2013年03月03日
トーノZEROアニメ感想宇宙戦艦ヤマトtotal 1969 count

続・ヤマト2199赤い目の謎

Written By: トーノ・ゼロ連絡先

ID: 20130131091704

Subject: ヤマト2199赤い目の謎

Keyword: 【▲→トーノZERO→アニメ感想→宇宙戦艦ヤマト】

URL: http://mag.autumn.org/Content.modf?id=20130131091704

名前: トモネコ

本文:

「山本はスターレッド!」

山本は萩尾望都のスターレッドがモトネタと非常にスルドイ意見を述べているブログを発見しました。

http://bajyeto.cocolog-nifty.com/tubakiquon/2012/10/post-30c5.html

ネコ好きの方のようです。

ヤマトとネコは相性が良いですね(=^・^=)

「スターレッド!」

「知ってるの?」

「覚えてない。読んでいる可能性はあるが、ぜんぜん覚えていない」

「えー」

「というわけで、古書をオーダーしたよ」

読んだ! §

「というわけで読んだぞ。昔読んでいなかったことも良く分かった」

「それで?」

  • 火星産まれ
  • 赤い目
  • 白い髪

「まさにスター・レッドだな」

「でもね。類似点はそこで止まっちゃうの」

「というと?」

「超能力を持っているとか、そういう部分になると、急に一致が見られなくなるのだ」

「外見に限定されるわけだね」

「だから立場まで同じなのかは良く分からない」

「火星は超能力を持った火星人のものではなく、ウーダン老人の作った機械人形の世界だった可能性が高そうだね」

「ただ、最終回で火星が爆発しても驚かない……とは思う」

「なんで火星が」

「ズォーダーが月を撃ったように、デスラーが火星を破壊して威力を誇示するかもしれな「えー」

「分かった。空間磁力メッキが無い火星にデスラー砲が撃ち込まれても跳ね返せないわけだね」

スター・レッド §

「さて、スター・レッドは読み終わったけれど……。評価は難しいなあ。確かに、前半はそれなりに良い線まで行っているものの、超能力、超設定の風呂敷を広げすぎて、後半はけっこうグダグダ感が……」

「もっと率直に言うと?」

「物語の構成論の失敗例を見せられた感じ。地に足が付いていない世界観、強力すぎる主人公、無限に拡大していく行動範囲。何事もやり過ぎは良くないのだが、ほどほどに抑える事は難しい。最後はかなり強引にまとめた感も残る」

「じゃあ、どうすればいいわけ?」

「だからさ。全人類の命運が掛かった最終戦争を扱っているにも関わらずロック歌手が変なものを見て頭を抱えるような話に繰り返し回帰する山田ミネコの最終戦争シリーズのような料理方法の方が本当は良いし、長続きもする」

「それはヤマトも長続きしないってこと?」

「もしもヤマトが地に足が付いていない世界観、強力すぎる主人公、無限に拡大していく行動範囲というパターンを踏んでいくならな。しかし、お見合い写真を見せられる南部のような話をメインに据えればヤマトはまだ行ける」

若干の研究 §

「スター・レッドのアミの設定は、最終伝説シリーズのデーヴァ・ダッタの設定に似ているが、活字SFに何か元ネタがあるのでは無いかと考えた」

「それで?」

「最終伝説シリーズは1978年に冬の円盤が出ている。ただし、最終伝説シリーズは開始時点ではデーヴァ・ダッタの設定は無い。スター・レッドは1978年に連載開始だ。この少し前に精神寄生体ものが日本で出版されているのではないかと思った。最初はコリン・ウィルソンの精神寄生体かと思ったけれど時期が合わない。調べると、ハヤカワSF文庫で、1977年8月15日に謎の精神寄生体(宇宙大作戦 ジェイムズ・ブリッシュ)が出ている」

