2014年05月03日
トーノZEROアニメ感想宇宙戦艦ヤマトtotal 959 count

ヤマトとサンダーバードの関係はあるのか無いのか

Written By: トーノ・ゼロ連絡先

「突然、久しぶりにサンダーバードの音楽を聴いていたら目から鱗が落ちた」

「なんだい?」

「全く違ったムードのなのに、同じメロディーという曲が多いのだ」

「Thuderbirds ThemeとThuderbirds Theme Repriseは同じテーマだがまるでムードが違う。前者はハイテクメカ救助隊のマーチっぽいが、後者は南の島のお気楽っぽい。そして、Tracy Islandも同じメロディーなのにムードは別物。Swingingも」

「ひぃ~」

「特にSwinging。サンダーバードのテーマで入っていって途中からどんどん崩れていって違う響きになって行く。でもまたサンダーバードのテーマに戻ってくる。ヤマトでも使われている手法だ」

「つまり、なんだい?」

「ヤマトの音楽と方法論が同じ」

「でもさ。それってよくあるパターンともいえない?」

「いやいや。宮川家では正座してサンダーバードを見ていたという彬良さんの証言を加味すると、ヤマトは宮川泰によるバリー・グレイへの挑戦と言えたのではないか」

「挑戦か」

「それだけじゃない。Austoronauts in troubleの中盤が【ヤマト渦中へ】に似ているのも偶然ではあるまい。一緒に彬良さんもサンダーバードを見ていたわけだ」

「つまり、親子2代に渡るバリー・グレイへの挑戦?」

「正しいことは何も知らんぞ」

オマケ §

「彬良さんのコンサートでサンダーバードやったのを聞いたこともある。意味があるのだろう」

「なんかサンダーバードの劇場版DVDが目の前にある奴がほざいてるよ」

「いいだろ。ゼロXのテーマが好きだから」

オマケ・もう1つの感想は…… §

「トモネコさんより、チキチキバンバンの感想に意見を頂いた」

「ちょっと待て。それってヤマトともサンダーバードとも関係ないぞ」

「まあまあ。話は最後まで」

Subject: 感想・映画「チキチキバンバン」

Keyword: 【▲→トーノZERO→映画感想】

URL: http://mag.autumn.org/Content.modf?id=20130220150735

名前: トモネコ

本文:

お仕事に2199再放送検証お疲れ様ですm(__)m

今日、BSで「チキチキバンバン」の放送がありました。

トーノ様が感想を述べられていたので私も視ました。

歌以外完全に忘れていました。

私の記憶ではモノクロでしたが美しいカラーでした(汗)

私的には「バック・トゥ・ザ・フューチャー」と「ルパン、カリ城」に大きな影響を与えたと思います。

検索で「チキチキバンバン大研究」という鋭い考察サイトを見つけました。

http://www.geocities.jp/krytone1234/chittytop.htm

007やサンダーバードとの関係、ミニカーも取り上げられています。

(よろしかったら覗いて下さい)

「というわけで、開いた口が塞がらなかった」

「なんで?」

「あらためてじっくり聞くと、サンダーバードの音楽にはスパイアクション風の音楽が多く、そこはヤマトとあまりかぶらない……と思ったのだ」

「ふーん」

「で、トモネコさん紹介のこのサイトを見ていて焦った」

http://www.geocities.jp/krytone1234/moviestudy.htmより

『サンダーバード』と言えば、今日では「スーパーメカによる人命救助」的側面ばかりが取り上げられますが、 実は「スパイ活劇」も大きな要素で、レディペネロープは女性版007なんですね。

