2013年10月13日
トーノZEROアニメ感想宇宙戦艦ヤマトtotal 2014 count

ヤマト2199第七章BD感想その1

Written By: トーノ・ゼロ連絡先

「厳密に言うと新作カットとそうではないカットの区別は明瞭では無い」

「なぜ?」

「上映版は入手不可能だし、TV放送版と付き合わせた訳でも無い。というか、もう『これからは彼らの時代です』なのだから、若いもんが海に飛び込んで比較を行うべきだ。まあ実際にいくつか付き合わせるとTV放送版でもそうだったカットもあるし」

「ひ~」

「その前提で言えば見たことが無いカットがかなり増えていた気がする」

「たとえば?」

「ヤーブ・スケルジの出番が増えていた気がする」

  • 劇場上映版 画面登場回数0(たぶん)
  • TV放送版 画面登場回数1(たぶん) (音声の出番を入れると2回。たぶん)
  • BD版 画面登場回数2(たぶん)

「リテイクが多かったわけだね」

「しかし25話の最初には完全な新作シーンが入っていて、とてもリテイクと言って済ませられるレベルじゃない」

「どんなシーン?」

「佐渡の部屋に入り浸るアナライザーとか。プライベートに艦長室で沖田と話をする古代とか」

「全般的にはどうだい?」

「おそらく、劇場版に向けてスタッフもテンションを上げているところなのだろう。板から熱気が伝わってくるぜ」

「それだけ?」

「第七章の上映時期は早すぎたかも知れない」

「TV放送の都合を考えると、あれより遅くするのは難しいよ」

「確かにそうだ。不可抗力であって、先延ばしは無理だけど、無理を承知で言えば早すぎた」

ナイトメア §

「というわけで、劇場公開版、TV放送版、BD版の3つが全くの別物になってしまった。しかも、OP、ED、次回予告の有無というレベルではない。この悪夢はどう乗り切ればいいのか。しかも、劇場公開版を論じる方法は記憶以外に無い」

「どうするの?」

「『これからは彼らの時代です』と言って年寄りは逃げる」

オマケ §

「デウスーラとゲール艦隊の背後に何かもやもやとしたものが描いてあったよね? 水の惑星としかいいようがない球体。まさかアクエリアス?」

「さあ」

オマケ2 §

「つくばの出番だ」

「それって何でつくばって断言できるの? 別の搭載艇かも知れないじゃないか」

「だって、船体に大きく名前が書いてあったから!」

「ぎゃふん」

オマケIII §

「ついに森雪は不味いコーヒーを淹れた。林も同席。島ははっきり不味さを表明」

「やったね。それでこそ森雪」

「ついに森雪のキャラクター性が完成された」

「スカートめくりはいいの?」

「それはまた別の話だ」

Facebook

宇宙戦艦ヤマト

宇宙戦艦ヤマトとその時代【Kindle版電子書籍】 §

 宇宙戦艦ヤマト成立の時代背景を検証した研究書です。ブログに書いていない話題も多く収録しています。是非お読みください。Android/iPhone/iPad/Windows PCなどですぐ読めます。Webブラウザ用のリーダーもAmazonから提供されています。

同人小説(PDF形式、無料ダウンロード可能) §

小説推理サイボーグシリーズ (PDF形式、無料ダウンロード可能) §

キーワード【 トーノZEROアニメ感想宇宙戦艦ヤマト
【宇宙戦艦ヤマト】の次のコンテンツ
2013年
10月
14日
第七章絵コンテ感想・けっこうビックリ
3days 0 count
total 1414 count
【宇宙戦艦ヤマト】の前のコンテンツ
2013年
10月
12日
見た前、今我々の目の前に第七章BDがある
3days 0 count
total 1337 count
2013年10月13日
トーノZEROアニメ感想宇宙戦艦ヤマトtotal 2014 count

ヤマト2199第七章BD感想その1

Written By: トーノ・ゼロ連絡先

「厳密に言うと新作カットとそうではないカットの区別は明瞭では無い」

「なぜ?」

「上映版は入手不可能だし、TV放送版と付き合わせた訳でも無い。というか、もう『これからは彼らの時代です』なのだから、若いもんが海に飛び込んで比較を行うべきだ。まあ実際にいくつか付き合わせるとTV放送版でもそうだったカットもあるし」