「宇宙大作戦なら、けっこう幅広く読まれている可能性があるね」

「時期的にもピタリだ」

「問題点は?」

「実はこれ読んでないから、これだっ!と言い切るには弱い」

「ぎゃふん」

「やっぱり宇宙大作戦はテレビで見られるから他のSF小説が欲しくなるじゃないか」

「欲しい本は全部買えないわけだね」

Facebook

宇宙戦艦ヤマト

宇宙戦艦ヤマトとその時代【Kindle版電子書籍】 §

 宇宙戦艦ヤマト成立の時代背景を検証した研究書です。ブログに書いていない話題も多く収録しています。是非お読みください。Android/iPhone/iPad/Windows PCなどですぐ読めます。Webブラウザ用のリーダーもAmazonから提供されています。

同人小説(PDF形式、無料ダウンロード可能) §

小説推理サイボーグシリーズ (PDF形式、無料ダウンロード可能) §

キーワード【 トーノZEROアニメ感想宇宙戦艦ヤマト
【宇宙戦艦ヤマト】の次のコンテンツ
2013年
03月
03日
空中戦艦大和艦載機建造記録その17・反省会の続き
3days 0 count
total 1478 count
【宇宙戦艦ヤマト】の前のコンテンツ
2013年
03月
02日
空中戦艦大和艦載機建造記録その16・反省会
3days 0 count
total 1431 count
2013年03月03日
トーノZEROアニメ感想宇宙戦艦ヤマトtotal 1969 count

続・ヤマト2199赤い目の謎

Written By: トーノ・ゼロ連絡先

ID: 20130131091704

Subject: ヤマト2199赤い目の謎

Keyword: 【▲→トーノZERO→アニメ感想→宇宙戦艦ヤマト】

URL: http://mag.autumn.org/Content.modf?id=20130131091704

名前: トモネコ

本文:

「山本はスターレッド!」

山本は萩尾望都のスターレッドがモトネタと非常にスルドイ意見を述べているブログを発見しました。

http://bajyeto.cocolog-nifty.com/tubakiquon/2012/10/post-30c5.html

ネコ好きの方のようです。

ヤマトとネコは相性が良いですね(=^・^=)

「スターレッド!」

「知ってるの?」

「覚えてない。読んでいる可能性はあるが、ぜんぜん覚えていない」

「えー」

「というわけで、古書をオーダーしたよ」

読んだ! §

「というわけで読んだぞ。昔読んでいなかったことも良く分かった」

「それで?」

  • 火星産まれ
  • 赤い目
  • 白い髪

「まさにスター・レッドだな」

「でもね。類似点はそこで止まっちゃうの」

「というと?」

「超能力を持っているとか、そういう部分になると、急に一致が見られなくなるのだ」

「外見に限定されるわけだね」

「だから立場まで同じなのかは良く分からない」

「火星は超能力を持った火星人のものではなく、ウーダン老人の作った機械人形の世界だった可能性が高そうだね」

「ただ、最終回で火星が爆発しても驚かない……とは思う」

「なんで火星が」

「ズォーダーが月を撃ったように、デスラーが火星を破壊して威力を誇示するかもしれな「えー」

「分かった。空間磁力メッキが無い火星にデスラー砲が撃ち込まれても跳ね返せないわけだね」

スター・レッド §

「さて、スター・レッドは読み終わったけれど……。評価は難しいなあ。確かに、前半はそれなりに良い線まで行っているものの、超能力、超設定の風呂敷を広げすぎて、後半はけっこうグダグダ感が……」

「もっと率直に言うと?」

「物語の構成論の失敗例を見せられた感じ。地に足が付いていない世界観、強力すぎる主人公、無限に拡大していく行動範囲。何事もやり過ぎは良くないのだが、ほどほどに抑える事は難しい。最後はかなり強引にまとめた感も残る」

「じゃあ、どうすればいいわけ?」

「だからさ。全人類の命運が掛かった最終戦争を扱っているにも関わらずロック歌手が変なものを見て頭を抱えるような話に繰り返し回帰する山田ミネコの最終戦争シリーズのような料理方法の方が本当は良いし、長続きもする」

