2013年10月18日
トーノZEROアニメ感想宇宙戦艦ヤマトtotal 1238 count

零戦黒雲一家・オーディオコメンタリーにヤマトは出てくるか?

Written By: トーノ・ゼロ連絡先

  • 2回さらば宇宙戦艦ヤマトに言及された
  • 命の大切さを描く厭戦映画であって、さらば宇宙戦艦ヤマトにつながる

「厭戦映画という切り口はなるほどと思う」

「さらば宇宙戦艦ヤマトの本質は厭戦映画だってこと? けっこう好戦的だよ」

「それは実はちょっと違うんだよ」

「は?」

「厭戦とは、戦争を嫌うこと。好戦とは戦闘を好むこと」

「つまり、ヤマトに当てはめるとどうなるの?」

  • 防衛会議 戦争をやりたい そのためには人を犠牲にしてもよい
  • 古代 人助けをしたい そのための戦闘は辞さない

「なるほど。ポイントが違うわけだね」

「古代の戦いは常に手段としての戦いだ。しかし防衛会議は作った軍艦を使いたいから戦争を望む。目的になってしまっている」

オマケ §

「あ、そうか。零戦黒雲一家だと隊長の着任時に着陸する隊長機を対空機銃が曳光弾で撃ってしまうんだ」

「それで?」

「それは、飛来したコスモタイガーをパルスレーザーの砲身が追尾する描写は同じことなのか」

「えー」

「バンクするところまでおなじ」

オマケ2 §

「おいらは世界を広げたいので、零戦黒雲一家を見ることの重要度はヤマトにも負けない。天秤で釣り合ってしまう」

「ヤマトから派生した興味だろ?」

「しかし、本物のガトー級が見られる映画だぞ。しかも、瀬戸内海方面で苦労して撮った話もオーディオコメンタリーに入っていた。それは面白い話だ」

「じゃあ、ガトー級とヤマトがそこにあって選ぶ必要があるならどっちを選ぶ?」

「ガトー級」

「即答だね」

「そうさ。ガトー級は本当に世界有数の日本商船隊を滅ぶ寸前まで追い込んだ本物の脅威だ。しかし、ヤマトは結局架空の存在だ」

「じゃあUボートとUX-01なら?」

「Uボート」

「カール・デーニッツとガル・ディッツなら?」

「メルダ嬢ちゃん」

「……」

オマケIII §

「日本アニメーション文化財団からDMが来た。そういうのが来る立場になったのか。ただし、宛先の名前が間違っていたけど」

「アドレス管理がなってない?」

「いや、住所氏名を把握された理由はギャラリィゴーシュで名簿に名前を書いたことだけなのだろうが、その時に書いた字が汚かったのだろう」

「ぎゃふん」

「まあ、もりやすじの画集などの宣伝を送ってくるなら悪くは無いな」

「それでいいの?」

「名劇ロッキーチャック派の心には届いた」

オマケ2199 §

名前: トモネコ

本文:

おつかれ様です。

首都圏、台風直撃のようですね!

どうかお気お付け下さい

m(__)m

新潟で小林先生VS西原先生!

http://www.niigata-animemangafes.com/saibara.html

小林まこと先生で小林誠先生とは違います!

おさわがせしました(汗)

ヤマトの小説はキンドルでしょうか?

トーノ、川俣、遠野様の電子書籍のために真剣にキンドル検討中です。

私のケータイはらくらくフォンなのでキンドル購入しか無いかと・・

「まことに紛らわしいですな」

「まことに音だけでは区別が出来ませぬ」

「ところで検索したらもっと面白いぞ」

「なに?」

  • 小林 まこと(こばやし まこと、1958年5月13日 - )は、日本の漫画家。新潟県新潟市出身。本名は小林誠。

「本名を持ち出すと、もっと区別ができませぬ」

「ところで、君のヤマトの小説はキンドルフォーマットになる予定?」

「たぶん、ならないだろう」

「なんで?」

「オフィシャルの許可を取らないとヤマトの名前は使えないだろうが、おそらくヤマトの小説ならうちがやりますという出版社がそれこそ殺到していることだと思う。それに、ノベライズはかくあって欲しいというオフィシャル側の要望もあるだろう」

