2014年06月04日
トーノZEROアニメ感想宇宙戦艦ヤマトtotal 1750 count

白いガミラス艦はありかなしか

Written By: トーノ・ゼロ連絡先

マゼラニック・ギャラクシー

Subject: 超大型輸送機 CC-5 Magellanic Galaxy (新メカコレ・ガミラス艦改造)

Keyword: 【▲→川俣晶の縁側→模型局→キャラクターモデル】

URL: http://mag.autumn.org/Content.modf?id=20140531000845

名前: トモネコ

本文:

「白いガミラス艦の衝撃!」

お疲れ様ですm(__)m

新メカコレ・ガミラス艦改造を拝見しました。

グリーンヤマト級に衝撃を受けました!

白に近いグレーで塗られた事により艦のディテールがとても良く分かり、敵役感が無くなっている事に驚かせられます。また艦首を開いて輸送機になった姿はサンダーバード2号を連想させます。

ガ艦の目玉がT.B-2号のインテークにも見えます。

塗装と最低限の改造でここまでイメージが変えられるとは!

(もちろんすぐれたアイディアがあっての事ですが)

また、厳格にはスケールが合わないのでしょうが(1/700?)

車両と合わせる事で非常に模型が生き生きとしています。

トーノ様も御指摘でしたが2199アニメ本編でも、ガ艦とドメルの高官専用車がワンフレームに収まっているシーンが最高でした。

その名場面を彷彿させられます。

宇宙を飛ぶ船(メカ)は何でも白く塗るとサマになる法則がある気がしてきました(^_^;)

Subject: 超大型輸送機 CC-5 Magellanic Galaxy (新メカコレ・ガミラス艦改造)

Keyword: 【▲→川俣晶の縁側→模型局→キャラクターモデル】

URL: http://mag.autumn.org/Content.modf?id=20140531000845

名前: トモネコ

本文:

「ガ艦改造作品の感想追記です」

先程、大切な感想を書き忘れてしまいました。

スミマセン(汗)

明るいグレーの艦はトーノ様のお好きな

「平時の海軍艦」を連想します。

平時の海軍の仕事は抑止力と警備だとトーノ様の記事で以前読ませて頂きました。

平時では軍艦が目立ってもOKなので明るい塗装になると思います。

グリーンヤマトは艦底の緑に気を取られますが船体色の明るいガルグレーは平時の海軍または英国海軍のイメージだったと思います。

今回のガ改輸送艦も戦後復興の輸送任務と想像しました。

白にUNマークは国連治安維持軍も想像されられます。

また、ドメラーズⅢの塗装とも合っているのでドメル直属艦はガルグレーが良かったのではと妄想しています。

【宇宙の白狼】なんてカッコイイと思ったのですが

白狼はガンダムのMSVのシン・マツナガでした(残念!)

「この件、個人宛の返信ではなく、見える形で語る方が良いだろうと思うのでそのように扱うぞ」

「パブリックな要素があるってことだね」

「そうだ。まず、模型をビックリドッキリカラーで塗る件について」

「うん。赤い艦底を緑に塗ったり、緑のガミラス艦をグレーで塗ったりすることだね」

「そうだ」

「君のオリジナルだね?

「いいや。宇宙戦艦ヤマトの艦底を緑に塗ることに関しては、戦艦大和模の艦底を緑に塗った事例が実際にあるし、本屋で堂々と売られていた経緯もあるので、どこも自分のオリジナルじゃないよ」

「じゃあガミラス艦は?」

「このガミラス艦は、船体を一部削ると艦首が上に持ち上がる構造だったので、それをC-5ギャラクシーに見立てることにした。そこから逆に言えるのは、C-5ギャラクシーではない模型を可能な限りC-5ギャラクシーであるかのように見せかけるにはどうすれば良いかだ」

「どうすればいいの?」

「跳ね上げた艦首が蓋になっていて、スロープから車両が出てくること。ここで重要なことは車両が出てくるという記号性であって、スケールの統一ではない。そしてもう1つは塗装とマーキングだ」

