2015年07月23日
トーノZEROアニメ感想宇宙戦艦ヤマトtotal 801 count

ディスコアレンジのデスラーの襲撃を聞いて満足するのはなぜだろう

Written By: トーノ・ゼロ連絡先

「2199のデスラーの襲撃を聞いてもあまり満足しないのに、ディスコアレンジのデスラーの襲撃を聞くと満足してしまうのはなぜだろう?」

「それは君の話だろう?」

「そう。あくまで自分の話。一般論では違う人も多いと思うよ」

「では問おう。2199のデスラーの襲撃はよりオリジナルのデスラーの襲撃に近いと思う。ディスコアレンジのデスラーの襲撃よりもね。なのに、なぜディスコアレンジなのだ?」

「だからそれを質問しているのはこちらの方なんだってばよ」

「あれ? 質問が空間磁力メッキで跳ね返ってきた」

「ともかく、無い知恵を絞って考えてみよう」

「音楽というよりも演出の問題かな」

「それはある。ヤマト2199のデスラーの襲撃は使い方があまり合ってない」

「どこにポイントがあると思う?」

「リズミカルなスピード感かな。さらば宇宙戦艦ヤマトにあって、ヤマト2199に無いものはそれかも」

「デスラー砲は速いし、ヤマトは亜高速で飛ぶよ」

「でもね。演出にスピード感は無いんだよ」

「というと?」

「さらば宇宙戦艦ヤマトには以下のようなスピード感がある」

  • 入れ替わり襲撃する駆逐艦
  • 素早く次々に上がってくる損害報告

「なるほど」

「だが、ヤマト2199のデスラー砲による襲撃にも亜空間での襲撃でも、どちらもそういうスピード感が無い」

「確かに、入れ替わり襲撃する敵は出てこないね。攻撃も1回限りで、次々上がってくる損害報告みたいな流れにはなっていないね」

「でも、リズミカルなスピード感は、ディスコアレンジにはあるわけだ」

「なるほど。それは1つの解釈だね」

「でも、それが正しいのか。それだけなのかは全く分からない」

そこから考えられるもの §

「実は宇宙戦艦ヤマトという作品は、リズム感が優れていた。特にさらば宇宙戦艦ヤマトからディスコアレンジに至る流れで、音楽のみならず演出も含めた意味でヤマト的なリズム感は完成されたと言って良い」

「でもディスコアレンジは歓迎されなかったよ」

「そうだ。ファンの感性を追い越してしまったからだ。あれは生まれてくるのが早すぎたんだ」

「ひ~」

「だからヤマト2以降は、少しリズム感を鈍らせている部分があると思うよ」

「その方がファンには歓迎されるのだね」

「問題はその先」

「どこ?」

「リズム感に優れるさらば宇宙戦艦的な要素を、ヤマト1974のリメイク的なヤマト2199にそのまま持ちこむと、どうしてもリズム感の噛み合わない部分が出てくる」

「そうか。デスラーの襲撃に代表される演出テンポが、そもそもヤマト1974的ストーリーと食い違ってしまうわけか」

「そう。ヤマト2199が間違ったというよりも、シリーズの先の要素を前倒して取り込むことで、もともと存在した合性の悪さを露呈させたと言った方が良いかもしれない」

Facebook

宇宙戦艦ヤマト

宇宙戦艦ヤマトとその時代【Kindle版電子書籍】 §

 宇宙戦艦ヤマト成立の時代背景を検証した研究書です。ブログに書いていない話題も多く収録しています。是非お読みください。Android/iPhone/iPad/Windows PCなどですぐ読めます。Webブラウザ用のリーダーもAmazonから提供されています。

同人小説(PDF形式、無料ダウンロード可能) §

小説推理サイボーグシリーズ (PDF形式、無料ダウンロード可能) §

キーワード【 トーノZEROアニメ感想宇宙戦艦ヤマト
【宇宙戦艦ヤマト】の次のコンテンツ
2015年
07月
24日
デスラー総統モデラー説
3days 0 count
total 688 count
【宇宙戦艦ヤマト】の前のコンテンツ
2015年
07月
22日
沖田艦の名前について考える
3days 0 count
total 752 count
2015年07月23日
トーノZEROアニメ感想宇宙戦艦ヤマトtotal 801 count

ディスコアレンジのデスラーの襲撃を聞いて満足するのはなぜだろう

Written By: トーノ・ゼロ連絡先

「2199のデスラーの襲撃を聞いてもあまり満足しないのに、ディスコアレンジのデスラーの襲撃を聞くと満足してしまうのはなぜだろう?」

「それは君の話だろう?」

「そう。あくまで自分の話。一般論では違う人も多いと思うよ」

「では問おう。2199のデスラーの襲撃はよりオリジナルのデスラーの襲撃に近いと思う。ディスコアレンジのデスラーの襲撃よりもね。なのに、なぜディスコアレンジなのだ?」

