2015年07月14日
川俣晶の縁側ソフトウェア技術雑記total 4595 count

Webブラウザのプロセス数の研究

Written By: 川俣 晶連絡先

 単なる調査結果のメモなので、意味とか価値とかは気にしないように。

 あくまでこれを書いている時点での手元のPCでの調査結果で、時期や環境が違うと結果は異なる可能性がある。

プロセス数とWebブラウザ §

 閲覧するページが増えるとプロセス数が増えるWebブラウザと増えないブラウザがある。

  • Edge 増える
  • IE 増える
  • Chrome 増える
  • Firefox 増えない
  • Safari 増えない

 ただし、必ずしも閲覧ページ数とプロセス数は連動していない。たとえば、Edgeはブックマークを開くだけでプロセス数が増える。(ページは開いていない。ブックマークを開いただけ)。開いたタブの数よりも起動しているプロセスが少ないケースも多い。

 また同じ実行ファイルのプロセスが増えるものと、別の実行ファイルのプロセスが増えるものがある。たとえばChrome.exeはChrome.exeが増えるが、MicrosoftEdge.exeは、違うMicrosoftEdgeCP.exeが増える。

プロセスが増えることの推定されるメリット §

 個別コンテンツの閲覧が分離されているので、何か問題があっても回復しやすい。実際にIEが【プロセスが落ちた】と言ってくる場合でもIEそのものは落ちていないことが多い。

プロセスが増えることの推定されるデメリット §

 プロセス間通信はコストの重い処理であり、プロレスの確保もシステムのリソースを消費する。何も問題がなければ資源を圧迫しやすい。

メモリイーターの問題 §

 Firefoxはメモリイーターと言われことがあるが、新しいタブを作成した時にプロセスを増やさないので、プロレスを起こすWebブラウザよりも資源の消費に優しい可能性がある。そこで簡単にChromeとメモリ消費量を比較してみた。

起動時 §

Firefox 約144KB

Chrome 約71KB

タブ10個同じサイトを開いたとき §

Firefox 170KB

Chrome 75+51+16+38=180KB (chrome.exeが4プロセスあったので、その合計)

 というわけで、起動時はFirefoxの方がメモリを食ってるがタブ10個を開くとメモリ消費量は大差なくなってしまった。メモリ消費量は、使い方次第で大きく変化するので、単に起動しただけの状態での比較は余り意味がなさそう。

Facebook

キーワード【 川俣晶の縁側ソフトウェア技術雑記
【技術雑記】の次のコンテンツ
2015年
07月
21日
Microsoft Edgeのお気に入りをクリアする方法?
3days 0 count
total 12984 count
【技術雑記】の前のコンテンツ
2015年
07月
12日
XMLシリアライズできないケースに対応する。DictionaryクラスをシリアライズするIXmlSerializableを実装
3days 0 count
total 3345 count
2015年07月14日
川俣晶の縁側ソフトウェア技術雑記total 4595 count

Webブラウザのプロセス数の研究

Written By: 川俣 晶連絡先

 単なる調査結果のメモなので、意味とか価値とかは気にしないように。

 あくまでこれを書いている時点での手元のPCでの調査結果で、時期や環境が違うと結果は異なる可能性がある。

プロセス数とWebブラウザ §

 閲覧するページが増えるとプロセス数が増えるWebブラウザと増えないブラウザがある。

  • Edge 増える
  • IE 増える
  • Chrome 増える
  • Firefox 増えない
  • Safari 増えない

 ただし、必ずしも閲覧ページ数とプロセス数は連動していない。たとえば、Edgeはブックマークを開くだけでプロセス数が増える。(ページは開いていない。ブックマークを開いただけ)。開いたタブの数よりも起動しているプロセスが少ないケースも多い。

 また同じ実行ファイルのプロセスが増えるものと、別の実行ファイルのプロセスが増えるものがある。たとえばChrome.exeはChrome.exeが増えるが、MicrosoftEdge.exeは、違うMicrosoftEdgeCP.exeが増える。

プロセスが増えることの推定されるメリット §

 個別コンテンツの閲覧が分離されているので、何か問題があっても回復しやすい。実際にIEが【プロセスが落ちた】と言ってくる場合でもIEそのものは落ちていないことが多い。

プロセスが増えることの推定されるデメリット §

 プロセス間通信はコストの重い処理であり、プロレスの確保もシステムのリソースを消費する。何も問題がなければ資源を圧迫しやすい。

メモリイーターの問題 §

 Firefoxはメモリイーターと言われことがあるが、新しいタブを作成した時にプロセスを増やさないので、プロレスを起こすWebブラウザよりも資源の消費に優しい可能性がある。そこで簡単にChromeとメモリ消費量を比較してみた。

起動時 §

Firefox 約144KB

Chrome 約71KB

タブ10個同じサイトを開いたとき §

Firefox 170KB

Chrome 75+51+16+38=180KB (chrome.exeが4プロセスあったので、その合計)

 というわけで、起動時はFirefoxの方がメモリを食ってるがタブ10個を開くとメモリ消費量は大差なくなってしまった。メモリ消費量は、使い方次第で大きく変化するので、単に起動しただけの状態での比較は余り意味がなさそう。

Facebook

キーワード【 川俣晶の縁側ソフトウェア技術雑記
【技術雑記】の次のコンテンツ
2015年
07月
21日
Microsoft Edgeのお気に入りをクリアする方法?
3days 0 count
total 12984 count
【技術雑記】の前のコンテンツ
2015年
07月
12日
XMLシリアライズできないケースに対応する。DictionaryクラスをシリアライズするIXmlSerializableを実装
3days 0 count
total 3345 count
【技術雑記】のコンテンツ全リスト【技術雑記】の表紙

このコンテンツを書いた川俣 晶へメッセージを送る

[メッセージ送信フォームを利用する]

メッセージ送信フォームを利用することで、川俣 晶に対してメッセージを送ることができます。

この機能は、100%確実に川俣 晶へメッセージを伝達するものではなく、また、確実に川俣 晶よりの返事を得られるものではないことにご注意ください。

このコンテンツへトラックバックするためのURL

http://mag.autumn.org/tb.aspx/20150714114606
サイトの表紙【技術雑記】の表紙【技術雑記】のコンテンツ全リスト 【技術雑記】の入手全リスト 【技術雑記】のRSS1.0形式の情報このサイトの全キーワードリスト 印刷用ページ

管理者: 川俣 晶連絡先

Powered by MagSite2 Version 0.25 (Alpha-Test) Copyright (c) 2004-2017 Pie Dey.Co.,Ltd.