2013年08月16日
川俣晶の縁側模型局スケールモデルtotal 3526 count

1/700 アオシマ フルハル重巡洋艦摩耶の組み立て説明書の誤植など

Written By: 川俣 晶連絡先

摩耶建造中

「現在、1/700 アオシマ フルハル重巡洋艦摩耶を組んでいるが、気付いたことを書いておく」

「なんで?」

「引っかかると結構骨だからだ」

  • 説明書に書いてある部品番号95は実際には45と思われる (艦橋前面のパーツ)
  • 説明書のW34はたぶんW43
  • 説明書16の段階で高角砲を2つだけ付けているが、17の段階では6基全部付いてる。おそらく、16の段階で高角砲は全て付けて良い (つまり6個付けておく)
  • 付属の展示用ベースの突起部を差し込む穴が艦底に空いていない。穴を開けることそのものはピンバイス等を使えば簡単だが、細かいパーツを付けた後だと壊れやすい。船体を左右合わせた時点で開けておくと良いのだろう

「他には?」

「艦橋には透明パーツを入れることになるので、先に塗ったパーツを組んだ方がいい」

「君はそうしたの?」

「いや、塗る前に組んでしまったので、けっこうしんどいぞ」

「透明パーツは塗らず普通のパーツは塗らねばならないわけだね」

「それから喫水線に塗り分けのガイド線がモールドされているわけでは無いので、思い切りが必要だ」

「なるほど」

「あと小林誠さんからTwitterでいくつかのアドバイスがあったので、それも検索すると参考になるかも知れない」

「でもさ。組めるわけだろ?」

「うん」

「ならさ。パーツ番号の間違いとかは意識しないで、正しく合うパーツを組んで行けばいいんじゃないの?」

「それはNGだ」

「なぜ?」

「実は未使用パーツが大量に出るからだ」

「なんで?」

「同型艦との共通ランナーや、WLモデルとの共通ランナーがあるからだ。信じられるか? ランナーにはWLの艦底パーツまで付いているんだぞ。こいつはフルハルモデルで付けられる場所が無いのにだぞ」

「えーっ」

「似たようなパーツが複数存在することもあるので、どれを使うのかは間違えないようにしたい」

感想 §

「買ってがっかりした?」

「いや、楽しかったぞ」

「いいのかよ、これで」

「2回も3回も同じことをやりたいわけではないが、けっこう良い刺激であった」

「どこが良かったの?」

「説明書のミスを2つ見つけた時点で、3つあれば本物だと思ったが、しばらく出てこなかったのでこれで終わりかと思ったら3つめが出てきてのけぞった。こいつは本物だ」

「でも間違いだろ?」

「ズベズダのオリョーノクA-90なんて、箱絵と説明書の色が食い違っているどころか、実は箱側面の完成写真には色も塗っていなければデカールも貼ってない。ぜんぜん参考にならないぞ!」

「おそロシアっ!」

Facebook

キーワード【 川俣晶の縁側模型局スケールモデル
【スケールモデル】の次のコンテンツ
2013年
08月
23日
米海軍は小さな護衛空母で九六陸攻並の機体を運用していたのか!?
3days 0 count
total 1280 count
【スケールモデル】の前のコンテンツ
2013年
05月
14日
完成品模型の引き取り手募集【1/72第2次大戦の日本軍機ほぼ全て】
3days 0 count
total 1655 count

このサイト内の関連コンテンツ リスト

2014年
01月
19日
摩耶とガトー
3days 0 count
total 1333 count
2014年
02月
28日
トーノZEROアニメ感想宇宙戦艦ヤマト
一連三段空母機動部隊・未だ七色星団は見えず
3days 0 count
total 1550 count
2015年
11月
25日
ズベズダ 1/144 A-90 オリョーノク 半飛行式高速艦
3days 0 count
total 1041 count
2013年08月16日
川俣晶の縁側模型局スケールモデルtotal 3526 count

