2014年04月18日
トーノZEROアニメ感想宇宙戦艦ヤマトtotal 1141 count

ゼーリックの敵は何者か・なぜギムレーはゼーリックの敵か?

Written By: トーノ・ゼロ連絡先

「ゼーリックの人物評価が進んだぞ」

「なんだよ」

「あのね。ゼーリックの思想がより良く分かってきた」

「具体的に言うと何?」

「ゼーリックの敵と味方はこうなる」

ゼーリックの敵 §

  • デスラー
  • ドメル
  • ギムレー
  • セレステラ

ゼーリックの味方 §

  • ゲール (しかし、錯覚だった)

何が分かるのか §

「ゼーリックはオルタリア人とガトランティス人の女を囲っている」

「うん」

「だからね。ゼーリックはオルタリア人とガトランティス人に害をなす者は嫌いなんだ。女の機嫌が悪くなるからね」

「えっ?」

「オルタリアを殲滅したギムレーは気にくわない。だから『意気軒昂であろう』と言ってしまう。更にガトランティス艦隊を殲滅してきたドメルも気にくわない。だから、ゼーリックはギムレーもドメルも嫌い。そう思うと、すっきり解釈ができる」

「でもさ。純血主義じゃん」

「ゼーリックの純血主義は、実は血統による統治の思想なのだ。だから厳密に言うと以下のようになる」

  • 統治者は純血ガミラス人であるべきだ

「ならオルタリア人は殺してもいいじゃん」

「ダメなんだ。統治者は被統治者があってこそ統治者なんだ。だからゼーリックの思想において、異民族蛮族とは帰順させて統治すべき者なんだ。ドメルのように戦って撃退するのは耐えがたい愚行なのだ」

「ひ~」

「つまりだな。ゼーリック思想において戦闘は悪なんだよ」

「でもさ。大艦巨砲主義のゼルグード級はゼーリックが作らせたものなんだろう?」

「だからさ。あれは殲滅のための兵器ではなく、相手の戦意を奪うための兵器なんだよ。力のシンボルになるような巨大兵器は、戦うための道具じゃない。象徴なんだ」

「つまりなに?」

「戦艦一隻じゃ戦争には勝てない。でもね、威圧して抑止する力にはなれる」

「じゃあ、なんでゼーリックはデスラーが嫌いなんだよ」

「デスラーはさ、ガミラスをスターシャの道具に作り替えようとしていたわけで、そういう意味でゼーリックの思想に反する。ゼーリック思想において、ガミラス人が頂点に立たねばならない」

「ああ、分かったぞ。ガミラス人が頂点に立たねばならないって言ってしまった時点でゼーリックは悪者に見えるけど、他民族をむやみに殺そうとしないという意味ではとても穏健なんだ」

「そうだ。殲滅しちゃうギムレーとは違う」

「それで、そこから何が分かるの?」

「娯楽のためにガトランティス人を殺すレプタポーダの所長はゼーリック系ではない」

「そうか」

「むしろ、反乱勢力の方がゼーリック系と言える」

「なんで?」

「反ギムレーだからさ」

「反乱勢力はディッツを親分に担いだけど、ゼーリックの敵じゃないの?」

「それがゼーリック死後の話だ。どうもディッツはUX-01を勝手に動かしたことで収監されたように見えるのだが、そうだとすると収監させたのはデスラーの意志だ。つまり、反デスラー側に行ってしまった」

「えー」

「結果的に現実主義者のディッツはゼーリックと思想的に似ていたことになる」

「でもさ。ガミラスを無敵と讃えるゼーリックに、ディッツは油断は禁物と突っ込んでいるよ」

「でも、実は同じものを見ているのだ」

「えー、ホントかよ」

「無敵ガミラス今いずこ」

「それはハイニ」

「だからね。ハイニと同じものをゼーリックとディッツは見ている訳だ。何とかしないとガミラスは救えない」

「それで?」

「ハイニは所詮下っ端。ディッツは兜の緒をして戦う必要があると認識しているが、今のままではダメだと思っている。ゼーリックは無敵ガミラス神話があるうちに蛮族を帰順させて統治システムに組み込むべきだと思っている」

「それで?」

「だからね。頃合いであるな、とゼーリックが言うときオルタリア人とガトランティス人の女が一緒にいる。ゼーリックの理想世界は、あくまでガミラスが統治する世界であって、異民族がいない世界ではない」