「だからそれを質問しているのはこちらの方なんだってばよ」

「あれ? 質問が空間磁力メッキで跳ね返ってきた」

「ともかく、無い知恵を絞って考えてみよう」

「音楽というよりも演出の問題かな」

「それはある。ヤマト2199のデスラーの襲撃は使い方があまり合ってない」

「どこにポイントがあると思う?」

「リズミカルなスピード感かな。さらば宇宙戦艦ヤマトにあって、ヤマト2199に無いものはそれかも」

「デスラー砲は速いし、ヤマトは亜高速で飛ぶよ」

「でもね。演出にスピード感は無いんだよ」

「というと?」

「さらば宇宙戦艦ヤマトには以下のようなスピード感がある」

  • 入れ替わり襲撃する駆逐艦
  • 素早く次々に上がってくる損害報告

「なるほど」

「だが、ヤマト2199のデスラー砲による襲撃にも亜空間での襲撃でも、どちらもそういうスピード感が無い」

「確かに、入れ替わり襲撃する敵は出てこないね。攻撃も1回限りで、次々上がってくる損害報告みたいな流れにはなっていないね」

「でも、リズミカルなスピード感は、ディスコアレンジにはあるわけだ」

「なるほど。それは1つの解釈だね」

「でも、それが正しいのか。それだけなのかは全く分からない」

そこから考えられるもの §

「実は宇宙戦艦ヤマトという作品は、リズム感が優れていた。特にさらば宇宙戦艦ヤマトからディスコアレンジに至る流れで、音楽のみならず演出も含めた意味でヤマト的なリズム感は完成されたと言って良い」

「でもディスコアレンジは歓迎されなかったよ」

「そうだ。ファンの感性を追い越してしまったからだ。あれは生まれてくるのが早すぎたんだ」

「ひ~」

「だからヤマト2以降は、少しリズム感を鈍らせている部分があると思うよ」

「その方がファンには歓迎されるのだね」

「問題はその先」

「どこ?」

「リズム感に優れるさらば宇宙戦艦的な要素を、ヤマト1974のリメイク的なヤマト2199にそのまま持ちこむと、どうしてもリズム感の噛み合わない部分が出てくる」

「そうか。デスラーの襲撃に代表される演出テンポが、そもそもヤマト1974的ストーリーと食い違ってしまうわけか」

「そう。ヤマト2199が間違ったというよりも、シリーズの先の要素を前倒して取り込むことで、もともと存在した合性の悪さを露呈させたと言った方が良いかもしれない」

Facebook

宇宙戦艦ヤマト

宇宙戦艦ヤマトとその時代【Kindle版電子書籍】 §

 宇宙戦艦ヤマト成立の時代背景を検証した研究書です。ブログに書いていない話題も多く収録しています。是非お読みください。Android/iPhone/iPad/Windows PCなどですぐ読めます。Webブラウザ用のリーダーもAmazonから提供されています。

同人小説(PDF形式、無料ダウンロード可能) §

小説推理サイボーグシリーズ (PDF形式、無料ダウンロード可能) §

キーワード【 トーノZEROアニメ感想宇宙戦艦ヤマト
【宇宙戦艦ヤマト】の次のコンテンツ
2015年
07月
24日
デスラー総統モデラー説
3days 0 count
total 688 count
【宇宙戦艦ヤマト】の前のコンテンツ
2015年
07月
22日
沖田艦の名前について考える
3days 0 count
total 752 count
【宇宙戦艦ヤマト】のコンテンツ全リスト【宇宙戦艦ヤマト】の表紙

このコンテンツを書いたトーノ・ゼロへメッセージを送る

[メッセージ送信フォームを利用する]

メッセージ送信フォームを利用することで、トーノ・ゼロに対してメッセージを送ることができます。

この機能は、100%確実にトーノ・ゼロへメッセージを伝達するものではなく、また、確実にトーノ・ゼロよりの返事を得られるものではないことにご注意ください。

このコンテンツへトラックバックするためのURL

http://mag.autumn.org/tb.aspx/20150723080040
サイトの表紙【宇宙戦艦ヤマト】の表紙【宇宙戦艦ヤマト】のコンテンツ全リスト 【宇宙戦艦ヤマト】の入手全リスト 【宇宙戦艦ヤマト】のRSS1.0形式の情報このサイトの全キーワードリスト 印刷用ページ

管理者: トーノ・ゼロ連絡先

Powered by MagSite2 Version 0.25 (Alpha-Test) Copyright (c) 2004-2017 Pie Dey.Co.,Ltd.