2013年08月25日
トーノZEROアニメ感想宇宙戦艦ヤマトtotal 1688 count

ヤマトモデラー宴会で考えたこと

Written By: トーノ・ゼロ連絡先

「ヤマト公開初日には、ヤマトモデラーが集まった宴会に参加して午前中から一緒にビールを飲んだ」

「それで?」

「ヤマトモデラーは、普通のヤマトファンとはまた少し違う人種だなと思った」

「それが本題?」

「いや」

  • つまみはガミラス海産物 (実は店も海産物の店だった)
  • でも自分は緑の宇宙戦艦ヤマトを持って行った
  • 机上にコンロが置いてある居酒屋だったので、シュルツ艦が炙らせそうになった。シュルツ大佐と共に! (違
  • 実は隣の席にいた集団も第七章から流れたと思われるヤマトファン集団だった

「それで?」

「この一覧の流れで1つ分かったことがある」

「緑の宇宙戦艦ヤマトを気にしている人が多い。実は隣の席の集団にその場にあった模型をいろいろ見せたのだが、『緑の宇宙戦艦ヤマトの人』と自分が名指しされてしまった。けっこう、見ず知らずの人が自分のことを『緑の宇宙戦艦ヤマトの人』として意識しているらしい。不思議な話だが、インパクトがあるようだ」

「なぜだと思う?」

「実はね。緑に塗った戦艦大和は珍しくない。そういう作例を堂々と掲載している戦艦大和のムック本も見たことがある。実際には緑ではないらしいのだけどね」

「じゃあ、なんで宇宙戦艦ヤマトになると状況が違うわけ?」

「うん、そこだ」

「そこがどうした」

「だからさ。戦艦大和と宇宙戦艦ヤマトはつながっているという認識は必ずしも正しくない」

「えっ? なんで?」

「宇宙戦艦ヤマトが最初からあった世代は、戦艦大和に興味があるとは限らない」

「なるほど」

「結局さ。その断絶さが分かった。戦艦大和の世界なら艦底緑はかなりありふれていて、食玩の既製品にすら存在するわけだ」

「ショックガン?」

「食玩だっ!」

「でも、ヤマト世界になると、緑という可能性は認識されていないのだね?」

「だからさ。『ベテラン艦船モデラーが作ったのかと思った』という感想も出てくるわけだ。ヤマトモデラーの発想ではない」

「でも、ベテラン艦船モデラーなら普通に発想する範囲内なのだね?」

「そういうことになる。何の飛躍も無い」

オマケ §

「模型で無くていいなら、自分よりも先に艦底を緑にした事例を見つけたぞ」

「ヤマトの下半分が緑だ……。でも何かが違う」

「でもね。緑色の艦底説は、2007年の当時からあったことは確認できる」

「ネタにされているわけだね」

「でも、なんで空母が緑なの?」

「迷彩だ。旧日本海軍の緑の空母は珍しくないぞ」

「緑の空母で真珠湾攻撃したのは見たこと無いよ」

「大戦後期の迷彩らしい。良くは知らないがな」

Facebook

宇宙戦艦ヤマト

宇宙戦艦ヤマトとその時代【Kindle版電子書籍】 §

 宇宙戦艦ヤマト成立の時代背景を検証した研究書です。ブログに書いていない話題も多く収録しています。是非お読みください。Android/iPhone/iPad/Windows PCなどですぐ読めます。Webブラウザ用のリーダーもAmazonから提供されています。

同人小説(PDF形式、無料ダウンロード可能) §

小説推理サイボーグシリーズ (PDF形式、無料ダウンロード可能) §

キーワード【 トーノZEROアニメ感想宇宙戦艦ヤマト
【宇宙戦艦ヤマト】の次のコンテンツ
2013年
08月
26日
第七章で脳内に聞こえた真田の台詞【ネタバレ注意】
3days 0 count
total 1900 count
【宇宙戦艦ヤマト】の前のコンテンツ
2013年
08月
24日
第七章プレミアムナイト感想【ネタバレ注意】
3days 0 count
total 3970 count
2013年08月25日
トーノZEROアニメ感想宇宙戦艦ヤマトtotal 1688 count

ヤマトモデラー宴会で考えたこと

Written By: トーノ・ゼロ連絡先

「ヤマト公開初日には、ヤマトモデラーが集まった宴会に参加して午前中から一緒にビールを飲んだ」

「それで?」

「ヤマトモデラーは、普通のヤマトファンとはまた少し違う人種だなと思った」

「それが本題?」

「いや」

  • つまみはガミラス海産物 (実は店も海産物の店だった)
  • でも自分は緑の宇宙戦艦ヤマトを持って行った
  • 机上にコンロが置いてある居酒屋だったので、シュルツ艦が炙らせそうになった。シュルツ大佐と共に! (違
  • 実は隣の席にいた集団も第七章から流れたと思われるヤマトファン集団だった

