のことらしい」

「えっ? 餅が出てくるの?」

「もちろんだ」

「なんていう、餅ダジャレ」

「ともかく、餅をつくシーンは無いが、餅は出てくる」

「そうか」

「ただし、シナリオには餅つきのシーンはあるし、新年の宴会シーンもある。それどころか地球の新年のシーンまである」

「へえ」

「古代と島が喧嘩なんかしてるから、尺不足で切られたんだ」

「ひ~」

もち問題を確認するために14話をBDで見た感想 §

  • コスモゼロを整備していた加藤
  • 仰角を付けるカタパルト発進
  • 機体全損・つまりヤマト艦載のコスモゼロはここで1機喪われている。だから2機以上搭載していたのは確実
  • みんな罰で掃除をしている 人間味があって愉快で楽しいシーンだよなあ
  • 「乗組員はイライラしているところだ」と言ってる沖田艦長自身がイライラしているよ
  • しまった。本編では病院船と言ってない。なぜ病院船だと思っていたのだろうか。最初のロマンアルバムに「病院船」と書いてあった。しかし、自分のロマンアルバムにはわざわざ自分で線を引いて宇宙艦に書き直してある。放送フィルムで病院船と言っていないからだ。でもいつの間にか病院船だと思っていた。謎だ

「14話は、第10話と並んで100%戦闘シーンが存在しない希有なエピソードだ」

「ガミラス艦が出てきても通過させちゃうのだよね」

「ヤマトもコスモゼロも一発も撃たない。古代と島が喧嘩するだけ」

「うん」

「だからさ。思い込みでヤマトなんか……と思っている人にはぜひこういうエピソードを見て欲しい。ドンパチ中心の劇場版とかじゃなくてさ」

「そうかい?」

「だって、罰をくらって格納庫の掃除に行ったら先客って、凄く笑えるじゃないか。楽しいぞ。人間味もある」

「ひ~」

「これって、ラピュタで厨房のシータを手伝いに行ったら既に先客がいたようなものだよな」

「変な喩えだ」

Facebook

宇宙戦艦ヤマト

宇宙戦艦ヤマトとその時代【Kindle版電子書籍】 §

 宇宙戦艦ヤマト成立の時代背景を検証した研究書です。ブログに書いていない話題も多く収録しています。是非お読みください。Android/iPhone/iPad/Windows PCなどですぐ読めます。Webブラウザ用のリーダーもAmazonから提供されています。

同人小説(PDF形式、無料ダウンロード可能) §

小説推理サイボーグシリーズ (PDF形式、無料ダウンロード可能) §

キーワード【 トーノZEROアニメ感想宇宙戦艦ヤマト
【宇宙戦艦ヤマト】の次のコンテンツ
2012年
08月
01日
宇宙戦艦ヤマトと天賞堂
3days 0 count
total 4347 count
【宇宙戦艦ヤマト】の前のコンテンツ
2012年
07月
30日
ヤマトの甲板色問題
3days 0 count
total 2602 count
【宇宙戦艦ヤマト】のコンテンツ全リスト【宇宙戦艦ヤマト】の表紙

このコンテンツを書いたトーノ・ゼロへメッセージを送る

[メッセージ送信フォームを利用する]

メッセージ送信フォームを利用することで、トーノ・ゼロに対してメッセージを送ることができます。

この機能は、100%確実にトーノ・ゼロへメッセージを伝達するものではなく、また、確実にトーノ・ゼロよりの返事を得られるものではないことにご注意ください。

このコンテンツへトラックバックするためのURL

http://mag.autumn.org/tb.aspx/20120731074833
サイトの表紙【宇宙戦艦ヤマト】の表紙【宇宙戦艦ヤマト】のコンテンツ全リスト 【宇宙戦艦ヤマト】の入手全リスト 【宇宙戦艦ヤマト】のRSS1.0形式の情報このサイトの全キーワードリスト 印刷用ページ

管理者: トーノ・ゼロ連絡先

Powered by MagSite2 Version 0.27 (Alpha-Test) Copyright (c) 2004-2018 Pie Dey.Co.,Ltd.