2015年06月29日
川俣晶の縁側歴史と文化歴史資料館巡りtotal 943 count

新江古田の元日本陸軍鉄道連隊E18【2回目】

Written By: 川俣 晶連絡先

「実はこのSL。動輪が5個あるらしいのだ。左右で計10個」

「現物を見たんだろう?」

「しかし気付かなかったので見に行った。2回目だ」

「それで何か分かった?」

「いろいろ分かったぞ」

  • 動輪はフレームの内側にあってよく見えないが、確かに5つちらっと見えた
  • 連結棒はフレームの外側に取り付けられるようだが、外されていた
  • 連結棒を取り付ける部分は3つしか無い
  • そもそも柵の関係で、下回りは見えにくい

「3つしか無い? 5軸なんだろう?」

「実はギアがあるらしい。WikiPediaから引用してみよう」

急曲線通過に備え、第1・5動軸にはそれぞれ第2・4動軸から左右に首振り可能な密閉式ギアボックス[7]によって動力を伝達し、さらに第3動軸が左右にスライド可能なルッターメラー式(コッペル・ギアシステム)(Luttermöller-Achsantrieb)動軸遊動機構を採用している。このため、動輪が台枠の内側に収められた外側台枠方式となり

「つまりなんだ?」

「だからさ。うっかりしていたがこいつは部分的にギヤードロコの一種なんだよ」

「シェイとかクライマックスの遠い親戚か!」

オマケ §

「ついでに更に進んで千川通りを見た。でも、千川上水がどこにあったのかぜんぜん分からなかった」

「ふーん」

「そのまま進んで西武池袋線の江古田駅まで行った」

「昔は青梅街道以北は知らないと言ってなかった?」

「いや。いつの間にか青梅街道を越え、中央線を越え、西武新宿線を越えていたのだが、ついに西武池袋線に到達してしまった。なんてことだ!」

西武池袋線江古田駅

Facebook

キーワード【 川俣晶の縁側歴史と文化歴史資料館巡り
【歴史資料館巡り】の次のコンテンツ
2015年
07月
07日
富士稲荷神社・学田公園
3days 0 count
total 618 count
【歴史資料館巡り】の前のコンテンツ
2015年
06月
28日
新江古田の元日本陸軍鉄道連隊E18
3days 0 count
total 1147 count
2015年06月29日
川俣晶の縁側歴史と文化歴史資料館巡りtotal 943 count

新江古田の元日本陸軍鉄道連隊E18【2回目】

Written By: 川俣 晶連絡先

「実はこのSL。動輪が5個あるらしいのだ。左右で計10個」

「現物を見たんだろう?」

「しかし気付かなかったので見に行った。2回目だ」

「それで何か分かった?」

「いろいろ分かったぞ」

  • 動輪はフレームの内側にあってよく見えないが、確かに5つちらっと見えた
  • 連結棒はフレームの外側に取り付けられるようだが、外されていた
  • 連結棒を取り付ける部分は3つしか無い
  • そもそも柵の関係で、下回りは見えにくい

「3つしか無い? 5軸なんだろう?」

「実はギアがあるらしい。WikiPediaから引用してみよう」

急曲線通過に備え、第1・5動軸にはそれぞれ第2・4動軸から左右に首振り可能な密閉式ギアボックス[7]によって動力を伝達し、さらに第3動軸が左右にスライド可能なルッターメラー式(コッペル・ギアシステム)(Luttermöller-Achsantrieb)動軸遊動機構を採用している。このため、動輪が台枠の内側に収められた外側台枠方式となり

「つまりなんだ?」

「だからさ。うっかりしていたがこいつは部分的にギヤードロコの一種なんだよ」

「シェイとかクライマックスの遠い親戚か!」

オマケ §

「ついでに更に進んで千川通りを見た。でも、千川上水がどこにあったのかぜんぜん分からなかった」

「ふーん」

「そのまま進んで西武池袋線の江古田駅まで行った」

「昔は青梅街道以北は知らないと言ってなかった?」

「いや。いつの間にか青梅街道を越え、中央線を越え、西武新宿線を越えていたのだが、ついに西武池袋線に到達してしまった。なんてことだ!」

西武池袋線江古田駅

Facebook

キーワード【 川俣晶の縁側歴史と文化歴史資料館巡り
【歴史資料館巡り】の次のコンテンツ
2015年
07月
07日
富士稲荷神社・学田公園
3days 0 count
total 618 count
【歴史資料館巡り】の前のコンテンツ
2015年
06月
28日
新江古田の元日本陸軍鉄道連隊E18
3days 0 count
total 1147 count
【歴史資料館巡り】のコンテンツ全リスト【歴史資料館巡り】の表紙

このコンテンツを書いた川俣 晶へメッセージを送る

[メッセージ送信フォームを利用する]

メッセージ送信フォームを利用することで、川俣 晶に対してメッセージを送ることができます。

この機能は、100%確実に川俣 晶へメッセージを伝達するものではなく、また、確実に川俣 晶よりの返事を得られるものではないことにご注意ください。

このコンテンツへトラックバックするためのURL

http://mag.autumn.org/tb.aspx/20150629011808
サイトの表紙【歴史資料館巡り】の表紙【歴史資料館巡り】のコンテンツ全リスト 【歴史資料館巡り】の入手全リスト 【歴史資料館巡り】のRSS1.0形式の情報このサイトの全キーワードリスト 印刷用ページ

管理者: 川俣 晶連絡先

Powered by MagSite2 Version 0.25 (Alpha-Test) Copyright (c) 2004-2017 Pie Dey.Co.,Ltd.