「塗り方の問題か」

「画像検索してみると、全面グレーで目立つ国籍マークも無い姿が多いようだ。ただ、横に文字が入っていたりする。その程度」

「そうか」

「だからね。ガミラス艦は全面グレーで一部に文字のデカールが張ってある姿に仕上げる必要があったわけだ」

「文字は何でも良かったの?」

「そうだ。何でも良かった」

「で、このグレーは明るいグレー? どんなグレーなの?」

「実は、明灰白色とかガルグレーじゃなくて、軍艦色(1)を塗ってあるのだ。軍艦色(2)よりは明るいが、別に特別明るいグレーというわけでもない」

「決定の根拠は?」

「写真を見た印象で、まあこれぐらいのグレーかなという感じで」

「じゃあ、ギャラクシーの模倣が前提で、オリジナリティは無いってことで全部OK?」

「強いて言えば、目玉の縁を赤くしたのはオリョーノク」

「なんで?」

「広義の巨大輸送機の一種だから」

「ほんとに?」

「オリョーノクだと機首は横に開くんだけどね」

「じゃあ、赤い部分もオリジナリティ無しと」

「無いぜ」

「じゃあ、オリジナリティは艦首を上げるところだけ?」

「そこはね、元キットがそういう構造だったからそうしただけ」

「ちょっと削ると上を向く構造だね」

「そうそう。だからそれも、ヒントをメーカーのデザイナーからもらったようなもので、オリジナルとは言いがたい」

「じゃあ、君のオリジナルはどこにあるんだい?」

「本当に些細な部分にしか無いよ」

見立ての問題 §

「結局、見立ての問題なんだな」

「それはどういう意味だい?」

「宇宙戦艦ヤマトとは戦艦大和に見立てられた宇宙戦艦、または宇宙戦艦に見立てられた戦艦大和なのだな。そういう意味ではもともと見立ての世界にいるはずだ……」

「はずだとは?」

「実際は、宇宙戦艦ヤマトを見立てでは無くオリジナルと見てしまう人も多いらしいぞ」

Facebook

宇宙戦艦ヤマト

宇宙戦艦ヤマトとその時代【Kindle版電子書籍】 §

 宇宙戦艦ヤマト成立の時代背景を検証した研究書です。ブログに書いていない話題も多く収録しています。是非お読みください。Android/iPhone/iPad/Windows PCなどですぐ読めます。Webブラウザ用のリーダーもAmazonから提供されています。

同人小説(PDF形式、無料ダウンロード可能) §

小説推理サイボーグシリーズ (PDF形式、無料ダウンロード可能) §

キーワード【 トーノZEROアニメ感想宇宙戦艦ヤマト
【宇宙戦艦ヤマト】の次のコンテンツ
2014年
06月
05日
オタクに向けて放たれる拮抗する2つのメッセージ論とヤマトは関係があるのか
3days 0 count
total 942 count
【宇宙戦艦ヤマト】の前のコンテンツ
2014年
06月
03日
TossSalaのCMはいかにして宇宙戦艦ヤマトと接点を持つのか
3days 0 count
total 794 count
2014年06月04日
トーノZEROアニメ感想宇宙戦艦ヤマトtotal 1750 count

白いガミラス艦はありかなしか

Written By: トーノ・ゼロ連絡先

マゼラニック・ギャラクシー

Subject: 超大型輸送機 CC-5 Magellanic Galaxy (新メカコレ・ガミラス艦改造)

Keyword: 【▲→川俣晶の縁側→模型局→キャラクターモデル】

URL: http://mag.autumn.org/Content.modf?id=20140531000845

名前: トモネコ

本文:

「白いガミラス艦の衝撃!」

お疲れ様ですm(__)m

新メカコレ・ガミラス艦改造を拝見しました。

グリーンヤマト級に衝撃を受けました!

白に近いグレーで塗られた事により艦のディテールがとても良く分かり、敵役感が無くなっている事に驚かせられます。また艦首を開いて輸送機になった姿はサンダーバード2号を連想させます。

ガ艦の目玉がT.B-2号のインテークにも見えます。

塗装と最低限の改造でここまでイメージが変えられるとは!

(もちろんすぐれたアイディアがあっての事ですが)

また、厳格にはスケールが合わないのでしょうが(1/700?)

車両と合わせる事で非常に模型が生き生きとしています。

トーノ様も御指摘でしたが2199アニメ本編でも、ガ艦とドメルの高官専用車がワンフレームに収まっているシーンが最高でした。

その名場面を彷彿させられます。

宇宙を飛ぶ船(メカ)は何でも白く塗るとサマになる法則がある気がしてきました(^_^;)

Subject: 超大型輸送機 CC-5 Magellanic Galaxy (新メカコレ・ガミラス艦改造)

Keyword: 【▲→川俣晶の縁側→模型局→キャラクターモデル】

URL: http://mag.autumn.org/Content.modf?id=20140531000845

名前: トモネコ

本文:

「ガ艦改造作品の感想追記です」

先程、大切な感想を書き忘れてしまいました。

スミマセン(汗)

明るいグレーの艦はトーノ様のお好きな

「平時の海軍艦」を連想します。

平時の海軍の仕事は抑止力と警備だとトーノ様の記事で以前読ませて頂きました。

平時では軍艦が目立ってもOKなので明るい塗装になると思います。

グリーンヤマトは艦底の緑に気を取られますが船体色の明るいガルグレーは平時の海軍または英国海軍のイメージだったと思います。

今回のガ改輸送艦も戦後復興の輸送任務と想像しました。

白にUNマークは国連治安維持軍も想像されられます。

また、ドメラーズⅢの塗装とも合っているのでドメル直属艦はガルグレーが良かったのではと妄想しています。

【宇宙の白狼】なんてカッコイイと思ったのですが

白狼はガンダムのMSVのシン・マツナガでした(残念!)

「この件、個人宛の返信ではなく、見える形で語る方が良いだろうと思うのでそのように扱うぞ」

「パブリックな要素があるってことだね」

「そうだ。まず、模型をビックリドッキリカラーで塗る件について」

「うん。赤い艦底を緑に塗ったり、緑のガミラス艦をグレーで塗ったりすることだね」

「そうだ」

「君のオリジナルだね?

