2015年08月12日
トーノZEROアニメ感想宇宙戦艦ヤマトtotal 695 count

小難しい理屈は宇宙戦艦ヤマトに必要か?

Written By: トーノ・ゼロ連絡先

「時々、これは良くないと思うことがあるので、一応説明しておこう」

「それはなんだい?」

「自分の真似をすることの悪影響さ」

「何が悪影響なんだい?」

「過剰に分析的に振る舞う行為の不毛さだよ」

「君は作品に対して分析的に振る舞っているじゃないか」

「それが不毛だと言っているのだよ」

「説明してくれ」

理屈の問題 §

「理屈は、物語の構築に必要なのであって、見るためには要らない。そもそも、見る人が物語の構築論など分かっていることは前提にできない。当たり前だ。だから、あまり難しいことは言わない。言っても相手に届かないからだ」

「つまりなんだい?」

「通常の作品を見るために理屈は要らない。単に見たらいい。それだけだ。それで歯が立たない内容が含まれる場合もあるが、それはあくまで特定の層に対するオマケ要素であって、別に無理をして見る必要もないし、見ても分からない。ただのオマケだからスルーしてメインディッシュを頂くべきだ」

「では、なぜ君は理屈を持ち出すのだね?」

「不発に終わった物語を再構成して、可能性を見出すためだよ」

「それは作品の底を踏み抜いて、向こう側の世界を見た上で戻ってくることを意味するのだね?」

「そうだ」

「そのことに何の問題があるの?」

「安易に真似をすると遭難する。事実遭難者はいくらでも見てきた」

「隘路に入り込んで戻れなくなった人達だね」

「そうだ。本来は道が存在するが、道を踏み外すと戻れない。もちろん、わざと道から外れる方法論はあるのだが、それもこれもまず道を認識することから始まる。ところが、道という概念が無い人が安易に足を踏み込むと、デタラメに歩いた上でたまたま認識可能な光景を見ると【何かを掴んだ】と錯覚して、そこで引き返そうとする。でも実際は全体像が見えたわけではなく、そこに解釈できるものが置いてあっただけのことで、解釈そのものが正しいかは別問題になる」

「全体を見てないってことだね」

「まあそうだ」

「それで?」

「だから作品が持つメッセージはそれほど複雑ではなく、あとは客の側に【見る意志】があるか否かだけが問題にされる」

「難しい理屈をひねる必用はないってことだね」

「そうだ。難しい理屈は、あえて死んだ子の年を数える場合にのみ必要とされる。それなりに平均点以上に上手くできている作品に対しては必要が無いことだ」

「分かった。つまり、過剰に分析的に振る舞うことは【その作品は失敗作だ】と言っているのに等しいわけだね?」

「そうだ。はっきり言って、それはけなしているのと同じことだ。作品は誰でもメッセージが読み取れるように平易に作るのが基本であって、たまにその筋をわざと外す作品はあるとしても、その作品の特殊事情に起因するものだ。普通なら、それはない」

「それは、ヤマト完結編やヤマトよ永遠には失敗作だと言っているように聞こえるぞ」

「まあ、大きな声では言わないがその通りだ。残念作だと思っているよ。しかし、可能性の萌芽は見えるから、なぜ残念作になったのか、その理由を知りたいと思った。それだけだ」

オマケ §

「なら、どうしてヤマト2199や方舟に関して、可能性を探らないんだい?」

「ヤマト2199はどうすれば救済できるか、救済できる限界はどこなのかについては、追憶の航海が既にやっているからな。別においらが何かをする必要は感じない。それ以前に、踏み込む意欲そのものがない。踏み込むべき作品だとも思わない」

「方舟は?」

「スタートレックは、うちでは扱ってない。スタートレックを解釈する言葉も無いし、別に知識もない。ただのStar Trek: The Motion Picture 好きで、NCC-1701A好きは、TNGの時代に既に振り落とされたロートルさ。ましてスタートレック全般なんぞ語れん。TNGやDS9はほとんど見てすらいないんだからな」

「ひ~」

Facebook

宇宙戦艦ヤマト

宇宙戦艦ヤマトとその時代【Kindle版電子書籍】 §

 宇宙戦艦ヤマト成立の時代背景を検証した研究書です。ブログに書いていない話題も多く収録しています。是非お読みください。Android/iPhone/iPad/Windows PCなどですぐ読めます。Webブラウザ用のリーダーもAmazonから提供されています。

同人小説(PDF形式、無料ダウンロード可能) §

小説推理サイボーグシリーズ (PDF形式、無料ダウンロード可能) §

キーワード【 トーノZEROアニメ感想宇宙戦艦ヤマト
【宇宙戦艦ヤマト】の次のコンテンツ
2015年
08月
13日
スケールアヴィエーション9月号に空中戦艦大和の存在感はあるか?
3days 0 count
total 650 count
【宇宙戦艦ヤマト】の前のコンテンツ
2015年
08月
11日
宇宙戦艦ヤマトと未知との遭遇の一致点は何か?
3days 0 count
total 635 count
2015年08月12日
トーノZEROアニメ感想宇宙戦艦ヤマトtotal 695 count

小難しい理屈は宇宙戦艦ヤマトに必要か?