「ひ~」

「その前提で言えば見たことが無いカットがかなり増えていた気がする」

「たとえば?」

「ヤーブ・スケルジの出番が増えていた気がする」

  • 劇場上映版 画面登場回数0(たぶん)
  • TV放送版 画面登場回数1(たぶん) (音声の出番を入れると2回。たぶん)
  • BD版 画面登場回数2(たぶん)

「リテイクが多かったわけだね」

「しかし25話の最初には完全な新作シーンが入っていて、とてもリテイクと言って済ませられるレベルじゃない」

「どんなシーン?」

「佐渡の部屋に入り浸るアナライザーとか。プライベートに艦長室で沖田と話をする古代とか」

「全般的にはどうだい?」

「おそらく、劇場版に向けてスタッフもテンションを上げているところなのだろう。板から熱気が伝わってくるぜ」

「それだけ?」

「第七章の上映時期は早すぎたかも知れない」

「TV放送の都合を考えると、あれより遅くするのは難しいよ」

「確かにそうだ。不可抗力であって、先延ばしは無理だけど、無理を承知で言えば早すぎた」

ナイトメア §

「というわけで、劇場公開版、TV放送版、BD版の3つが全くの別物になってしまった。しかも、OP、ED、次回予告の有無というレベルではない。この悪夢はどう乗り切ればいいのか。しかも、劇場公開版を論じる方法は記憶以外に無い」

「どうするの?」

「『これからは彼らの時代です』と言って年寄りは逃げる」

オマケ §

「デウスーラとゲール艦隊の背後に何かもやもやとしたものが描いてあったよね? 水の惑星としかいいようがない球体。まさかアクエリアス?」

「さあ」

オマケ2 §

「つくばの出番だ」

「それって何でつくばって断言できるの? 別の搭載艇かも知れないじゃないか」

「だって、船体に大きく名前が書いてあったから!」

「ぎゃふん」

オマケIII §

「ついに森雪は不味いコーヒーを淹れた。林も同席。島ははっきり不味さを表明」

「やったね。それでこそ森雪」

「ついに森雪のキャラクター性が完成された」

「スカートめくりはいいの?」

「それはまた別の話だ」

Facebook

宇宙戦艦ヤマト

宇宙戦艦ヤマトとその時代【Kindle版電子書籍】 §

 宇宙戦艦ヤマト成立の時代背景を検証した研究書です。ブログに書いていない話題も多く収録しています。是非お読みください。Android/iPhone/iPad/Windows PCなどですぐ読めます。Webブラウザ用のリーダーもAmazonから提供されています。

同人小説(PDF形式、無料ダウンロード可能) §

小説推理サイボーグシリーズ (PDF形式、無料ダウンロード可能) §

キーワード【 トーノZEROアニメ感想宇宙戦艦ヤマト
【宇宙戦艦ヤマト】の次のコンテンツ
2013年
10月
14日
第七章絵コンテ感想・けっこうビックリ
3days 0 count
total 1414 count
【宇宙戦艦ヤマト】の前のコンテンツ
2013年
10月
12日
見た前、今我々の目の前に第七章BDがある
3days 0 count
total 1337 count
【宇宙戦艦ヤマト】のコンテンツ全リスト【宇宙戦艦ヤマト】の表紙

このコンテンツを書いたトーノ・ゼロへメッセージを送る

[メッセージ送信フォームを利用する]

メッセージ送信フォームを利用することで、トーノ・ゼロに対してメッセージを送ることができます。

この機能は、100%確実にトーノ・ゼロへメッセージを伝達するものではなく、また、確実にトーノ・ゼロよりの返事を得られるものではないことにご注意ください。

このコンテンツへトラックバックするためのURL

http://mag.autumn.org/tb.aspx/20131013084235
サイトの表紙【宇宙戦艦ヤマト】の表紙【宇宙戦艦ヤマト】のコンテンツ全リスト 【宇宙戦艦ヤマト】の入手全リスト 【宇宙戦艦ヤマト】のRSS1.0形式の情報このサイトの全キーワードリスト 印刷用ページ

管理者: トーノ・ゼロ連絡先

Powered by MagSite2 Version 0.25 (Alpha-Test) Copyright (c) 2004-2017 Pie Dey.Co.,Ltd.