2015年04月14日
トーノZEROアニメ感想宇宙戦艦ヤマトtotal 926 count

ヤマト2199の潜水艦行動の元ネタ

Written By: トーノ・ゼロ連絡先

Subject: なぜ古代はコスモタイガーの時代にもコスモゼロに乗るか?

Keyword: 【▲→トーノZERO→アニメ感想→宇宙戦艦ヤマト】

URL: http://mag.autumn.org/Content.modf?id=20150410082049

名前: トモネコ

本文:

「2199の潜水艦形態の原案」

トーノ様の影響で私も最近パーフェクトマニュアルを読んでいるのですが、2巻の218ページの松本氏のインタビューで「予定では冥王星でヤマトが逆転した時、潜水艦みたいに水面をはしる場面があったのです。」と書かれています。

2199の潜水艦形態は1974の時点で考えられて

いたのですね。また、オクトパス星団はタコの燻製が由来とも(^_^;)

「ヤマト2199の全般的な弱点は、2つある」

「それはなんだい?」

「1つは、プレステ版の流れを継承しているが、みんなあまり記憶に残っていないので、そこが浮いていること」

「もう1つは?」

「誰も知らない旧作の没ネタをよく拾って作品に取り込んでいることだ」

「ヤマトに忠実なのだが、みんな知らないとあまり忠実に見えないってことだね」

「そうだ。確認したら確かにトモネコさんの言う通り、そう書いてあったよ」

「では、冥王星に逆さまに浮かぶ2199のヤマトが本来のヤマトだと思ってよいの?」

「それは微妙だ」

「なんで?」

「2199は第3艦橋で指揮を執らないからだ」

「ああ、そうか。艦を反転させて第3艦橋で指揮を執るから、そのまま浮上するといちばん高いところに主要スタッフがいたはずなのだね?」

「そうだ。そこで第3艦橋から顔を出して周囲を警戒。反射衛星がキラッと光ると【急速潜航】になって、セイルの上の兵士がみんな慌てて艦内に飛び込む。そんな描写が想定されていたような気がするが、2199では想定されていなかったのだろうと思う。みんなCICにこもって指揮する形になってしまっているからね」

「それは2199の第3艦橋はあまり艦橋として機能していないってことだね」

「逆にいえば、ヤマト1974の第3艦橋は純然たる予備艦橋として機能していたので、単にひっくり返すと潜水艦っぽく見えるレベルではなく、第3艦橋を艦橋とした行動もあり得たはずだと思う」

「つまり、2199が掬い上げることができなかった芳醇な可能性はまだまだ眠っているわけだね」

「むしろ、2199は現代戦っぽい感じに仕上げた結果として、様々な可能性を取りこぼした感がある」

「だから、1つ1つのネタはマニアックだけれど、全体としてインパクトが薄い感じなのだね」

「そのあたりは、戦艦大和が産まれて沈む短い青春を走り抜けた時代の時代性を取り込んだヤマト像に期待したいところだ」

Facebook

宇宙戦艦ヤマト

宇宙戦艦ヤマトとその時代【Kindle版電子書籍】 §

 宇宙戦艦ヤマト成立の時代背景を検証した研究書です。ブログに書いていない話題も多く収録しています。是非お読みください。Android/iPhone/iPad/Windows PCなどですぐ読めます。Webブラウザ用のリーダーもAmazonから提供されています。

同人小説(PDF形式、無料ダウンロード可能) §

小説推理サイボーグシリーズ (PDF形式、無料ダウンロード可能) §

キーワード【 トーノZEROアニメ感想宇宙戦艦ヤマト
【宇宙戦艦ヤマト】の次のコンテンツ
2015年
04月
15日
ヤマトクルー会報Vol.10の感想
3days 0 count
total 868 count
【宇宙戦艦ヤマト】の前のコンテンツ
2015年
04月
13日
ヤマトのタイピングゲーム・タイピングワープのパッケージにはバリエーションがある!?
3days 0 count
total 769 count
2015年04月14日
トーノZEROアニメ感想宇宙戦艦ヤマトtotal 926 count

ヤマト2199の潜水艦行動の元ネタ

Written By: トーノ・ゼロ連絡先

Subject: なぜ古代はコスモタイガーの時代にもコスモゼロに乗るか?