「いいや。宇宙戦艦ヤマトの艦底を緑に塗ることに関しては、戦艦大和模の艦底を緑に塗った事例が実際にあるし、本屋で堂々と売られていた経緯もあるので、どこも自分のオリジナルじゃないよ」

「じゃあガミラス艦は?」

「このガミラス艦は、船体を一部削ると艦首が上に持ち上がる構造だったので、それをC-5ギャラクシーに見立てることにした。そこから逆に言えるのは、C-5ギャラクシーではない模型を可能な限りC-5ギャラクシーであるかのように見せかけるにはどうすれば良いかだ」

「どうすればいいの?」

「跳ね上げた艦首が蓋になっていて、スロープから車両が出てくること。ここで重要なことは車両が出てくるという記号性であって、スケールの統一ではない。そしてもう1つは塗装とマーキングだ」

「塗り方の問題か」

「画像検索してみると、全面グレーで目立つ国籍マークも無い姿が多いようだ。ただ、横に文字が入っていたりする。その程度」

「そうか」

「だからね。ガミラス艦は全面グレーで一部に文字のデカールが張ってある姿に仕上げる必要があったわけだ」

「文字は何でも良かったの?」

「そうだ。何でも良かった」

「で、このグレーは明るいグレー? どんなグレーなの?」

「実は、明灰白色とかガルグレーじゃなくて、軍艦色(1)を塗ってあるのだ。軍艦色(2)よりは明るいが、別に特別明るいグレーというわけでもない」

「決定の根拠は?」

「写真を見た印象で、まあこれぐらいのグレーかなという感じで」

「じゃあ、ギャラクシーの模倣が前提で、オリジナリティは無いってことで全部OK?」

「強いて言えば、目玉の縁を赤くしたのはオリョーノク」

「なんで?」

「広義の巨大輸送機の一種だから」

「ほんとに?」

「オリョーノクだと機首は横に開くんだけどね」

「じゃあ、赤い部分もオリジナリティ無しと」

「無いぜ」

「じゃあ、オリジナリティは艦首を上げるところだけ?」

「そこはね、元キットがそういう構造だったからそうしただけ」

「ちょっと削ると上を向く構造だね」

「そうそう。だからそれも、ヒントをメーカーのデザイナーからもらったようなもので、オリジナルとは言いがたい」

「じゃあ、君のオリジナルはどこにあるんだい?」

「本当に些細な部分にしか無いよ」

見立ての問題 §

「結局、見立ての問題なんだな」

「それはどういう意味だい?」

「宇宙戦艦ヤマトとは戦艦大和に見立てられた宇宙戦艦、または宇宙戦艦に見立てられた戦艦大和なのだな。そういう意味ではもともと見立ての世界にいるはずだ……」

「はずだとは?」

「実際は、宇宙戦艦ヤマトを見立てでは無くオリジナルと見てしまう人も多いらしいぞ」

Facebook

宇宙戦艦ヤマト

宇宙戦艦ヤマトとその時代【Kindle版電子書籍】 §

 宇宙戦艦ヤマト成立の時代背景を検証した研究書です。ブログに書いていない話題も多く収録しています。是非お読みください。Android/iPhone/iPad/Windows PCなどですぐ読めます。Webブラウザ用のリーダーもAmazonから提供されています。

同人小説(PDF形式、無料ダウンロード可能) §

小説推理サイボーグシリーズ (PDF形式、無料ダウンロード可能) §

キーワード【 トーノZEROアニメ感想宇宙戦艦ヤマト
【宇宙戦艦ヤマト】の次のコンテンツ
2014年
06月
05日
オタクに向けて放たれる拮抗する2つのメッセージ論とヤマトは関係があるのか
3days 0 count
total 942 count
【宇宙戦艦ヤマト】の前のコンテンツ
2014年
06月
03日
TossSalaのCMはいかにして宇宙戦艦ヤマトと接点を持つのか
3days 0 count
total 794 count
【宇宙戦艦ヤマト】のコンテンツ全リスト【宇宙戦艦ヤマト】の表紙

このコンテンツを書いたトーノ・ゼロへメッセージを送る

[メッセージ送信フォームを利用する]

メッセージ送信フォームを利用することで、トーノ・ゼロに対してメッセージを送ることができます。

この機能は、100%確実にトーノ・ゼロへメッセージを伝達するものではなく、また、確実にトーノ・ゼロよりの返事を得られるものではないことにご注意ください。

このコンテンツへトラックバックするためのURL

http://mag.autumn.org/tb.aspx/20140604084912
サイトの表紙【宇宙戦艦ヤマト】の表紙【宇宙戦艦ヤマト】のコンテンツ全リスト 【宇宙戦艦ヤマト】の入手全リスト 【宇宙戦艦ヤマト】のRSS1.0形式の情報このサイトの全キーワードリスト 印刷用ページ

管理者: トーノ・ゼロ連絡先

Powered by MagSite2 Version 0.25 (Alpha-Test) Copyright (c) 2004-2017 Pie Dey.Co.,Ltd.