新幹線大爆破
新幹線大爆破
New ¥ 2,104円
Amazon.co.jp

新幹線大爆破 [DVD]
新幹線大爆破 [DVD]
Used ¥ 1,116円
New ¥ 29,000円
Amazon.co.jp

新幹線大爆破 [DVD]
新幹線大爆破 [DVD]
Used ¥ 1,709円
New ¥ 2,647円
Amazon.co.jp

2014年04月22日
トーノZERO映画感想total 1961 count

感想・映画「新幹線大爆破」【ネタバレ注意】

Written By: トーノ・ゼロ連絡先

「うわ、すんごい面白い映画だ」

「えー」

「152分と長いのに、長さを感じさせない映画だ」

「見始めたときの感想は?」

「昭和のトッキュウジャー。安直な企画に見えて、かなりマニアック」

「どこがマニアックなんだ?」

「いきなり96がタブレット交換してる。東池袋の都電。寄居方面は秩父鉄道方面で、志村方面は都営三田線方面。あの辺の高架の三田線の駅の雰囲気がよく出ていたよ」

「じゃあ最後まで見ての感想は?」

「これはね。新幹線の映画じゃないの。犯罪者の映画なの」

「えー」

「新幹線の出番はあまり多くないの」

「本当に?」

「だからね。犯罪者のシーンがとても多いし、新幹線が止まっても映画が続くの」

「えー」

「結局さ。犯罪者の沖田と、運転指令室長が両方とも主人公なんだよ。そして、2人とも人を殺す決断をして敗者になる。実はそういう意味で、警察こそが真の悪であり、理不尽な社会の象徴なのだ。実は良心的な沖田と運転指令室長は同じ世界に住んでいて、理不尽な社会に向かい合って敗北する。敵対していながら同じ世界に住んでいるのは面白いドラマ的な特徴だし、これは好きだ。コミック版のキャプテンハーロック的な結末だ」

「ひ~」

「最後にね、国外逃亡直前になってあっさり射殺されて死んでいく沖田。これがまたいい。あまりにも無情だ」

「無情なのにいいのか?」

「無情なのがいいのだ」

トッキュウジャー問題再び §

「トッキュウジャーの理解にはこれを見る必要があったのだ」

「どういうことだい?」

「WikiPediaの引用だ」

烈車戦隊トッキュウジャー

2014年(平成26年)に放送された東映製作の特撮作品。第8話の「レインボーライン大爆破」でバクダンシャドーがトッキュウ1号の攻撃により倒されるが、のちに烈車に異常事態が発生し、バクダンシャドーの分身により烈車のブレーキがかからなくなり、トカッチに爆弾が仕掛けられ、揺らしたりすると爆発するという。止めるには分身を捕まえ、スイッチを止めなければならない。その中で車掌役の関根勤が千葉真一(青木運転士)の物真似をしていた。

「実際どうなんだい?」

「確かにいつもと雰囲気が違う演技をしていたよ、関根さん。あれが新幹線大爆破の運転士の真似だったのだ」

オマケ §

「沖田が人を殺す決心をしたって?」

「仲間が死ぬときに名乗り出ない。見殺しにしているんだ」

「運転指令室長が人を殺す決心をしたって?」

「死ぬかも知れないことを分かっていながら列車を止める指令を出したんだ」

Facebook

キーワード【 トーノZERO映画感想
【映画感想】の次のコンテンツ
2014年
04月
25日
感想・映画「地震列島」
3days 0 count
total 652 count
【映画感想】の前のコンテンツ
2014年
04月
08日
感想・映画「THE NEXT GENERATION パトレイバー第一章」
3days 0 count
total 1014 count

このサイト内の関連コンテンツ リスト

2014年
04月
25日
川俣晶の縁側歴史と文化下高井戸周辺史雑記
映画の新幹線大爆破は何が凄いのか
3days 0 count
total 863 count
2014年04月22日
トーノZERO映画感想total 1961 count