「その心は?」

「同人小説としてやるしかなかろう」

「その場合は?」

「なんでもありだから、Kindleは要らないだろう」

「Amazonでは売れなくて良いの?」

「同人扱いなら、他の配布ルートがいくらでもある」

「もし、オフィシャルが名前使っていいよと言ったら?」

「たぶんそれは無いし、仮にあったら『この媒体で』という指定も付いてくるだろうから、悩むだけ無駄」

「それは無いと言い切る根拠は?」

「相手も人間だから何が起こるか分からないという話はさておき、今彼らが欲しいのはヤマト2199グッズだろう。しかし自分が書いているのはヤマト1974の小説でしかもおそらく過去の前例が無いぐらい異質なヤマト物語だ」

「ひ~」

Facebook

宇宙戦艦ヤマト

宇宙戦艦ヤマトとその時代【Kindle版電子書籍】 §

 宇宙戦艦ヤマト成立の時代背景を検証した研究書です。ブログに書いていない話題も多く収録しています。是非お読みください。Android/iPhone/iPad/Windows PCなどですぐ読めます。Webブラウザ用のリーダーもAmazonから提供されています。

同人小説(PDF形式、無料ダウンロード可能) §

小説推理サイボーグシリーズ (PDF形式、無料ダウンロード可能) §

キーワード【 トーノZEROアニメ感想宇宙戦艦ヤマト
【宇宙戦艦ヤマト】の次のコンテンツ
2013年
10月
19日
ヤマトの副砲問題
3days 0 count
total 1484 count
【宇宙戦艦ヤマト】の前のコンテンツ
2013年
10月
16日
感想・スケールアヴィエーション2013年11月号・空中戦艦大和の出番があった!
3days 0 count
total 1760 count
2013年10月18日
トーノZEROアニメ感想宇宙戦艦ヤマトtotal 1238 count

零戦黒雲一家・オーディオコメンタリーにヤマトは出てくるか?

Written By: トーノ・ゼロ連絡先

  • 2回さらば宇宙戦艦ヤマトに言及された
  • 命の大切さを描く厭戦映画であって、さらば宇宙戦艦ヤマトにつながる

「厭戦映画という切り口はなるほどと思う」

「さらば宇宙戦艦ヤマトの本質は厭戦映画だってこと? けっこう好戦的だよ」

「それは実はちょっと違うんだよ」

「は?」

「厭戦とは、戦争を嫌うこと。好戦とは戦闘を好むこと」

「つまり、ヤマトに当てはめるとどうなるの?」

  • 防衛会議 戦争をやりたい そのためには人を犠牲にしてもよい
  • 古代 人助けをしたい そのための戦闘は辞さない

「なるほど。ポイントが違うわけだね」

「古代の戦いは常に手段としての戦いだ。しかし防衛会議は作った軍艦を使いたいから戦争を望む。目的になってしまっている」

オマケ §

「あ、そうか。零戦黒雲一家だと隊長の着任時に着陸する隊長機を対空機銃が曳光弾で撃ってしまうんだ」

「それで?」

「それは、飛来したコスモタイガーをパルスレーザーの砲身が追尾する描写は同じことなのか」

「えー」

「バンクするところまでおなじ」

オマケ2 §

「おいらは世界を広げたいので、零戦黒雲一家を見ることの重要度はヤマトにも負けない。天秤で釣り合ってしまう」

「ヤマトから派生した興味だろ?」

「しかし、本物のガトー級が見られる映画だぞ。しかも、瀬戸内海方面で苦労して撮った話もオーディオコメンタリーに入っていた。それは面白い話だ」

「じゃあ、ガトー級とヤマトがそこにあって選ぶ必要があるならどっちを選ぶ?」

「ガトー級」

「即答だね」

「そうさ。ガトー級は本当に世界有数の日本商船隊を滅ぶ寸前まで追い込んだ本物の脅威だ。しかし、ヤマトは結局架空の存在だ」

「じゃあUボートとUX-01なら?」

「Uボート」

「カール・デーニッツとガル・ディッツなら?」

「メルダ嬢ちゃん」

「……」

オマケIII §

「日本アニメーション文化財団からDMが来た。そういうのが来る立場になったのか。ただし、宛先の名前が間違っていたけど」

「アドレス管理がなってない?」

「いや、住所氏名を把握された理由はギャラリィゴーシュで名簿に名前を書いたことだけなのだろうが、その時に書いた字が汚かったのだろう」

「ぎゃふん」

「まあ、もりやすじの画集などの宣伝を送ってくるなら悪くは無いな」

「それでいいの?」

「名劇ロッキーチャック派の心には届いた」

オマケ2199 §

名前: トモネコ

本文:

おつかれ様です。

首都圏、台風直撃のようですね!