「でも、ゼーリックだって殺すじゃないか」

「実はね。ゼーリックが殺そうとした相手はガミラス人ばかりなのだ。デスラー、ドメル、艦隊の同士討ち」

「えっ?」

「理由は良く分からないけどね。実はガミラス人だけは死んでも構わない態度を取っている」

「それってどういうことだい?」

「実はね。ゲールの振る舞いはそういう意味でゼーリック流ではなく、デスラー流に近い。2等ガミラス人をガンガンいじめるのはゼーリック流じゃない」

「えー」

「だから、最初からゲールはゼーリックを裏切る運命にあったとも言える。流儀の違いを理解せずにゼーリックに取り入ったゲールは失敗」

「じゃあ、デスラーに取り入ったゲールは成功?」

「結局死ぬから失敗」

「ひ~」

Facebook

宇宙戦艦ヤマト

宇宙戦艦ヤマトとその時代【Kindle版電子書籍】 §

 宇宙戦艦ヤマト成立の時代背景を検証した研究書です。ブログに書いていない話題も多く収録しています。是非お読みください。Android/iPhone/iPad/Windows PCなどですぐ読めます。Webブラウザ用のリーダーもAmazonから提供されています。

同人小説(PDF形式、無料ダウンロード可能) §

小説推理サイボーグシリーズ (PDF形式、無料ダウンロード可能) §

キーワード【 トーノZEROアニメ感想宇宙戦艦ヤマト
【宇宙戦艦ヤマト】の次のコンテンツ
2014年
04月
19日
ヤマト2199はスルーされるエアポケット現象をいかに回避して成功したのか
3days 0 count
total 926 count
【宇宙戦艦ヤマト】の前のコンテンツ
2014年
04月
17日
ヤマト2199第14話の夢の中で飛んでいた飛行機の設定資料はあるのか無いのか
3days 0 count
total 821 count
2014年04月18日
トーノZEROアニメ感想宇宙戦艦ヤマトtotal 1141 count

ゼーリックの敵は何者か・なぜギムレーはゼーリックの敵か?

Written By: トーノ・ゼロ連絡先

「ゼーリックの人物評価が進んだぞ」

「なんだよ」

「あのね。ゼーリックの思想がより良く分かってきた」

「具体的に言うと何?」

「ゼーリックの敵と味方はこうなる」

ゼーリックの敵 §

  • デスラー
  • ドメル
  • ギムレー
  • セレステラ

ゼーリックの味方 §

  • ゲール (しかし、錯覚だった)

何が分かるのか §

「ゼーリックはオルタリア人とガトランティス人の女を囲っている」

「うん」

「だからね。ゼーリックはオルタリア人とガトランティス人に害をなす者は嫌いなんだ。女の機嫌が悪くなるからね」

「えっ?」

「オルタリアを殲滅したギムレーは気にくわない。だから『意気軒昂であろう』と言ってしまう。更にガトランティス艦隊を殲滅してきたドメルも気にくわない。だから、ゼーリックはギムレーもドメルも嫌い。そう思うと、すっきり解釈ができる」

「でもさ。純血主義じゃん」

「ゼーリックの純血主義は、実は血統による統治の思想なのだ。だから厳密に言うと以下のようになる」

  • 統治者は純血ガミラス人であるべきだ

「ならオルタリア人は殺してもいいじゃん」

「ダメなんだ。統治者は被統治者があってこそ統治者なんだ。だからゼーリックの思想において、異民族蛮族とは帰順させて統治すべき者なんだ。ドメルのように戦って撃退するのは耐えがたい愚行なのだ」

「ひ~」

「つまりだな。ゼーリック思想において戦闘は悪なんだよ」

「でもさ。大艦巨砲主義のゼルグード級はゼーリックが作らせたものなんだろう?」

「だからさ。あれは殲滅のための兵器ではなく、相手の戦意を奪うための兵器なんだよ。力のシンボルになるような巨大兵器は、戦うための道具じゃない。象徴なんだ」

「つまりなに?」

「戦艦一隻じゃ戦争には勝てない。でもね、威圧して抑止する力にはなれる」

「じゃあ、なんでゼーリックはデスラーが嫌いなんだよ」

「デスラーはさ、ガミラスをスターシャの道具に作り替えようとしていたわけで、そういう意味でゼーリックの思想に反する。ゼーリック思想において、ガミラス人が頂点に立たねばならない」

「ああ、分かったぞ。ガミラス人が頂点に立たねばならないって言ってしまった時点でゼーリックは悪者に見えるけど、他民族をむやみに殺そうとしないという意味ではとても穏健なんだ」