感想・映画「新幹線大爆破」【ネタバレ注意】

Written By: トーノ・ゼロ連絡先

「うわ、すんごい面白い映画だ」

「えー」

「152分と長いのに、長さを感じさせない映画だ」

「見始めたときの感想は?」

「昭和のトッキュウジャー。安直な企画に見えて、かなりマニアック」

「どこがマニアックなんだ?」

「いきなり96がタブレット交換してる。東池袋の都電。寄居方面は秩父鉄道方面で、志村方面は都営三田線方面。あの辺の高架の三田線の駅の雰囲気がよく出ていたよ」

「じゃあ最後まで見ての感想は?」

「これはね。新幹線の映画じゃないの。犯罪者の映画なの」

「えー」

「新幹線の出番はあまり多くないの」

「本当に?」

「だからね。犯罪者のシーンがとても多いし、新幹線が止まっても映画が続くの」

「えー」

「結局さ。犯罪者の沖田と、運転指令室長が両方とも主人公なんだよ。そして、2人とも人を殺す決断をして敗者になる。実はそういう意味で、警察こそが真の悪であり、理不尽な社会の象徴なのだ。実は良心的な沖田と運転指令室長は同じ世界に住んでいて、理不尽な社会に向かい合って敗北する。敵対していながら同じ世界に住んでいるのは面白いドラマ的な特徴だし、これは好きだ。コミック版のキャプテンハーロック的な結末だ」

「ひ~」

「最後にね、国外逃亡直前になってあっさり射殺されて死んでいく沖田。これがまたいい。あまりにも無情だ」

「無情なのにいいのか?」

「無情なのがいいのだ」

トッキュウジャー問題再び §

「トッキュウジャーの理解にはこれを見る必要があったのだ」

「どういうことだい?」

「WikiPediaの引用だ」

烈車戦隊トッキュウジャー

2014年(平成26年)に放送された東映製作の特撮作品。第8話の「レインボーライン大爆破」でバクダンシャドーがトッキュウ1号の攻撃により倒されるが、のちに烈車に異常事態が発生し、バクダンシャドーの分身により烈車のブレーキがかからなくなり、トカッチに爆弾が仕掛けられ、揺らしたりすると爆発するという。止めるには分身を捕まえ、スイッチを止めなければならない。その中で車掌役の関根勤が千葉真一(青木運転士)の物真似をしていた。

「実際どうなんだい?」

「確かにいつもと雰囲気が違う演技をしていたよ、関根さん。あれが新幹線大爆破の運転士の真似だったのだ」

オマケ §

「沖田が人を殺す決心をしたって?」

「仲間が死ぬときに名乗り出ない。見殺しにしているんだ」

「運転指令室長が人を殺す決心をしたって?」

「死ぬかも知れないことを分かっていながら列車を止める指令を出したんだ」

Facebook

キーワード【 トーノZERO映画感想
【映画感想】の次のコンテンツ
2014年
04月
25日
感想・映画「地震列島」
3days 0 count
total 652 count
【映画感想】の前のコンテンツ
2014年
04月
08日
感想・映画「THE NEXT GENERATION パトレイバー第一章」
3days 0 count
total 1014 count
【映画感想】のコンテンツ全リスト【映画感想】の表紙

このサイト内の関連コンテンツ リスト

2014年
04月
25日
川俣晶の縁側歴史と文化下高井戸周辺史雑記
映画の新幹線大爆破は何が凄いのか
3days 0 count
total 863 count

新幹線大爆破
新幹線大爆破
New ¥ 2,104円
Amazon.co.jp

新幹線大爆破 [DVD]
新幹線大爆破 [DVD]
Used ¥ 1,116円
New ¥ 29,000円
Amazon.co.jp

新幹線大爆破 [DVD]
新幹線大爆破 [DVD]
Used ¥ 1,709円
New ¥ 2,647円
Amazon.co.jp

このコンテンツを書いたトーノ・ゼロへメッセージを送る

[メッセージ送信フォームを利用する]

メッセージ送信フォームを利用することで、トーノ・ゼロに対してメッセージを送ることができます。

この機能は、100%確実にトーノ・ゼロへメッセージを伝達するものではなく、また、確実にトーノ・ゼロよりの返事を得られるものではないことにご注意ください。

このコンテンツへトラックバックするためのURL

http://mag.autumn.org/tb.aspx/20140422000537
サイトの表紙【映画感想】の表紙【映画感想】のコンテンツ全リスト 【映画感想】の入手全リスト 【映画感想】のRSS1.0形式の情報このサイトの全キーワードリスト 印刷用ページ

管理者: トーノ・ゼロ連絡先

Powered by MagSite2 Version 0.25 (Alpha-Test) Copyright (c) 2004-2017 Pie Dey.Co.,Ltd.