2013年02月23日
川俣晶の縁側歴史と文化歴史資料館巡りtotal 1219 count

ギャラリーラパン・鹿目晃一郎作品展

Written By: 川俣 晶連絡先

鹿目晃一郎作品展

「今日は、所沢に行こうかと考えていた」

「なぜ?」

「今は零戦があるから」

「行かなかった理由は?」

「エンジンを始動する日にした方が良いかなと思って。今日はコクピットを開くらしいが」

「それで原宿?」

「いや。こもりがちでは良くないと思い、実は自転車で遠出でもしようかと思っていて、等々力渓谷に行こうかと思っていた」

「そうか」

「でも、ギャラリーラパンで鹿目晃一郎作品展というものがあると知って目的地を変更した」

「どうして?」

「ギャラリーラパンという場所は前に行ったことがあるのだけど、その時は電車で行った。しかし、ここなら自転車で来られると地図を見て気付いたのだ」

「分かった。つまり、自転車による遠出という条件に合致するわけだね」

「そうそう。別に等々力渓谷は逃げないからこれでいい」

「自転車で行った感想は?」

「井の頭通りで原宿まで抜けたが、アップダウンがやたら多くて死ぬ。でもそれは既に分かっていたこと」

「じゃあ何が問題?」

「土曜の原宿は人が予想以上に多くて通過するのに凄く苦労した」

「ぎゃふん」

鹿目晃一郎作品展 §

「これはなに?」

「故人の飛行機模型の作品展だ。プロモデラーだね」

「それで?」

「第2次大戦前後の機種が多かったけれど、国籍を問わずバランス良くいろいろ作っていたようだ。特にソ連機に手を抜いていないのはいいね」

「ソ連機?」

「I-16まであったのは良かったね」

「そ、そうか」

「そうしたら隣にサーブJ21があって焦った」

「なにそれ?」

「ジェット仕様らしい」

「なんだそれ?」

「と思ったら散香まであったよ。格納庫のジオラマで、犬まで作ってあったよ」

「なぜ犬?」

「入り口脇にはシャーマンっぽい戦車もあったし、巨大な輸送機のモデルも複数あったし、非常に良かった」

「遠出した甲斐があるわけだね」

「うん。事前の予想の倍以上楽しめた」

欄干 §

「途中の原宿で遭遇した欄干」

「こういうのにお目にかかれるとは思っていなかったのだね」

欄干1

欄干2

Facebook

キーワード【 川俣晶の縁側歴史と文化歴史資料館巡り
【歴史資料館巡り】の次のコンテンツ
2013年
03月
03日
五島美術館「時代の美・第4部中国・朝鮮編」
3days 0 count
total 916 count
【歴史資料館巡り】の前のコンテンツ
2013年
02月
17日
ギャラリーゴーシュ・第11回ギャラリィ展示「長編アニメーションの名作&珍品ポスター展」
3days 0 count
total 841 count
2013年02月23日
川俣晶の縁側歴史と文化歴史資料館巡りtotal 1219 count

ギャラリーラパン・鹿目晃一郎作品展

Written By: 川俣 晶連絡先

鹿目晃一郎作品展

「今日は、所沢に行こうかと考えていた」

「なぜ?」

「今は零戦があるから」

「行かなかった理由は?」

「エンジンを始動する日にした方が良いかなと思って。今日はコクピットを開くらしいが」

「それで原宿?」

「いや。こもりがちでは良くないと思い、実は自転車で遠出でもしようかと思っていて、等々力渓谷に行こうかと思っていた」

「そうか」

「でも、ギャラリーラパンで鹿目晃一郎作品展というものがあると知って目的地を変更した」

「どうして?」

「ギャラリーラパンという場所は前に行ったことがあるのだけど、その時は電車で行った。しかし、ここなら自転車で来られると地図を見て気付いたのだ」

「分かった。つまり、自転車による遠出という条件に合致するわけだね」

「そうそう。別に等々力渓谷は逃げないからこれでいい」

「自転車で行った感想は?」

「井の頭通りで原宿まで抜けたが、アップダウンがやたら多くて死ぬ。でもそれは既に分かっていたこと」

「じゃあ何が問題?」

「土曜の原宿は人が予想以上に多くて通過するのに凄く苦労した」

「ぎゃふん」

鹿目晃一郎作品展 §

「これはなに?」

「故人の飛行機模型の作品展だ。プロモデラーだね」

「それで?」

「第2次大戦前後の機種が多かったけれど、国籍を問わずバランス良くいろいろ作っていたようだ。特にソ連機に手を抜いていないのはいいね」

「ソ連機?」

「I-16まであったのは良かったね」

「そ、そうか」

「そうしたら隣にサーブJ21があって焦った」

「なにそれ?」

「ジェット仕様らしい」

「なんだそれ?」

「と思ったら散香まであったよ。格納庫のジオラマで、犬まで作ってあったよ」

「なぜ犬?」

「入り口脇にはシャーマンっぽい戦車もあったし、巨大な輸送機のモデルも複数あったし、非常に良かった」

「遠出した甲斐があるわけだね」

「うん。事前の予想の倍以上楽しめた」

欄干 §

「途中の原宿で遭遇した欄干」

「こういうのにお目にかかれるとは思っていなかったのだね」

欄干1

欄干2

Facebook

キーワード【 川俣晶の縁側歴史と文化歴史資料館巡り
【歴史資料館巡り】の次のコンテンツ
2013年
03月
03日
五島美術館「時代の美・第4部中国・朝鮮編」
3days 0 count
total 916 count
【歴史資料館巡り】の前のコンテンツ
2013年
02月
17日
ギャラリーゴーシュ・第11回ギャラリィ展示「長編アニメーションの名作&珍品ポスター展」
3days 0 count
total 841 count
【歴史資料館巡り】のコンテンツ全リスト【歴史資料館巡り】の表紙

このコンテンツを書いた川俣 晶へメッセージを送る

[メッセージ送信フォームを利用する]

メッセージ送信フォームを利用することで、川俣 晶に対してメッセージを送ることができます。

この機能は、100%確実に川俣 晶へメッセージを伝達するものではなく、また、確実に川俣 晶よりの返事を得られるものではないことにご注意ください。

このコンテンツへトラックバックするためのURL

http://mag.autumn.org/tb.aspx/20130223161359
サイトの表紙【歴史資料館巡り】の表紙【歴史資料館巡り】のコンテンツ全リスト 【歴史資料館巡り】の入手全リスト 【歴史資料館巡り】のRSS1.0形式の情報このサイトの全キーワードリスト 印刷用ページ

管理者: 川俣 晶連絡先

Powered by MagSite2 Version 0.27 (Alpha-Test) Copyright (c) 2004-2018 Pie Dey.Co.,Ltd.