「それはヤマトも長続きしないってこと?」

「もしもヤマトが地に足が付いていない世界観、強力すぎる主人公、無限に拡大していく行動範囲というパターンを踏んでいくならな。しかし、お見合い写真を見せられる南部のような話をメインに据えればヤマトはまだ行ける」

若干の研究 §

「スター・レッドのアミの設定は、最終伝説シリーズのデーヴァ・ダッタの設定に似ているが、活字SFに何か元ネタがあるのでは無いかと考えた」

「それで?」

「最終伝説シリーズは1978年に冬の円盤が出ている。ただし、最終伝説シリーズは開始時点ではデーヴァ・ダッタの設定は無い。スター・レッドは1978年に連載開始だ。この少し前に精神寄生体ものが日本で出版されているのではないかと思った。最初はコリン・ウィルソンの精神寄生体かと思ったけれど時期が合わない。調べると、ハヤカワSF文庫で、1977年8月15日に謎の精神寄生体(宇宙大作戦 ジェイムズ・ブリッシュ)が出ている」

「宇宙大作戦なら、けっこう幅広く読まれている可能性があるね」

「時期的にもピタリだ」

「問題点は?」

「実はこれ読んでないから、これだっ!と言い切るには弱い」

「ぎゃふん」

「やっぱり宇宙大作戦はテレビで見られるから他のSF小説が欲しくなるじゃないか」

「欲しい本は全部買えないわけだね」

Facebook

宇宙戦艦ヤマト

宇宙戦艦ヤマトとその時代【Kindle版電子書籍】 §

 宇宙戦艦ヤマト成立の時代背景を検証した研究書です。ブログに書いていない話題も多く収録しています。是非お読みください。Android/iPhone/iPad/Windows PCなどですぐ読めます。Webブラウザ用のリーダーもAmazonから提供されています。

同人小説(PDF形式、無料ダウンロード可能) §

小説推理サイボーグシリーズ (PDF形式、無料ダウンロード可能) §

キーワード【 トーノZEROアニメ感想宇宙戦艦ヤマト
【宇宙戦艦ヤマト】の次のコンテンツ
2013年
03月
03日
空中戦艦大和艦載機建造記録その17・反省会の続き
3days 0 count
total 1478 count
【宇宙戦艦ヤマト】の前のコンテンツ
2013年
03月
02日
空中戦艦大和艦載機建造記録その16・反省会
3days 0 count
total 1431 count
【宇宙戦艦ヤマト】のコンテンツ全リスト【宇宙戦艦ヤマト】の表紙

このサイト内の関連コンテンツ リスト

2006年
09月
12日
川俣晶の縁側過去形 本の虫感想編
シトラス学園 完全版 山本ルンルン 太田出版
3days 0 count
total 2608 count
2008年
03月
24日
川俣晶の縁側過去形 本の虫ネギま!を読む
実は作品構造的な心理表現としての必然性があった!? 「ネギま!」でパンツが見えて服が脱げる理由!!
3days 0 count
total 5558 count

このコンテンツを書いたトーノ・ゼロへメッセージを送る

[メッセージ送信フォームを利用する]

メッセージ送信フォームを利用することで、トーノ・ゼロに対してメッセージを送ることができます。

この機能は、100%確実にトーノ・ゼロへメッセージを伝達するものではなく、また、確実にトーノ・ゼロよりの返事を得られるものではないことにご注意ください。

このコンテンツへトラックバックするためのURL

http://mag.autumn.org/tb.aspx/20130303084054
サイトの表紙【宇宙戦艦ヤマト】の表紙【宇宙戦艦ヤマト】のコンテンツ全リスト 【宇宙戦艦ヤマト】の入手全リスト 【宇宙戦艦ヤマト】のRSS1.0形式の情報このサイトの全キーワードリスト 印刷用ページ

管理者: トーノ・ゼロ連絡先

Powered by MagSite2 Version 0.27 (Alpha-Test) Copyright (c) 2004-2018 Pie Dey.Co.,Ltd.