1/700 アオシマ フルハル重巡洋艦摩耶の組み立て説明書の誤植など

Written By: 川俣 晶連絡先

摩耶建造中

「現在、1/700 アオシマ フルハル重巡洋艦摩耶を組んでいるが、気付いたことを書いておく」

「なんで?」

「引っかかると結構骨だからだ」

  • 説明書に書いてある部品番号95は実際には45と思われる (艦橋前面のパーツ)
  • 説明書のW34はたぶんW43
  • 説明書16の段階で高角砲を2つだけ付けているが、17の段階では6基全部付いてる。おそらく、16の段階で高角砲は全て付けて良い (つまり6個付けておく)
  • 付属の展示用ベースの突起部を差し込む穴が艦底に空いていない。穴を開けることそのものはピンバイス等を使えば簡単だが、細かいパーツを付けた後だと壊れやすい。船体を左右合わせた時点で開けておくと良いのだろう

「他には?」

「艦橋には透明パーツを入れることになるので、先に塗ったパーツを組んだ方がいい」

「君はそうしたの?」

「いや、塗る前に組んでしまったので、けっこうしんどいぞ」

「透明パーツは塗らず普通のパーツは塗らねばならないわけだね」

「それから喫水線に塗り分けのガイド線がモールドされているわけでは無いので、思い切りが必要だ」

「なるほど」

「あと小林誠さんからTwitterでいくつかのアドバイスがあったので、それも検索すると参考になるかも知れない」

「でもさ。組めるわけだろ?」

「うん」

「ならさ。パーツ番号の間違いとかは意識しないで、正しく合うパーツを組んで行けばいいんじゃないの?」

「それはNGだ」

「なぜ?」

「実は未使用パーツが大量に出るからだ」

「なんで?」

「同型艦との共通ランナーや、WLモデルとの共通ランナーがあるからだ。信じられるか? ランナーにはWLの艦底パーツまで付いているんだぞ。こいつはフルハルモデルで付けられる場所が無いのにだぞ」

「えーっ」

「似たようなパーツが複数存在することもあるので、どれを使うのかは間違えないようにしたい」

感想 §

「買ってがっかりした?」

「いや、楽しかったぞ」

「いいのかよ、これで」

「2回も3回も同じことをやりたいわけではないが、けっこう良い刺激であった」

「どこが良かったの?」

「説明書のミスを2つ見つけた時点で、3つあれば本物だと思ったが、しばらく出てこなかったのでこれで終わりかと思ったら3つめが出てきてのけぞった。こいつは本物だ」

「でも間違いだろ?」

「ズベズダのオリョーノクA-90なんて、箱絵と説明書の色が食い違っているどころか、実は箱側面の完成写真には色も塗っていなければデカールも貼ってない。ぜんぜん参考にならないぞ!」

「おそロシアっ!」

Facebook

キーワード【 川俣晶の縁側模型局スケールモデル
【スケールモデル】の次のコンテンツ
2013年
08月
23日
米海軍は小さな護衛空母で九六陸攻並の機体を運用していたのか!?
3days 0 count
total 1280 count
【スケールモデル】の前のコンテンツ
2013年
05月
14日
完成品模型の引き取り手募集【1/72第2次大戦の日本軍機ほぼ全て】
3days 0 count
total 1655 count
【スケールモデル】のコンテンツ全リスト【スケールモデル】の表紙

このサイト内の関連コンテンツ リスト

2014年
01月
19日
摩耶とガトー
3days 0 count
total 1333 count
2014年
02月
28日
トーノZEROアニメ感想宇宙戦艦ヤマト
一連三段空母機動部隊・未だ七色星団は見えず
3days 0 count
total 1550 count
2015年
11月
25日
ズベズダ 1/144 A-90 オリョーノク 半飛行式高速艦
3days 0 count
total 1041 count

このコンテンツを書いた川俣 晶へメッセージを送る

[メッセージ送信フォームを利用する]

メッセージ送信フォームを利用することで、川俣 晶に対してメッセージを送ることができます。

この機能は、100%確実に川俣 晶へメッセージを伝達するものではなく、また、確実に川俣 晶よりの返事を得られるものではないことにご注意ください。

このコンテンツへトラックバックするためのURL

http://mag.autumn.org/tb.aspx/20130816002126
サイトの表紙【スケールモデル】の表紙【スケールモデル】のコンテンツ全リスト 【スケールモデル】の入手全リスト 【スケールモデル】のRSS1.0形式の情報このサイトの全キーワードリスト 印刷用ページ

管理者: 川俣 晶連絡先

Powered by MagSite2 Version 0.27 (Alpha-Test) Copyright (c) 2004-2018 Pie Dey.Co.,Ltd.