Written By: トーノ・ゼロ連絡先

「時々、これは良くないと思うことがあるので、一応説明しておこう」

「それはなんだい?」

「自分の真似をすることの悪影響さ」

「何が悪影響なんだい?」

「過剰に分析的に振る舞う行為の不毛さだよ」

「君は作品に対して分析的に振る舞っているじゃないか」

「それが不毛だと言っているのだよ」

「説明してくれ」

理屈の問題 §

「理屈は、物語の構築に必要なのであって、見るためには要らない。そもそも、見る人が物語の構築論など分かっていることは前提にできない。当たり前だ。だから、あまり難しいことは言わない。言っても相手に届かないからだ」

「つまりなんだい?」

「通常の作品を見るために理屈は要らない。単に見たらいい。それだけだ。それで歯が立たない内容が含まれる場合もあるが、それはあくまで特定の層に対するオマケ要素であって、別に無理をして見る必要もないし、見ても分からない。ただのオマケだからスルーしてメインディッシュを頂くべきだ」

「では、なぜ君は理屈を持ち出すのだね?」

「不発に終わった物語を再構成して、可能性を見出すためだよ」

「それは作品の底を踏み抜いて、向こう側の世界を見た上で戻ってくることを意味するのだね?」

「そうだ」

「そのことに何の問題があるの?」

「安易に真似をすると遭難する。事実遭難者はいくらでも見てきた」

「隘路に入り込んで戻れなくなった人達だね」

「そうだ。本来は道が存在するが、道を踏み外すと戻れない。もちろん、わざと道から外れる方法論はあるのだが、それもこれもまず道を認識することから始まる。ところが、道という概念が無い人が安易に足を踏み込むと、デタラメに歩いた上でたまたま認識可能な光景を見ると【何かを掴んだ】と錯覚して、そこで引き返そうとする。でも実際は全体像が見えたわけではなく、そこに解釈できるものが置いてあっただけのことで、解釈そのものが正しいかは別問題になる」

「全体を見てないってことだね」

「まあそうだ」

「それで?」

「だから作品が持つメッセージはそれほど複雑ではなく、あとは客の側に【見る意志】があるか否かだけが問題にされる」

「難しい理屈をひねる必用はないってことだね」

「そうだ。難しい理屈は、あえて死んだ子の年を数える場合にのみ必要とされる。それなりに平均点以上に上手くできている作品に対しては必要が無いことだ」

「分かった。つまり、過剰に分析的に振る舞うことは【その作品は失敗作だ】と言っているのに等しいわけだね?」

「そうだ。はっきり言って、それはけなしているのと同じことだ。作品は誰でもメッセージが読み取れるように平易に作るのが基本であって、たまにその筋をわざと外す作品はあるとしても、その作品の特殊事情に起因するものだ。普通なら、それはない」

「それは、ヤマト完結編やヤマトよ永遠には失敗作だと言っているように聞こえるぞ」

「まあ、大きな声では言わないがその通りだ。残念作だと思っているよ。しかし、可能性の萌芽は見えるから、なぜ残念作になったのか、その理由を知りたいと思った。それだけだ」

オマケ §

「なら、どうしてヤマト2199や方舟に関して、可能性を探らないんだい?」

「ヤマト2199はどうすれば救済できるか、救済できる限界はどこなのかについては、追憶の航海が既にやっているからな。別においらが何かをする必要は感じない。それ以前に、踏み込む意欲そのものがない。踏み込むべき作品だとも思わない」

「方舟は?」

「スタートレックは、うちでは扱ってない。スタートレックを解釈する言葉も無いし、別に知識もない。ただのStar Trek: The Motion Picture 好きで、NCC-1701A好きは、TNGの時代に既に振り落とされたロートルさ。ましてスタートレック全般なんぞ語れん。TNGやDS9はほとんど見てすらいないんだからな」

「ひ~」

Facebook

宇宙戦艦ヤマト

宇宙戦艦ヤマトとその時代【Kindle版電子書籍】 §

 宇宙戦艦ヤマト成立の時代背景を検証した研究書です。ブログに書いていない話題も多く収録しています。是非お読みください。Android/iPhone/iPad/Windows PCなどですぐ読めます。Webブラウザ用のリーダーもAmazonから提供されています。

同人小説(PDF形式、無料ダウンロード可能) §

小説推理サイボーグシリーズ (PDF形式、無料ダウンロード可能) §

キーワード【 トーノZEROアニメ感想宇宙戦艦ヤマト
【宇宙戦艦ヤマト】の次のコンテンツ
2015年
08月
13日
スケールアヴィエーション9月号に空中戦艦大和の存在感はあるか?
3days 0 count
total 650 count
【宇宙戦艦ヤマト】の前のコンテンツ
2015年
08月
11日
宇宙戦艦ヤマトと未知との遭遇の一致点は何か?
3days 0 count
total 635 count
【宇宙戦艦ヤマト】のコンテンツ全リスト【宇宙戦艦ヤマト】の表紙

このコンテンツを書いたトーノ・ゼロへメッセージを送る

[メッセージ送信フォームを利用する]

メッセージ送信フォームを利用することで、トーノ・ゼロに対してメッセージを送ることができます。

この機能は、100%確実にトーノ・ゼロへメッセージを伝達するものではなく、また、確実にトーノ・ゼロよりの返事を得られるものではないことにご注意ください。

このコンテンツへトラックバックするためのURL

http://mag.autumn.org/tb.aspx/20150812085723
サイトの表紙【宇宙戦艦ヤマト】の表紙【宇宙戦艦ヤマト】のコンテンツ全リスト 【宇宙戦艦ヤマト】の入手全リスト 【宇宙戦艦ヤマト】のRSS1.0形式の情報このサイトの全キーワードリスト 印刷用ページ

管理者: トーノ・ゼロ連絡先

Powered by MagSite2 Version 0.25 (Alpha-Test) Copyright (c) 2004-2017 Pie Dey.Co.,Ltd.