Keyword: 【▲→トーノZERO→アニメ感想→宇宙戦艦ヤマト】

URL: http://mag.autumn.org/Content.modf?id=20150410082049

名前: トモネコ

本文:

「2199の潜水艦形態の原案」

トーノ様の影響で私も最近パーフェクトマニュアルを読んでいるのですが、2巻の218ページの松本氏のインタビューで「予定では冥王星でヤマトが逆転した時、潜水艦みたいに水面をはしる場面があったのです。」と書かれています。

2199の潜水艦形態は1974の時点で考えられて

いたのですね。また、オクトパス星団はタコの燻製が由来とも(^_^;)

「ヤマト2199の全般的な弱点は、2つある」

「それはなんだい?」

「1つは、プレステ版の流れを継承しているが、みんなあまり記憶に残っていないので、そこが浮いていること」

「もう1つは?」

「誰も知らない旧作の没ネタをよく拾って作品に取り込んでいることだ」

「ヤマトに忠実なのだが、みんな知らないとあまり忠実に見えないってことだね」

「そうだ。確認したら確かにトモネコさんの言う通り、そう書いてあったよ」

「では、冥王星に逆さまに浮かぶ2199のヤマトが本来のヤマトだと思ってよいの?」

「それは微妙だ」

「なんで?」

「2199は第3艦橋で指揮を執らないからだ」

「ああ、そうか。艦を反転させて第3艦橋で指揮を執るから、そのまま浮上するといちばん高いところに主要スタッフがいたはずなのだね?」

「そうだ。そこで第3艦橋から顔を出して周囲を警戒。反射衛星がキラッと光ると【急速潜航】になって、セイルの上の兵士がみんな慌てて艦内に飛び込む。そんな描写が想定されていたような気がするが、2199では想定されていなかったのだろうと思う。みんなCICにこもって指揮する形になってしまっているからね」

「それは2199の第3艦橋はあまり艦橋として機能していないってことだね」

「逆にいえば、ヤマト1974の第3艦橋は純然たる予備艦橋として機能していたので、単にひっくり返すと潜水艦っぽく見えるレベルではなく、第3艦橋を艦橋とした行動もあり得たはずだと思う」

「つまり、2199が掬い上げることができなかった芳醇な可能性はまだまだ眠っているわけだね」

「むしろ、2199は現代戦っぽい感じに仕上げた結果として、様々な可能性を取りこぼした感がある」

「だから、1つ1つのネタはマニアックだけれど、全体としてインパクトが薄い感じなのだね」

「そのあたりは、戦艦大和が産まれて沈む短い青春を走り抜けた時代の時代性を取り込んだヤマト像に期待したいところだ」

Facebook

宇宙戦艦ヤマト

宇宙戦艦ヤマトとその時代【Kindle版電子書籍】 §

 宇宙戦艦ヤマト成立の時代背景を検証した研究書です。ブログに書いていない話題も多く収録しています。是非お読みください。Android/iPhone/iPad/Windows PCなどですぐ読めます。Webブラウザ用のリーダーもAmazonから提供されています。

同人小説(PDF形式、無料ダウンロード可能) §

小説推理サイボーグシリーズ (PDF形式、無料ダウンロード可能) §

キーワード【 トーノZEROアニメ感想宇宙戦艦ヤマト
【宇宙戦艦ヤマト】の次のコンテンツ
2015年
04月
15日
ヤマトクルー会報Vol.10の感想
3days 0 count
total 868 count
【宇宙戦艦ヤマト】の前のコンテンツ
2015年
04月
13日
ヤマトのタイピングゲーム・タイピングワープのパッケージにはバリエーションがある!?
3days 0 count
total 769 count
【宇宙戦艦ヤマト】のコンテンツ全リスト【宇宙戦艦ヤマト】の表紙

このコンテンツを書いたトーノ・ゼロへメッセージを送る

[メッセージ送信フォームを利用する]

メッセージ送信フォームを利用することで、トーノ・ゼロに対してメッセージを送ることができます。

この機能は、100%確実にトーノ・ゼロへメッセージを伝達するものではなく、また、確実にトーノ・ゼロよりの返事を得られるものではないことにご注意ください。

このコンテンツへトラックバックするためのURL

http://mag.autumn.org/tb.aspx/20150414095127
サイトの表紙【宇宙戦艦ヤマト】の表紙【宇宙戦艦ヤマト】のコンテンツ全リスト 【宇宙戦艦ヤマト】の入手全リスト 【宇宙戦艦ヤマト】のRSS1.0形式の情報このサイトの全キーワードリスト 印刷用ページ

管理者: トーノ・ゼロ連絡先

Powered by MagSite2 Version 0.25 (Alpha-Test) Copyright (c) 2004-2017 Pie Dey.Co.,Ltd.