B079Y6LZST
Amazon.co.jp


B078PN8961
Amazon.co.jp


B077QQZCCQ
Amazon.co.jp


B074P6HS8Q
Amazon.co.jp


B06VT95GDW
Amazon.co.jp


B01MU7MVGX
Amazon.co.jp


B01MT6F5MN
Amazon.co.jp


B01DU7JXFM
Amazon.co.jp


B01MU7KT9Q
Amazon.co.jp


B01MZ6OH3E
Amazon.co.jp


B01N30TGLS
Amazon.co.jp


B01N7P6YOZ
Amazon.co.jp


B01EDWY5IS
Amazon.co.jp


B01N0XSN43
Amazon.co.jp


B01MR2YCCX
Amazon.co.jp


B01N6NS611
Amazon.co.jp


B01MR2Y3HK
Amazon.co.jp


B01EE8CUJW
Amazon.co.jp


B01EK6CXUY
Amazon.co.jp


B01E25PCNS
Amazon.co.jp


B01E380GO4
Amazon.co.jp


B01E565RCA
Amazon.co.jp


B01EC86V1C
Amazon.co.jp


B01ECG523C
Amazon.co.jp


B01ECYO3XO
Amazon.co.jp


B01DVJCAIG
Amazon.co.jp


B019CNB734
Amazon.co.jp


B0118UCFX0
Amazon.co.jp


B00OJYDW8A
Amazon.co.jp


B00L9D496S
Amazon.co.jp


B00FMWSBFW
Amazon.co.jp

2014年12月25日
遠野秋彦の庵小説の洞total 672 count

三百字小説『殺人集団サンマ団』

Written By: 遠野秋彦連絡先

 サンマ団は殺人集団だった。

 しかし、人が人を殺すのは後味が悪い。そこで、魚類のサンマをスカウトし、殺人集団を結成したのだった。

 「みんな恐怖に怯えている頃だろう」

 「大変です。人類がサンマに報復を始めました。次々とサンマが塩焼きにされて食べられています」

 「なんだって!?」

 サンマ達はパニックになった。

 サンマ団に入っていないサンマまで食べられては恐怖のどん底だ。

 サンマ達は人類の漁船から逃れるべく、目黒川を遡上した。

 一方の人類はサンマ団の存在など知らず、普通にサンマを捕って食べていただけだった。人類はいたって平和だった。

 「やはりサンマは目黒に限る」

 「なぜ目黒でサンマが捕れるのでしょうね?」

 「知らん」

(遠野秋彦・作 ©2014 TOHNO, Akihiko)

Facebook

遠野秋彦

キーワード【 遠野秋彦の庵小説の洞
【小説の洞】の次のコンテンツ
2015年
01月
08日
三百字小説『殺人集団タンマ団』
3days 0 count
total 728 count
【小説の洞】の前のコンテンツ
2014年
12月
12日
三百字小説『殺人集団カンマ団』
3days 0 count
total 655 count


B079Y6LZST
Amazon.co.jp


B078PN8961
Amazon.co.jp


B077QQZCCQ
Amazon.co.jp


B074P6HS8Q
Amazon.co.jp


B06VT95GDW
Amazon.co.jp


B01MU7MVGX
Amazon.co.jp


B01MT6F5MN
Amazon.co.jp


B01DU7JXFM
Amazon.co.jp


B01MU7KT9Q
Amazon.co.jp


B01MZ6OH3E
Amazon.co.jp


B01N30TGLS
Amazon.co.jp


B01N7P6YOZ
Amazon.co.jp


B01EDWY5IS
Amazon.co.jp


B01N0XSN43
Amazon.co.jp


B01MR2YCCX
Amazon.co.jp


B01N6NS611
Amazon.co.jp


B01MR2Y3HK
Amazon.co.jp


B01EE8CUJW
Amazon.co.jp


B01EK6CXUY
Amazon.co.jp


B01E25PCNS
Amazon.co.jp


B01E380GO4
Amazon.co.jp


B01E565RCA
Amazon.co.jp


B01EC86V1C
Amazon.co.jp


B01ECG523C
Amazon.co.jp


B01ECYO3XO
Amazon.co.jp


B01DVJCAIG
Amazon.co.jp


B019CNB734
Amazon.co.jp


B0118UCFX0
Amazon.co.jp


B00OJYDW8A
Amazon.co.jp


B00L9D496S
Amazon.co.jp


B00FMWSBFW
Amazon.co.jp

このコンテンツを書いた遠野秋彦へメッセージを送る

[メッセージ送信フォームを利用する]

メッセージ送信フォームを利用することで、遠野秋彦に対してメッセージを送ることができます。

この機能は、100%確実に遠野秋彦へメッセージを伝達するものではなく、また、確実に遠野秋彦よりの返事を得られるものではないことにご注意ください。

このコンテンツへトラックバックするためのURL

http://mag.autumn.org/tb.aspx/20141225105017
サイトの表紙【小説の洞】の表紙【小説の洞】のコンテンツ全リスト 【小説の洞】の入手全リスト 【小説の洞】のRSS1.0形式の情報このサイトの全キーワードリスト 印刷用ページ

管理者: 遠野秋彦連絡先

Powered by MagSite2 Version 0.29 (Alpha-Test) Copyright (c) 2004-2018 Pie Dey.Co.,Ltd.