「そうだ。殲滅しちゃうギムレーとは違う」

「それで、そこから何が分かるの?」

「娯楽のためにガトランティス人を殺すレプタポーダの所長はゼーリック系ではない」

「そうか」

「むしろ、反乱勢力の方がゼーリック系と言える」

「なんで?」

「反ギムレーだからさ」

「反乱勢力はディッツを親分に担いだけど、ゼーリックの敵じゃないの?」

「それがゼーリック死後の話だ。どうもディッツはUX-01を勝手に動かしたことで収監されたように見えるのだが、そうだとすると収監させたのはデスラーの意志だ。つまり、反デスラー側に行ってしまった」

「えー」

「結果的に現実主義者のディッツはゼーリックと思想的に似ていたことになる」

「でもさ。ガミラスを無敵と讃えるゼーリックに、ディッツは油断は禁物と突っ込んでいるよ」

「でも、実は同じものを見ているのだ」

「えー、ホントかよ」

「無敵ガミラス今いずこ」

「それはハイニ」

「だからね。ハイニと同じものをゼーリックとディッツは見ている訳だ。何とかしないとガミラスは救えない」

「それで?」

「ハイニは所詮下っ端。ディッツは兜の緒をして戦う必要があると認識しているが、今のままではダメだと思っている。ゼーリックは無敵ガミラス神話があるうちに蛮族を帰順させて統治システムに組み込むべきだと思っている」

「それで?」

「だからね。頃合いであるな、とゼーリックが言うときオルタリア人とガトランティス人の女が一緒にいる。ゼーリックの理想世界は、あくまでガミラスが統治する世界であって、異民族がいない世界ではない」

「でも、ゼーリックだって殺すじゃないか」

「実はね。ゼーリックが殺そうとした相手はガミラス人ばかりなのだ。デスラー、ドメル、艦隊の同士討ち」

「えっ?」

「理由は良く分からないけどね。実はガミラス人だけは死んでも構わない態度を取っている」

「それってどういうことだい?」

「実はね。ゲールの振る舞いはそういう意味でゼーリック流ではなく、デスラー流に近い。2等ガミラス人をガンガンいじめるのはゼーリック流じゃない」

「えー」

「だから、最初からゲールはゼーリックを裏切る運命にあったとも言える。流儀の違いを理解せずにゼーリックに取り入ったゲールは失敗」

「じゃあ、デスラーに取り入ったゲールは成功?」

「結局死ぬから失敗」

「ひ~」

Facebook

宇宙戦艦ヤマト

宇宙戦艦ヤマトとその時代【Kindle版電子書籍】 §

 宇宙戦艦ヤマト成立の時代背景を検証した研究書です。ブログに書いていない話題も多く収録しています。是非お読みください。Android/iPhone/iPad/Windows PCなどですぐ読めます。Webブラウザ用のリーダーもAmazonから提供されています。

同人小説(PDF形式、無料ダウンロード可能) §

小説推理サイボーグシリーズ (PDF形式、無料ダウンロード可能) §

キーワード【 トーノZEROアニメ感想宇宙戦艦ヤマト
【宇宙戦艦ヤマト】の次のコンテンツ
2014年
04月
19日
ヤマト2199はスルーされるエアポケット現象をいかに回避して成功したのか
3days 0 count
total 926 count
【宇宙戦艦ヤマト】の前のコンテンツ
2014年
04月
17日
ヤマト2199第14話の夢の中で飛んでいた飛行機の設定資料はあるのか無いのか
3days 0 count
total 821 count
【宇宙戦艦ヤマト】のコンテンツ全リスト【宇宙戦艦ヤマト】の表紙

このコンテンツを書いたトーノ・ゼロへメッセージを送る

[メッセージ送信フォームを利用する]

メッセージ送信フォームを利用することで、トーノ・ゼロに対してメッセージを送ることができます。

この機能は、100%確実にトーノ・ゼロへメッセージを伝達するものではなく、また、確実にトーノ・ゼロよりの返事を得られるものではないことにご注意ください。

このコンテンツへトラックバックするためのURL

http://mag.autumn.org/tb.aspx/20140418083601
サイトの表紙【宇宙戦艦ヤマト】の表紙【宇宙戦艦ヤマト】のコンテンツ全リスト 【宇宙戦艦ヤマト】の入手全リスト 【宇宙戦艦ヤマト】のRSS1.0形式の情報このサイトの全キーワードリスト 印刷用ページ

管理者: トーノ・ゼロ連絡先

Powered by MagSite2 Version 0.25 (Alpha-Test) Copyright (c) 2004-2017 Pie Dey.Co.,Ltd.