どうかお気お付け下さい

m(__)m

新潟で小林先生VS西原先生!

http://www.niigata-animemangafes.com/saibara.html

小林まこと先生で小林誠先生とは違います!

おさわがせしました(汗)

ヤマトの小説はキンドルでしょうか?

トーノ、川俣、遠野様の電子書籍のために真剣にキンドル検討中です。

私のケータイはらくらくフォンなのでキンドル購入しか無いかと・・

「まことに紛らわしいですな」

「まことに音だけでは区別が出来ませぬ」

「ところで検索したらもっと面白いぞ」

「なに?」

  • 小林 まこと(こばやし まこと、1958年5月13日 - )は、日本の漫画家。新潟県新潟市出身。本名は小林誠。

「本名を持ち出すと、もっと区別ができませぬ」

「ところで、君のヤマトの小説はキンドルフォーマットになる予定?」

「たぶん、ならないだろう」

「なんで?」

「オフィシャルの許可を取らないとヤマトの名前は使えないだろうが、おそらくヤマトの小説ならうちがやりますという出版社がそれこそ殺到していることだと思う。それに、ノベライズはかくあって欲しいというオフィシャル側の要望もあるだろう」

「その心は?」

「同人小説としてやるしかなかろう」

「その場合は?」

「なんでもありだから、Kindleは要らないだろう」

「Amazonでは売れなくて良いの?」

「同人扱いなら、他の配布ルートがいくらでもある」

「もし、オフィシャルが名前使っていいよと言ったら?」

「たぶんそれは無いし、仮にあったら『この媒体で』という指定も付いてくるだろうから、悩むだけ無駄」

「それは無いと言い切る根拠は?」

「相手も人間だから何が起こるか分からないという話はさておき、今彼らが欲しいのはヤマト2199グッズだろう。しかし自分が書いているのはヤマト1974の小説でしかもおそらく過去の前例が無いぐらい異質なヤマト物語だ」

「ひ~」

Facebook

宇宙戦艦ヤマト

宇宙戦艦ヤマトとその時代【Kindle版電子書籍】 §

 宇宙戦艦ヤマト成立の時代背景を検証した研究書です。ブログに書いていない話題も多く収録しています。是非お読みください。Android/iPhone/iPad/Windows PCなどですぐ読めます。Webブラウザ用のリーダーもAmazonから提供されています。

同人小説(PDF形式、無料ダウンロード可能) §

小説推理サイボーグシリーズ (PDF形式、無料ダウンロード可能) §

キーワード【 トーノZEROアニメ感想宇宙戦艦ヤマト
【宇宙戦艦ヤマト】の次のコンテンツ
2013年
10月
19日
ヤマトの副砲問題
3days 0 count
total 1484 count
【宇宙戦艦ヤマト】の前のコンテンツ
2013年
10月
16日
感想・スケールアヴィエーション2013年11月号・空中戦艦大和の出番があった!
3days 0 count
total 1760 count
【宇宙戦艦ヤマト】のコンテンツ全リスト【宇宙戦艦ヤマト】の表紙

このコンテンツを書いたトーノ・ゼロへメッセージを送る

[メッセージ送信フォームを利用する]

メッセージ送信フォームを利用することで、トーノ・ゼロに対してメッセージを送ることができます。

この機能は、100%確実にトーノ・ゼロへメッセージを伝達するものではなく、また、確実にトーノ・ゼロよりの返事を得られるものではないことにご注意ください。

このコンテンツへトラックバックするためのURL

http://mag.autumn.org/tb.aspx/20131018075905
サイトの表紙【宇宙戦艦ヤマト】の表紙【宇宙戦艦ヤマト】のコンテンツ全リスト 【宇宙戦艦ヤマト】の入手全リスト 【宇宙戦艦ヤマト】のRSS1.0形式の情報このサイトの全キーワードリスト 印刷用ページ

管理者: トーノ・ゼロ連絡先

Powered by MagSite2 Version 0.25 (Alpha-Test) Copyright (c) 2004-2017 Pie Dey.Co.,Ltd.