「スパイ活劇!」

「スパイ活劇にスパイアクション風音楽、おいらの印象は間違っていなかった!」

「で、チキ・チキ・バン・バンはどうしたんだよ」

「結局、サンダーバードや007やチョコレート工場の秘密と地続きだと分かったので、何となく位置づけが見えてきた気がするよ」

「じゃあさ、なんでヤマト音楽にはスパイアクション的なムードが無いんだ?」

「そりゃもう、ヤマトにはスパイなんてまず出てこないからさ」

「出る可能性は無いのか?」

「ヤマトに潜入するイローゼとか。ちょっとそれっぽいけどカットされた」

オマケ2 §

「と思ったけど、実はヤマト1974第3話で艦内を見て回るときの音楽がちょっとスパイアクションっぽい」

「沖田艦長の艦内案内(リズムのみ4ビート)だね」

「そうだ」

「でも、こういう要素は再び出てこないね」

「1話放送後の早い時期から作品の再構成に入っていたようなので、初期案にあった要素は削られていったのだろうが、3話ではまだ残っていたのかもしれない」

Facebook

宇宙戦艦ヤマト

宇宙戦艦ヤマトとその時代【Kindle版電子書籍】 §

 宇宙戦艦ヤマト成立の時代背景を検証した研究書です。ブログに書いていない話題も多く収録しています。是非お読みください。Android/iPhone/iPad/Windows PCなどですぐ読めます。Webブラウザ用のリーダーもAmazonから提供されています。

同人小説(PDF形式、無料ダウンロード可能) §

小説推理サイボーグシリーズ (PDF形式、無料ダウンロード可能) §

キーワード【 トーノZEROアニメ感想宇宙戦艦ヤマト
【宇宙戦艦ヤマト】の次のコンテンツ
2014年
05月
04日
ガミラスマークはどこからあるのか
3days 0 count
total 1204 count
【宇宙戦艦ヤマト】の前のコンテンツ
2014年
05月
02日
西武ヤマト2199記念切符はどこで間違ったのか?
3days 0 count
total 875 count
2014年05月03日
トーノZEROアニメ感想宇宙戦艦ヤマトtotal 959 count

ヤマトとサンダーバードの関係はあるのか無いのか

Written By: トーノ・ゼロ連絡先

「突然、久しぶりにサンダーバードの音楽を聴いていたら目から鱗が落ちた」

「なんだい?」

「全く違ったムードのなのに、同じメロディーという曲が多いのだ」

「Thuderbirds ThemeとThuderbirds Theme Repriseは同じテーマだがまるでムードが違う。前者はハイテクメカ救助隊のマーチっぽいが、後者は南の島のお気楽っぽい。そして、Tracy Islandも同じメロディーなのにムードは別物。Swingingも」

「ひぃ~」

「特にSwinging。サンダーバードのテーマで入っていって途中からどんどん崩れていって違う響きになって行く。でもまたサンダーバードのテーマに戻ってくる。ヤマトでも使われている手法だ」

「つまり、なんだい?」

「ヤマトの音楽と方法論が同じ」

「でもさ。それってよくあるパターンともいえない?」

「いやいや。宮川家では正座してサンダーバードを見ていたという彬良さんの証言を加味すると、ヤマトは宮川泰によるバリー・グレイへの挑戦と言えたのではないか」

「挑戦か」

「それだけじゃない。Austoronauts in troubleの中盤が【ヤマト渦中へ】に似ているのも偶然ではあるまい。一緒に彬良さんもサンダーバードを見ていたわけだ」

「つまり、親子2代に渡るバリー・グレイへの挑戦?」

「正しいことは何も知らんぞ」

オマケ §

「彬良さんのコンサートでサンダーバードやったのを聞いたこともある。意味があるのだろう」

「なんかサンダーバードの劇場版DVDが目の前にある奴がほざいてるよ」

「いいだろ。ゼロXのテーマが好きだから」

オマケ・もう1つの感想は…… §

「トモネコさんより、チキチキバンバンの感想に意見を頂いた」

「ちょっと待て。それってヤマトともサンダーバードとも関係ないぞ」

「まあまあ。話は最後まで」

Subject: 感想・映画「チキチキバンバン」

Keyword: 【▲→トーノZERO→映画感想】

URL: http://mag.autumn.org/Content.modf?id=20130220150735

名前: トモネコ

本文:

お仕事に2199再放送検証お疲れ様ですm(__)m

今日、BSで「チキチキバンバン」の放送がありました。

トーノ様が感想を述べられていたので私も視ました。

歌以外完全に忘れていました。

私の記憶ではモノクロでしたが美しいカラーでした(汗)

