2013年03月03日
川俣晶の縁側歴史と文化歴史資料館巡りtotal 777 count

五島美術館「時代の美・第4部中国・朝鮮編」

Written By: 川俣 晶連絡先

五島美術館「時代の美・第4部中国・朝鮮編」

「やっと念願の五島美術館に行ってきた」

「なぜ五島美術館に行ったの?」

「それはね以下の2つの理由なのだ」

  • 前に行ったときは改装中で、庭園公開の日に行ってそれだけ見てきた。美術館本体を見ていない
  • その時に割引券をもらったが、2013/3/31までだった

「それだけかい」

「それに、こんなところにある美術館は1回ぐらい見ておきたいじゃないか」

「えー」

感想 §

「おおむね第1展示室が中国。大2展示室が朝鮮だった。でも、中身はまるで違った」

「というと?」

「質、量、バリエーションの幅広さ。どれを取っても中国の方がずっと上。もっとも、収集ポリシーがそうなっているだけで、だから朝鮮は見劣りするとも言えないけどね」

「歯切れが悪いね」

「そりゃそうだ。いいものを見たけれど、その印象だけで全ては割り切れない」

「君はどう行動したのだ?」

「第1展示室に行って、次に第2展示室に行って差に驚いてまた第1展示室に戻って見直ししたよ」

「他に感想は?」

「物によっては美術というよりも、考古学や歴史の領域に踏み込みそうなものもあって、面白かったよ」

庭園 §

「そして、庭園はまだ工事中で入れなかった」

「工事終わってから行けば良かったじゃないか」

「工事終わる頃には割引券の期限が切れる」

「ぎゃふん」

自転車ころころ §

「とりあえず、自転車を転がして行ってきたよ。自転車置き場もちゃんとあったから、問題は無かった」

「それで?」

「改めて気付いたけど、五島美術館って多摩美大に近いのね。環八の多摩美大交差点のあたりで曲がると五島美術館に行ける。こんなところに美術館があって誰が見に来るのかと思ったけれど、物好きの他に美大生も来そうだ」

「なるほど」

「すると謎は、静嘉堂文庫美術館の立地だな。あれは近くに美大は無い」

「なぜそこを気にする」

「自転車で行ける範囲なので」

「ぎゃふん」

Facebook

キーワード【 川俣晶の縁側歴史と文化歴史資料館巡り
【歴史資料館巡り】の次のコンテンツ
2013年
03月
09日
ギャラリー・ゴーシュ・第12回ギャラリィ展示「さようなら、お宝?セル画展」・松渓公園
3days 0 count
total 1054 count
【歴史資料館巡り】の前のコンテンツ
2013年
02月
23日
ギャラリーラパン・鹿目晃一郎作品展
3days 0 count
total 1108 count
2013年03月03日
川俣晶の縁側歴史と文化歴史資料館巡りtotal 777 count

五島美術館「時代の美・第4部中国・朝鮮編」

Written By: 川俣 晶連絡先

五島美術館「時代の美・第4部中国・朝鮮編」

「やっと念願の五島美術館に行ってきた」

「なぜ五島美術館に行ったの?」

「それはね以下の2つの理由なのだ」

  • 前に行ったときは改装中で、庭園公開の日に行ってそれだけ見てきた。美術館本体を見ていない
  • その時に割引券をもらったが、2013/3/31までだった

「それだけかい」

「それに、こんなところにある美術館は1回ぐらい見ておきたいじゃないか」

「えー」

感想 §

「おおむね第1展示室が中国。大2展示室が朝鮮だった。でも、中身はまるで違った」

「というと?」

「質、量、バリエーションの幅広さ。どれを取っても中国の方がずっと上。もっとも、収集ポリシーがそうなっているだけで、だから朝鮮は見劣りするとも言えないけどね」

「歯切れが悪いね」

「そりゃそうだ。いいものを見たけれど、その印象だけで全ては割り切れない」

「君はどう行動したのだ?」

「第1展示室に行って、次に第2展示室に行って差に驚いてまた第1展示室に戻って見直ししたよ」

「他に感想は?」

「物によっては美術というよりも、考古学や歴史の領域に踏み込みそうなものもあって、面白かったよ」

庭園 §

「そして、庭園はまだ工事中で入れなかった」

「工事終わってから行けば良かったじゃないか」

「工事終わる頃には割引券の期限が切れる」

「ぎゃふん」

自転車ころころ §

「とりあえず、自転車を転がして行ってきたよ。自転車置き場もちゃんとあったから、問題は無かった」

「それで?」

「改めて気付いたけど、五島美術館って多摩美大に近いのね。環八の多摩美大交差点のあたりで曲がると五島美術館に行ける。こんなところに美術館があって誰が見に来るのかと思ったけれど、物好きの他に美大生も来そうだ」

「なるほど」

「すると謎は、静嘉堂文庫美術館の立地だな。あれは近くに美大は無い」

「なぜそこを気にする」

「自転車で行ける範囲なので」

「ぎゃふん」

Facebook

キーワード【 川俣晶の縁側歴史と文化歴史資料館巡り
【歴史資料館巡り】の次のコンテンツ
2013年
03月
09日
ギャラリー・ゴーシュ・第12回ギャラリィ展示「さようなら、お宝?セル画展」・松渓公園
3days 0 count
total 1054 count
【歴史資料館巡り】の前のコンテンツ
2013年
02月
23日
ギャラリーラパン・鹿目晃一郎作品展
3days 0 count
total 1108 count
【歴史資料館巡り】のコンテンツ全リスト【歴史資料館巡り】の表紙

このコンテンツを書いた川俣 晶へメッセージを送る

[メッセージ送信フォームを利用する]

メッセージ送信フォームを利用することで、川俣 晶に対してメッセージを送ることができます。

この機能は、100%確実に川俣 晶へメッセージを伝達するものではなく、また、確実に川俣 晶よりの返事を得られるものではないことにご注意ください。

このコンテンツへトラックバックするためのURL

http://mag.autumn.org/tb.aspx/20130303162634
サイトの表紙【歴史資料館巡り】の表紙【歴史資料館巡り】のコンテンツ全リスト 【歴史資料館巡り】の入手全リスト 【歴史資料館巡り】のRSS1.0形式の情報このサイトの全キーワードリスト 印刷用ページ

管理者: 川俣 晶連絡先

Powered by MagSite2 Version 0.25 (Alpha-Test) Copyright (c) 2004-2017 Pie Dey.Co.,Ltd.