「それで?」

「この一覧の流れで1つ分かったことがある」

「緑の宇宙戦艦ヤマトを気にしている人が多い。実は隣の席の集団にその場にあった模型をいろいろ見せたのだが、『緑の宇宙戦艦ヤマトの人』と自分が名指しされてしまった。けっこう、見ず知らずの人が自分のことを『緑の宇宙戦艦ヤマトの人』として意識しているらしい。不思議な話だが、インパクトがあるようだ」

「なぜだと思う?」

「実はね。緑に塗った戦艦大和は珍しくない。そういう作例を堂々と掲載している戦艦大和のムック本も見たことがある。実際には緑ではないらしいのだけどね」

「じゃあ、なんで宇宙戦艦ヤマトになると状況が違うわけ?」

「うん、そこだ」

「そこがどうした」

「だからさ。戦艦大和と宇宙戦艦ヤマトはつながっているという認識は必ずしも正しくない」

「えっ? なんで?」

「宇宙戦艦ヤマトが最初からあった世代は、戦艦大和に興味があるとは限らない」

「なるほど」

「結局さ。その断絶さが分かった。戦艦大和の世界なら艦底緑はかなりありふれていて、食玩の既製品にすら存在するわけだ」

「ショックガン?」

「食玩だっ!」

「でも、ヤマト世界になると、緑という可能性は認識されていないのだね?」

「だからさ。『ベテラン艦船モデラーが作ったのかと思った』という感想も出てくるわけだ。ヤマトモデラーの発想ではない」

「でも、ベテラン艦船モデラーなら普通に発想する範囲内なのだね?」

「そういうことになる。何の飛躍も無い」

オマケ §

「模型で無くていいなら、自分よりも先に艦底を緑にした事例を見つけたぞ」

「ヤマトの下半分が緑だ……。でも何かが違う」

「でもね。緑色の艦底説は、2007年の当時からあったことは確認できる」

「ネタにされているわけだね」

「でも、なんで空母が緑なの?」

「迷彩だ。旧日本海軍の緑の空母は珍しくないぞ」

「緑の空母で真珠湾攻撃したのは見たこと無いよ」

「大戦後期の迷彩らしい。良くは知らないがな」

Facebook

宇宙戦艦ヤマト

宇宙戦艦ヤマトとその時代【Kindle版電子書籍】 §

 宇宙戦艦ヤマト成立の時代背景を検証した研究書です。ブログに書いていない話題も多く収録しています。是非お読みください。Android/iPhone/iPad/Windows PCなどですぐ読めます。Webブラウザ用のリーダーもAmazonから提供されています。

同人小説(PDF形式、無料ダウンロード可能) §

小説推理サイボーグシリーズ (PDF形式、無料ダウンロード可能) §

キーワード【 トーノZEROアニメ感想宇宙戦艦ヤマト
【宇宙戦艦ヤマト】の次のコンテンツ
2013年
08月
26日
第七章で脳内に聞こえた真田の台詞【ネタバレ注意】
3days 0 count
total 1900 count
【宇宙戦艦ヤマト】の前のコンテンツ
2013年
08月
24日
第七章プレミアムナイト感想【ネタバレ注意】
3days 0 count
total 3970 count
【宇宙戦艦ヤマト】のコンテンツ全リスト【宇宙戦艦ヤマト】の表紙

このコンテンツを書いたトーノ・ゼロへメッセージを送る

[メッセージ送信フォームを利用する]

メッセージ送信フォームを利用することで、トーノ・ゼロに対してメッセージを送ることができます。

この機能は、100%確実にトーノ・ゼロへメッセージを伝達するものではなく、また、確実にトーノ・ゼロよりの返事を得られるものではないことにご注意ください。

このコンテンツへトラックバックするためのURL

http://mag.autumn.org/tb.aspx/20130825082902
サイトの表紙【宇宙戦艦ヤマト】の表紙【宇宙戦艦ヤマト】のコンテンツ全リスト 【宇宙戦艦ヤマト】の入手全リスト 【宇宙戦艦ヤマト】のRSS1.0形式の情報このサイトの全キーワードリスト 印刷用ページ

管理者: トーノ・ゼロ連絡先

Powered by MagSite2 Version 0.27 (Alpha-Test) Copyright (c) 2004-2018 Pie Dey.Co.,Ltd.