私的には「バック・トゥ・ザ・フューチャー」と「ルパン、カリ城」に大きな影響を与えたと思います。

検索で「チキチキバンバン大研究」という鋭い考察サイトを見つけました。

http://www.geocities.jp/krytone1234/chittytop.htm

007やサンダーバードとの関係、ミニカーも取り上げられています。

(よろしかったら覗いて下さい)

「というわけで、開いた口が塞がらなかった」

「なんで?」

「あらためてじっくり聞くと、サンダーバードの音楽にはスパイアクション風の音楽が多く、そこはヤマトとあまりかぶらない……と思ったのだ」

「ふーん」

「で、トモネコさん紹介のこのサイトを見ていて焦った」

http://www.geocities.jp/krytone1234/moviestudy.htmより

『サンダーバード』と言えば、今日では「スーパーメカによる人命救助」的側面ばかりが取り上げられますが、 実は「スパイ活劇」も大きな要素で、レディペネロープは女性版007なんですね。

「スパイ活劇!」

「スパイ活劇にスパイアクション風音楽、おいらの印象は間違っていなかった!」

「で、チキ・チキ・バン・バンはどうしたんだよ」

「結局、サンダーバードや007やチョコレート工場の秘密と地続きだと分かったので、何となく位置づけが見えてきた気がするよ」

「じゃあさ、なんでヤマト音楽にはスパイアクション的なムードが無いんだ?」

「そりゃもう、ヤマトにはスパイなんてまず出てこないからさ」

「出る可能性は無いのか?」

「ヤマトに潜入するイローゼとか。ちょっとそれっぽいけどカットされた」

オマケ2 §

「と思ったけど、実はヤマト1974第3話で艦内を見て回るときの音楽がちょっとスパイアクションっぽい」

「沖田艦長の艦内案内(リズムのみ4ビート)だね」

「そうだ」

「でも、こういう要素は再び出てこないね」

「1話放送後の早い時期から作品の再構成に入っていたようなので、初期案にあった要素は削られていったのだろうが、3話ではまだ残っていたのかもしれない」

Facebook

宇宙戦艦ヤマト

宇宙戦艦ヤマトとその時代【Kindle版電子書籍】 §

 宇宙戦艦ヤマト成立の時代背景を検証した研究書です。ブログに書いていない話題も多く収録しています。是非お読みください。Android/iPhone/iPad/Windows PCなどですぐ読めます。Webブラウザ用のリーダーもAmazonから提供されています。

同人小説(PDF形式、無料ダウンロード可能) §

小説推理サイボーグシリーズ (PDF形式、無料ダウンロード可能) §

キーワード【 トーノZEROアニメ感想宇宙戦艦ヤマト
【宇宙戦艦ヤマト】の次のコンテンツ
2014年
05月
04日
ガミラスマークはどこからあるのか
3days 0 count
total 1204 count
【宇宙戦艦ヤマト】の前のコンテンツ
2014年
05月
02日
西武ヤマト2199記念切符はどこで間違ったのか?
3days 0 count
total 875 count
【宇宙戦艦ヤマト】のコンテンツ全リスト【宇宙戦艦ヤマト】の表紙

このコンテンツを書いたトーノ・ゼロへメッセージを送る

[メッセージ送信フォームを利用する]

メッセージ送信フォームを利用することで、トーノ・ゼロに対してメッセージを送ることができます。

この機能は、100%確実にトーノ・ゼロへメッセージを伝達するものではなく、また、確実にトーノ・ゼロよりの返事を得られるものではないことにご注意ください。

このコンテンツへトラックバックするためのURL

http://mag.autumn.org/tb.aspx/20140503084409
サイトの表紙【宇宙戦艦ヤマト】の表紙【宇宙戦艦ヤマト】のコンテンツ全リスト 【宇宙戦艦ヤマト】の入手全リスト 【宇宙戦艦ヤマト】のRSS1.0形式の情報このサイトの全キーワードリスト 印刷用ページ

管理者: トーノ・ゼロ連絡先

Powered by MagSite2 Version 0.25 (Alpha-Test) Copyright (c) 2004-2017 Pie Dey.Co.,Ltd.